前野、麦酒を語る

こんにちは、設計課の前野です。

先日、日比谷公園で行われたオクトーバーフェストに参加してきました。
オクトーバーフェストとは200年もの歴史あるドイツの大きなお祭りのことで、毎年10月にミュンヘンで開催されています。日本ではオクトーバーとは謳っていますが、10月に限らず初夏から秋にかけて地方を転々として行われます。このお祭りの目玉は、なんといってもドイツビールが一堂に会することでして、本場ドイツでは総合的なお祭りなのですが、日本ではビールオンリーのビアフェスとして開かれています。規模こそ違いますが、同じような趣旨の祭典として「ベルギービール・ウィークエンド」といった、名前の通りベルギービールを集めたお祭りも存在し、昨年日本に初上陸しました。実はこちらも参加済みだったりします。
当日は生憎の雨模様でしたが、大勢の飲ん兵衛達が集っておりました。こういった場では、ジョッキを掲げる者は皆仲間ですから、お隣りさんだろうが、バンド奏者だろうが、「プロースト(乾杯)!」一言で意図も簡単に打ち解けてしまいます。つまみも本場のソーセージやザワークラウトでビールが進むこと進むこと。昼過ぎには三人だった私達のグループも、いつの間にやら周囲のグループ同士が交わり、最終的には数十人規模の団体になって夕暮を迎えていました。
e0004173_914674.jpg

ここで少しビールのお話を。
ビールにはいくつも種類があります。日本でビールといえば透き通った黄金色で、飲み口のスッキリしたピルスナータイプが一般的に知られています。他にはせいぜい黒ビール(デュンケル等)ぐらいでしょうか。気の利いたバーに行くと、ギネス(スタウト)やバス(エール)、ヒューガルテン(ヴァイス)辺りが置いてあったりしますが、やはり限られてしまいますね。

「ビール 種類」で検索頂ければおわかりかと思いますが、製造方法や地方、派生型などですごい数の種類が存在します。そして、それぞれに個性があり、さっぱりフルーティーなものから重たいワインのような飲み口のものまで千差万別です。私自身、気に入ってリピートしているものもあれば、すさまじい味に噴出してしまったものも過去にあります。

これだけの種類があるのに、ピルスナーだけ飲んで好き嫌いを決めてしまうのは些か勿体ない気がしてなりません。入手は大変ですがビール好きは更なる探求を、ビール嫌いの方も実はピルスナーが嫌いなだけかも知れませんよ?
e0004173_9141768.jpg

私のラベルコレクションです。現在120種ぐらいでしょうか。


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2011-06-06 16:58 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line