一段違う男

こんにちは、設計の熊谷です。

今回も趣味の話になってしまいますが、先日5/9(日)に静岡市に弓道の昇段審査に行ってまいりました。
私は富士市弓道会の先生から国体強化練習に参加するよう命じられ、指導を受けております。

しかし、先生からショッキングな情報を得てしまいました。

「静岡県の代表になるには常に8~9割は的中できないとな。熊谷は今6~7割だから富士市の予選は通過できるだろうけど、県までいくと厳しいぞ。もし同じ的中の奴と選手選考されたら、実力を保証されている高段者から選ばれる。昇段した方がいい。」

とのこと。

強化練習に参加する仲間はほとんどが3段と4段です。しかし私は初段…
学生時代に、

「的中してなんぼだ!試合で勝てるチームを作ろう」

と考えてきたので、試合で的中は8割でも審査には興味ありませんでした。
あ~、それがダメでしたね。学生時代の的中は出ないし初段ですから。

今の私ではレベルが低すぎて、静岡県の代表になる資格がありません(泣)

悔しいので審査を受けようと決意しました!
審査対策で古文のような弓道教本を引っ張り出し、睡魔と戦い勉強しました。眠い。
審査は実技で弓を引き動作や的中できる技術を見られますが、それだけでなく筆記試験もあるんです。
私はこれが苦手…

弓道の理念や日々の稽古で工夫していること等の小論文です。漢字です。
恥ずかしながら、漢字が苦手な私は仕事の後に小学生のように漢字練習してました。

審査本番は的のど真ん中に的中し実技はバッチリ、筆記試験は…ギリギリ。
なんとか2段に昇段いたしました。

一流選手になるため、今後は3段取得を目指して精進していきます。漢字も。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-05-28 18:12 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line