ちょっと話せない大人の話

e0004173_1155932.jpg
今昔物語集(角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

こんにちは。2009年入社、技術営業部の安達です。

今回は、最近読んだ本を紹介させていただきます。
『今昔物語集』 です。
この本は、日本の古典文学『今昔物語集』を、分かりやすく現代語訳しただけでなく、当時の日本の風習、風俗の豆知識も満載の大変お得な本となっています。
日本の古典文学ってこんなに面白いんだということを教えてくれる1冊です。

『今昔物語集』とは、平安時代末期に成立したと見られる説話集なのですが、作者不明、編者不明の大変ミステリアスな物語集であります。
話の題材も、平凡な一般市民が主人公のお話から、仏様から妖怪、大悪党、貴族までバラエティー豊かで読んでいて飽きません。

今昔物語集の中で、私の最もお気に入りとなった説話が『盗賊団の美人女首領と若者』の話なのですが、このお話を読んで正直、こんな話、本当に仏様の話と一緒に載せて大丈夫なのかと思ったのですが、そこが『今昔物語集』の面白いところでもあります。

どんなお話なのかは、この場では詳しくお伝えできないのが残念ですが、こんなに面白い話がたくさん載ってる説話集だと分かっていたら、学生時代もっとちゃんと勉強していたのにと今更ながら思っています。
日本の古典文学というと、どうも堅苦しいイメージがありますが、『今昔物語集』は、親しみの持てる説話もたくさんあります。これからも、どんどん古典文学に挑戦していきたいと思います。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2009-07-09 11:19 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line