緑化について真面目に考える

こんにちは。技術営業部の安西です。

結構古い話になってしまいますが、以前、鳩山総理が温室効果ガス1990年比で2020年までに25%削減することを目指すと表明しました事は皆さんも良くご存じかと思います。
皆さんこの目標に対していろんな意見はあるかと思いますが、私としては“温室効果ガスだけなのか?”と思ってしまいます。

ニュースなどではよく環境のため、温暖化を止めるためと言ってはいますがその中で一切“緑化”という言葉を聞かない気がします。
一部では緑化という言葉を聞いたり、そういった事業を展開する企業もあったりしますが、ニュースでは温室効果ガスばかりピックアップされて、緑化は環境問題とはまた別物といった感が否めないような気がします。
私がニュースをよく見ていないだけなのでしょうか。それとも温室効果ガス削減=緑化も含まれるということを私が理解していないだけなのでしょうか。

減っていく自然だって温暖化の十分な原因だと思います。

土があって緑がある環境はコンクリートが敷き詰められた環境よりも温室効果ガスを還元したり、すごしやすい気候を提供してくれたりするものだと思います。
作ってしまったものを壊すのは難しいですが、今後残る自然をいかに大切にするかも温室効果ガスの問題同様もっと考えなくてはいけない気がします。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-02-08 10:10 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line