ザクとは違う人(その後)

こんにちは。設計の熊谷です。
皆さん年末年始はどう過ごされましたか?

私は1/9に静岡県藤枝市に国体(弓道の部)の予選会に行ってきました。
内容は、静岡県の各地区から国体候補を招集し、選手を決めようというものです。
私はありがたいことに有給をいただけたので、藤枝の武道館に向かいました。
早起きして「今日で選手が決まるんだな。おっしゃ~やってやる!!」と思い片道50Kmの道のりをイメージトレーニングしながら車を走らせました。

私は運良く弓道会の先生に推薦され強化練習に参加させていただいております。単に“若いから”という理由だけなのですが。
弓道を再開した頃はただの趣味で十分でしたが、真剣に指導してくれる国体の先生や練習熱心な仲間達と一緒にいると国体に出たいと思うようになりました。皆でご飯を食べたり道場の掃除をし、弓以外の事も沢山語るうちにプラスの刺激を受けていました。我ながらかなり単純です(汗)

藤枝の武道館は広く、弓道場に関しては12人同時に弓を引ける幅です。当日は県内の武道を愛好する人が集まりイベントがあったようです。

e0004173_17392686.jpg

e0004173_17393958.jpg
弓道は国体予選会で蚊帳の外という感じでしたが、開会式では役員の人が「かぶら矢」という飛ぶ時にヒューと大きな音がする矢を用いて場を清める儀式を行っていました。中世では合戦の始めや味方への合図を出すために使われたそうですよ。

e0004173_17395943.jpg

e0004173_17401081.jpg
…という間に予選会が始まりました。
静岡の東・中・西部から各12人ずつ計36人で個人戦20射を行いました。見取り稽古もあったのですが学ぶべき点は多々ありました。
私は20射12中で的中率では中の上という感じでした。
閉会式で「何とか選手入りかな?」と思っていると、先生方が「優勝者は19中で素晴らしいですが、皆さんの今日の結果は重要ではありません。今回は大会と言うより練習会と捉え、次回までにそれぞれの課題を克服しましょう。」だそうです…なんか話が違う(汗)
私の課題は試合になると生まれたての子鹿のように脚がガクガクしてしまうことがある点です。他にも沢山ありますが(泣)
送風機でいうとインペラとシャフトは立派なのにベースが弱く振動してるようなもんです。
次回の大会に向けて今日も練習頑張ろう。

そして、私の担当物件が大会当日に出図期限を迎えたのですが、丁寧に設計のアドバイスをしてくださった杉山さんと稲垣さん、出図を手伝ってくれた千葉君どうもありがとうございました!!

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-01-29 17:43 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line