工場研修物語

こんにちは、2011年度入社の設計課 藤原です。
あっという間に8月へと突入し、昼間のセミ達の鳴き声がより夏の暑さを感じさせます。まだまだ暑い日が続きますが、皆さんも小まめな水分補給などをして熱中症にならないように気をつけていきましょう。

さて、現在私を始めとする新人は工場研修中で、研修が終了まで早いもので残り1ヶ月となりました。これまでの1ヶ月間、ベース(送風機を動かすためのモーターの土台)やケーシング(羽根車を覆っているケース)等の製作工程、シャフト(・・興味のある方はお調べ下さい・・)の加工工程や軸受(こちらも・・)の構造・組立順序など、ここでは書ききれないほど多くの事を勉強させていただきました。現在は組立班にて、実際に製作された部品の組立順序について、実際に業務を手伝わせていただきながら勉強しております。

それらの業務を行いながら私が1番痛感したのは、やはり何をするにしても簡単ではないこと!!

それはボルト1つを緩めたりするのも例外ではありません。実際に部品を頭の中で組み立てるのは簡単ですが、物が大きくなればなるほど動かすのも大変になるため、送風機1台組み上げるにしても何かと時間がかかります。また、部品にミスなどがあればその修正もしなければならないため、その分時間が余計にかかってしまいます。

工場研修が終わるまで残り1ヵ月とはなりましたが、まだまだ学べることはたくさんあると思いますので、今一度気持ちを入れ替えて今後の設計業務に役立てることができる知識を身につけたいと思います。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2011-08-05 17:32 | □仕事“風”景 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line