適切なツールを選択する

こんにちは。2009年入社、プロジェクトの安達です。
9月に入り、台風が来たり涼しくなってきたりと、夏の終わりを感じさせる季節となってまいりました。皆さん体調などは崩されておりませんでしょうか。

さて、本日は、仕事中に使う道具について感じた事を1点、載せてみようかと思います。

私が担当する業務の中に、見積書作成と客先仕様書確認というものがあるのですが、この業務、両方とも電卓を使う必要があります。少し前からそれぞれの業務に使う電卓の種類を使い分けるようにしているのですが、この事でかなり業務が効率的になりました。

実は、NKGでは入社してすぐに、送風機の風量や風圧、密度をより簡単に計算するために関数電卓を購入します。理系の勉強をされてた方は既にご存知かもしれませんが、複雑な式でも計算できるかなりの優れ物です。もちろんただの足し算引き算も出来ます。私も、客先から送風機の仕様書が送られてきた時は必ずこの電卓を使って風量などを換算します。

この電卓は、長い数式を入力するためか、文字の表示、画面、ボタン等が全て小さいのですが、入社した時は風量計算等の研修でこの電卓を使う機会が多かったため、見積書作成で金額計算をする時もこの電卓を使い続けていました。しかし、金額計算をするには数字が小さい、画面が見づらい、ボタンが小さいなどかなり問題があり、数を読み間違えそうになったりボタンを打ち間違えて何回も計算をやり直していたりしました。

正直かなり非効率的でしたが、電卓は電卓だから!と使い続け2年が過ぎ・・・。もう我慢がならず、いたってシンプルな電卓を買いました。
e0004173_1375553.jpg

金額計算にはやはりこれが使いやすい!
仕事をする上で、それぞれの用途に合った道具を使うのは基本ですよね。
お恥ずかしい限りですが、道具の大切さが身にしみた今日この頃でした。


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2011-09-05 18:04 | □仕事“風”景 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line