季節を感じる

こんにちは。
2010年入社の技術営業部、奥屋です。

先日、金田一 春彦『ことばの歳時記』(新潮社、1973年)という本を読みました。
e0004173_2294790.jpg


本書を読んで、日本における季節や旬といった感覚は、世界で類を見ないほど繊細で敏感なものである、ということを改めて認識しました。日本に住んでいるならば、また、日本語を操る人々であるならば、季節や旬といったことに敏感でありたいものだと思いました。

そこで、季節や旬といったことに疎い私は、少しでも感覚を研ぎ澄ますために、久しぶりに外を散歩してみることにしました。外は冬で寒いとばかり思っていましたが、その日は暖かく、梅の花も咲いていて、ふんわりした雰囲気で、春になりつつある、と感じました。

ですが、今頃の気候は「三寒四温」ともいわれ、寒さと暖かさが交互にやってくるようです。春を待ち遠しく思いつつも、冬に対する備えはまだまだ怠ってはいけないと思いました。

皆さんも体調を崩されることのなきようご注意下さい。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2011-03-04 22:11 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line