真夏の工場研修!

残暑見舞い申し上げます、2010年度入社設計課の前野です。

つい先日、設計課対象の7月上旬から2ヶ月に及ぶ工場研修が終了しました。
e0004173_1728980.jpg

この工場研修では、モノづくりの現場を実際に肌で感じ、送風機ができるまでの流れを部門ごとに理解すること、また製造の方とコミュニケーションをとることで、現場での苦労や工夫を知り今後図面を描く際に役立てることなどを目的としています。
今回の研修では、見学だけではなく時には大量のボルトを締める作業を手伝ったり、高圧洗浄機で古い送風機を洗ったりと、実際に作業にも参加できてとても充実した研修となりました。
e0004173_17293157.jpg

圧巻だったのが実際に送風機を回している様が見られる性能試験です。吹き出し口に手をかざしてみると、今まで体験したことがないような風圧を感じることができます。高速道路で車の窓から手を出す、もうあんなレベルではありません。かざした瞬間、弾き飛ばされる感じです。人が飛ばされるという話も容易に納得できる程です。改めて送風機ってスゴイものなんだなぁと感心させられました。
e0004173_17294734.jpg

それと6月末に先輩の手伝いでインペラ(扇風機でいうハネ)の製図をしたのですが、丁度組み立てられているところに遭遇しました。まだ一部ですが私が描いた図面が現実のものとして世に出回るのは非常に感慨深い思いです。いずれは一台丸ごと設計することになるので、その時はまるで我が子の誕生のように思えるのでしょうか。

2ヶ月は正直しんどいかなと当初は予想していました。が、しかし実際には毎日があっという間に過ぎ、気づいたら8月末を迎えていました。この長い期間にもかかわらず、毎日が「あーなるほど!」の連続です。目から鱗がボロボロ落ちます。例えばここを基準に寸法を測ってるとか、ここは熱でひずむとか、こういう構造は作りづらいから時間がかるとか、トラブルの対処とか・・・などなど。こういった現場ならではのモノづくりの知識や知恵は学生時代機械工学一筋だった私にとっても非常に新鮮でした。
今回の経験を今後の設計に生かせるように精進する所存でございます。

最後に、内定者の方は今度工場見学で内部を見る機会があると思います。せっかくですので今回都合によりブログでは掲載できなかったNKGの「こだわり」を是非ご覧になって頂きたいと思います。それと、公式サイトに目を通してからだと一層楽しめるはずですので、是非一読することをオススメいたします。

e0004173_17352031.jpg

暑いですが空はもう秋の装いですねぇ


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-09-06 17:40 | □仕事“風”景 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line