日本の素敵な文化

こんにちは。設計の熊谷です。
すっかり寒くなり、もう少しで年の瀬ですね。

皆さんは「年の瀬」と聞くと何を思い浮かべますか?
大晦日、紅白歌合戦のDJ OZMA騒動、みかん、年越しそば…でしょうか?
私は「年賀状」を思い浮かべます。

年賀状は日本独自の文化です。平安時代からの習慣で、当時の人々は元旦から小正月(1/15)までの間に前年、世話になった人々の家に年始の挨拶周りをしたそうです。
江戸時代になると遠い場所は挨拶周りしにくいため飛脚を使い挨拶文を届けたそうで、それこそ年賀状の起源ですね。

電話やメールで済ませるのは速くて便利ですが、やはり手書きの言葉をもらうと本当に嬉しいと思います。実は私、人生で数少ないモテ期があり、女の子からラブレターをもらったときは本当に嬉しくスキップしたものです。悲しいことに小学二年生の時ですが(笑)

ま、それは置いておき、ありがたいことに今年は人の輪が広がりました。趣味の弓道を通じて仲間が40人程増えました。私は人生にメリハリをつけるために、プライベートの時間は弓の稽古に熱中しています。

人生は有限です。本当に自分がやりたいことに時間を使わなきゃ無駄遣いですし、産んでくれた両親に失礼です!同じ考えを持つ人が道場に多く、互いに良い刺激になるので来年もお世話になりたい人ばかりです。けんしょう炎になりそうですが、一人一人気持ちを込めて年賀状を出そうと思います。
e0004173_239889.jpg

また、この場を借りて、簡単に挨拶させていただきます。
会社・富士弓道会・静岡県国体強化選手の皆さん、友達、そして家族へ
「今年はお世話になりました。精進して参りますので来年も宜しくお願いします。」



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-12-14 20:08 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line