最高の食材は自身で・・

こんにちは、2010年度入社設計課の前野です。

久しぶりにはっきりと富士山が見えたと思ったら,知らぬ間にすっかり雪化粧していました。もう初冬なんですかね。寒い訳です。
e0004173_19594442.jpg

先日,工場長からのお誘いで富士工場では毎年恒例となっている船釣りに参加して来ました。主催は土井鋼材様,NKGからの参加は工場長と私の2名です。駿河湾での船釣りは初めてなので楽しみです。

終業後の午後7時,工場から程近く,以前ブログにも登場した田子の浦港より出船しました。

今年のターゲットは前半タチウオ,後半アジの二本立て。どちらも所謂「足の速い」魚です。言い換えれば,鮮度の差が味へ顕著に表れる魚種であると言う事,つまり釣りたてでさえあれば、足の速い大衆魚が他の高級魚の食味を凌ぐことなんてざらにあります。中でも大衆魚代表のサバなんかは最たるもので,かの有名な関サバは一本釣りと活〆により,極力鮮度を落とさない工夫をしているからこそあんなに旨いんですね。こんな皮算用をしていると今晩の刺身への期待が高まります。

帰港は深夜0時過ぎ。肝心の釣果の方はというと…、タチウオ12本,ゴマサバ1本とぼちぼちでした。カラ合わせを連発してしまったことが悔やまれます。アジは船内1尾も揚がらず,時間的にもタチウオに多くを割いたため仕方が無いでしょう。オマケのゴマサバも欲を言えばマサバだったらと思いますが,まあ贅沢な悩みですかね。でも,いずれの魚も引きが強く釣り味は抜群でした。

さて,重たいクーラーボックスを担いで帰宅したのが午前2時。ここで寝てしまっては釣りたての意味がありません。刺身用と焼き物用,干物用に捌きます。
e0004173_19595837.jpg

しかしタチウオはメンドくさいです。薄いくせに長い故,刺身用に3枚に下ろすのが非常手間です。このままだと日が昇るので,捌いたそばから食す事にします。
e0004173_200981.jpg

つまみながら,全ての釣果を捌ききったのが午前5時。ようやくじっくり味わえました。皮の歯ごたえが良く,身はクセが無く甘いです。酢味噌にも良く合い,日本酒が進みます。
e0004173_200203.jpg

一眠りした後の朝食はサバの塩焼きです。ゴマサバ故,脂の乗りがイマイチでしたが旨味が濃く十分美味しかったです。
e0004173_2005098.jpg

今回の釣って良し,食べて良しのタチウオ釣りには大満足でした。

最後になりますが,今回主催していただいた土井鋼材様,お誘い下さいました工場長にこの場をお借りしてお礼申し上げます。有難うございました。また来年も楽しみにしております。


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-11-24 20:12 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line