これが最後の五輪ネタ

こんにちは。2009年度新入社員の安達です。

今更ながらバンクーバー冬季オリンピックが閉幕いたしました。

長い戦いを終え、選手のみなさんもそれぞれの思いを抱えて日本に戻ってきたようですね。色々な話題の尽きない今回のバンクーバーオリンピックでしたが、選手の皆さんの熱い競技を見て、私も沢山の感動を頂きました。次はW杯、選手の皆さんにとっては息つく暇も無いようですが、私もはりきって応援したいと思います。

さて、以前テレビのドキュメンタリー番組で、女子モーグルで4位入賞を果たした上村愛子選手の特集をやっていました。上村選手のトレーニング風景など、1日の練習風景を紹介するものだったのですが、これを見て、私は本当に衝撃を受けました。

大変お恥ずかしい話ですが、スポーツ選手というものは、ただひたすら競技の練習だけやってるのかと思っていました。よく考えればまったくそんなことあるわけ無いのですが、彼女の1日の練習スケジュールというのは競技のトレーニングはもちろんのこと、語学やその他精神的な面を強化するためのイメージとレーニングなど、競技以外でも様々な努力を重ねていることが分かりました。特に、大会や練習などで世界中を飛び回る選手ですから、とても語学に力を入れているようです。コーチも外国人の方ですから、確かに言葉が分からないと練習に多大な影響を与えてしまいますよね。

彼女は、毎日語学学校等に通い、練習が終わった後も書き取り、会話等の語学の勉強を欠かさずやっていました。このドキュメンタリー番組の中では、彼女はほとんど日本語をしゃべっていませんでした。
また、英語に加え何ヶ国語か喋れるようです。結果を残す選手というのは、こうした練習以外でも、たくさんの影の努力をしているんですね。
私も彼女を見習って、自分に渇を入れて生活を見つめ直してみたいと思います。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-03-08 18:30 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line