ラジオを見直す

こんにちは。
2010年入社の技術営業部、奥屋です。

今回は、ラジオについて述べたいと思います。

2011年3月11日に発生した東日本大震災以後、情報入手の手段の一つとしてラジオが注目されるようになりました。

テレビ、携帯電話やスマートフォンなどのツールが発達し、普段であれば情報を入手する手段はラジオの他にもたくさんありますが、災害時には電源がなかったり、情報が多すぎてどれが正しい情報かを見極めることが難しかったりすることがあります。

ラジオは電池(手回し発電できるものは別ですが)があれば比較的長時間情報を入手することができますし、災害時に必要とされる情報を比較的正確に伝えてくれるので、注目されているのだろうと思います。

とはいえ、ラジオの受信機を持っておらず、機器を揃えるところから始める必要がある方もいるかもしれません。そんな方には、まずは、PCやスマートフォンがあれば聞くことができる「radiko」というサービスをお勧めします。

e0004173_18342185.gif


インターネットに接続できる環境が必要ですが、災害時もインターネットは比較的繋がりやすいようですので、興味を持たれた方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2011-07-26 20:02 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line