マイナスイオンたっぷりです

こんにちは、設計課の前野です。

去年もさることながら、今年の夏も暑そうですね。しかも今年は節電が必須とあり、室内といえど我慢を強いられることでしょう。ならば天然の涼ということで、「滝」でも拝んでみましょうか。

我々の勤務地である富士市周辺には、富士山や愛鷹山を水源とする滝がいくつかあります。その中で、まず思いつくのが富士宮市の「白糸の滝」ですね。
e0004173_8395325.jpg

水量の多いワイドでダイナミックな滝ですが、云わずと知れた観光地のため、常に人も多く、また水際に近づけないのも少し味気ないです。それに、お隣富士宮市とはいえ、富士市内の自宅から少なくとも片道1時間はかかるので、「ちょっと涼んでくる」といった気軽な滝ではなさそうです。

そこで、私のオススメが富士市内にある須津川(すどがわ)渓谷の「大棚の滝」です。バイクでブラブラ散歩しているときに見つけたのですが、なんと設計課から滝まで15分という手軽さ。
辿り着くまでに、こんな吊り橋もあります。
e0004173_8401328.jpg

水量こそ多くはありませんが落差は20mそこそこあり、何よりも白糸の滝と違い滝壷まで近づくことができます。マイナーでジモティなスポットのためか、人の姿もまばらでした。
e0004173_8402729.jpg

ブーツを脱ぎ冷たい須津川に火照った足を沈め、のんびりオニギリでも食べてみます。滝の飛沫がなんとも心地よく、うだるような初夏の暑さを忘れさせてくれる昼のひと時でした。


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2011-07-11 19:07 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line