トロはひとつだけ【前編】

しつこくこんにちは、編集長の環(たまき)です。

今月13日からカタールでワシントン条約の締結国会議が開催されます。この場で大西洋クロマグロ(※)が絶滅危惧種に指定され、輸出入の禁止対象となる可能性が高まっているのはご存知でしょうか。
なんとマグロが「シーラカンス」や「インドライオン」と(条約上は)同格になるかもしれないのです。(対象動物リストはこちら
※:いわゆる「本マグロ」がその捕獲場所により「太平洋クロマグロ」と「大西洋クロマグロ」に分類される。現段階では「太平洋~」は対象外

世界のクロマグロ漁獲量の実に8割を消費している我が国は、この先、規制対象がなし崩しに広がることを懸念しており、今回の指定には反対の立場をとっています。
また個体数減少の最大の原因は密漁の横行にあるとする主張も聞かれます。

しかし仮に絶滅危惧種の指定を逃れたとしてもご安泰とはいえません。シーシェパードが「次は日本のクロマグロ漁を妨害する」と宣言していますし(マグロ漁師の反撃を期待しますが)、漁獲枠がさらに減らされる可能性もあるのです。

このような事態に全国のマグロフリークはどう対処すべきなのでしょうか!?(明日へ続く)

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-03-03 08:34 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line