ずいぶん立派になりました。

こんにちは、管理部の環(たまき)です。

3年ほど前に当ブログで紹介した実家の愛猫ですが、その後ズンズン大きくなり、今では獣医さんに勧められた肥満用キャットフードが主食になる始末です。

またとにかく静かなネコで、鳴き声を聞くのは「週に二、三回」とのこと。
実は母親と早くに引き離されたネコはあまり鳴かなくなるそうですね。
そのあたりを思うと不憫でなりません。

さらに私の涙を誘うシーンがこちらの写真。

e0004173_1845457.jpg
いい年して毛布や自分の肉球、人の指先などをチューチュー音を立てて吸うんです。(乳吸い、と呼ばれる現象)
実はこれも母乳恋しさに行う動作で、早い段階で親離れせざるを得なかったネコによく見られる特徴だそうです。

愛猫は生後1~2週間の頃、瀕死の状態で拾われていますので、母親については記憶の断片すらないのでしょう。
もっとも拾われなければそのまま死ぬか保健所に送られるかのどちらかでしたので、彼は非常に幸運だったともいえます。

保健所で殺処分されるイヌ・ネコは毎年数十万匹。
野生動物の保護も大切だが、もっと身近なところから手を付けるべきではないか・・・などと考えつつシャッターを切りました。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-12-09 18:43 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line