読書のすすめ

こんにちは、編集長の中村です。

学生の皆さん、読書はしていますか?

前回のブログでも話しに出しましたが、現在司馬遼太郎の「関ヶ原」を読んでいます。
この本は上・中・下の三部作で構成されてますが、かなり面白くて進むのが早い早い。

内容を説明すると、と言っても中巻までしか読んでないので最後まではわかりませんが
豊臣秀吉がなくなる直前から関ヶ原が終わるまでを描いた歴史小説です。

これだけ聞くと、本当に面白いの?と思われてしまいそうですが、
基本的には石田光成を中心に関ヶ原が始まるまでを描いているのですが
完全に石田光成が「善」で徳川家康が「悪」で描かれているんですよね。
でも約300年続いた徳川幕府を築いた家康が本当に「悪」なんでしょうか。
庶民からしたら戦国の世が明けて平和が続いたというのは幸せなことですし・・。
善悪は時代、立場によって変わるということですね。

勉強になりました。。

学生時代は全く小説を読むことがなかった私ですがこの会社に入ってから
「本を読まねば社会では通用しない」と感じる場面が多くありました。

仕事をしていると様々な人と接することになります。
お客様、取引先、学生さん、中途面接者etc・・。
そこで自分の知っていることが少ないと話しが盛り上がりません。
仕事だからと言って仕事の話だけをすれば良いというわけではないんですよね。

さらに社会人になると様々な場面で文章を書く機会があります。

言葉を知らなければ書くことも話すことも出来ません。
学生の皆さんも、今からでも遅くありません!
社会人になる前に、是非小説を読んでみてください。
馴れてないと初めは辛いかもしれませんが段々慣れてきて楽しくなりますよ☆
e0004173_19453980.jpg



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-08-06 19:49 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line