維新の記憶をもつ女

こんにちは、技術営業部の安西です。

寒さが一段と厳しくなり、猫とコタツが恋しい季節となってまいりました。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

この時期になると、そろそろ実家に帰る準備をし始めます。

さて、話は変わりますが私の実家は栃木県日光市です。
かの有名な日光東照宮があるあの日光です。
学生の頃はそこに住んでいるのが当たり前で、通学路であった杉並木は昔大名行列が通った由緒ある道だという自覚はさほどありませんでした。

しかし、高校生の頃から新撰組など幕末関連の書籍にはまり、ところどころに日光や杉並木などの描写をみると、歴史ある土地で育ったことが誇りに思えました。
社会人になった今では実家に帰るたびに、今や車の走るようになった杉並木を歩く侍を想像してみたり、昔から変わらない部分はあるだろうかと考え込んでみたり、タイムスリップ気分になってみたりしています。
生まれ育った地の文化の重みを今更ながら感じるようになり“私も大人になったな”と思います。
生まれ育った地の歴史を感じるって素晴らしいですよね。

ここまで書いたら地元ネタに関するいろんなことを思い出してきてしまいました。
機会があればまた書いていきたいと思います。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2009-12-17 08:48 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line