読書の秋!でも食欲も・・

こんにちは!
2010年度入社技術営業部の斉です。

最近はようやく涼しくなり、清々しい気持ちで出社出来ると思っていましたが、この雨にまたまたくじけそうになります・・・。

さてさて“秋”と言えばっ!?みなさんは何の秋を思い浮かべますか??
私はもちろん“食欲の秋”(笑)!!ですが、今回は“読書の秋”に挑戦してみようかと思います。とは言っても普段はあまり本を読まないので、今回は9月の読書感想文の本を紹介したいと思います。
e0004173_16434425.jpg

散るぞ悲しき」梯 久美子著

この本は硫黄島総指揮官・栗林忠道について書かれています。
昭和十八年から二十年にかけてアメリカが日本の領土である硫黄島を攻め落としたまでの物語となっていて、映画にもなったあの硫黄島についてのお話です。

また、あの有名な「硫黄島の星条旗」はまさしくこのときにアメリカが立てたものである。私はこの写真を小さいころに切手などで何度か見たことがあり、とてもキレイな写真としか思わなかったです。しかし、今回この本を読んだ事でこの写真の意味を知ることができました。悲しいような、美しいような複雑な気持ちで以前とは違った角度から見ることが出来ました。

本を読むことも歴史の勉強もあまり好きではないけれど、とってもお勧めできる本です!!

折角の“読書の秋”なので、自分の好きなジャンルを開拓できたらいいなと思います。
でもやっぱり理想は肉まんを頬張りながら、読書をすることですね☆


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-10-01 16:46 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line