「習う」こと

こんにちは、編集長の中村です。

この部門に所属していると決まり切った仕事だけではなく、様々な情報を掻き集め、それを加工することで改善したり、企画したりする機会が結構あります。これが私にはかなり難しく、いつも悪戦苦闘しているわけですが・・。そこで出会ったのが編集工学研究所主催の「門前指南」というセミナーです。

このセミナーは、編集界の巨匠である松岡正剛氏が校長を務めているインターネット上の学校『ISIS編集学校』の体験セミナーです。4時間のセミナーでしたが、飽きるという言葉とは無縁の空間でした。

このセミナーで最も勉強になったことは「情報を見る時に、目線を変える」ということです。私はある情報を得てそれを誰かに伝えるとき、自分が見た(又は感じた)ことをそのまま伝えていました。情報というのは相手によって伝え方を変えないと有益な情報だということが伝わらなかったりするんですよね。当たり前のことですが、とても勉強になりました。

皆さんは多面的に情報を捉えられていますか?私は全く捉えられていません。結構情報に踊らされていることが多いように感じます。素直と言えば素直ですが・・。ネットを開くと様々な情報が溢れていますが、これからは『情報』を多面的に見ることで自身の見識を広げていかなければと考えさせられました。

珍しく真面目な話をして少し疲れたので、息抜きに・・。
e0004173_1759525.jpg

先日プロのバレーボールを観戦してきました。「ワールドグランプリ2010」。
e0004173_1803188.jpg

今年の全日本は違いますね!日本、強いです!観戦するより実際にPlayする方が好きな私ですが、とても勉強になりました。。「習うより慣れろ!」がモットーの私ですが、プロに習うことも大切だと感じた今日この頃です。
e0004173_1943542.jpg


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-09-06 19:08 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line