映画の秋を堪能する

みなさん、こんにちは!
11年度入社、技術営業部の小柳です!

つい最近まで、残暑長いなぁなどと、ボヤいていましたが、あっという間に朝晩の冷え込みが身体に堪える季節に入ってきました。体調管理には気をつけたいものですね!

ご存じの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、10月22日より東京国際映画祭がスタートしました!映画好きの友人が、チケットを手配してくれたので、私も行ってみることにしました。

観たのは、以前ブログで紹介した台湾の小説≪那些年,我們一起追的女孩≫の映画版、「あの頃、君を追いかけた」です。

小説は甘酸っぱい青春ストーリーでしたが、映画は監督に「おふざけが過ぎやしませんか?」と言いたくなるくらいの“おバカ”な映画になっています。ちょっとしたところに“くだらない”笑いがあり、そこも面白かったです。

当日は、この小説の作者であり監督である、ギデンズ(九把刀)や主演のコーとミシェルの二人が舞台挨拶で登場。通訳を通し、司会者が三人にインタビューしたのですが、通訳が日本語にする前に観客の多くが笑ったりうなずいたりなど、リアクションがありました。どうやら観客の多くは日本在住の中華圏の人が多かったみたいですね。

この作品に限らず、「映画の秋」ということで、映画祭に足を運んでみては如何でしょうか?



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by NKGFAN | 2011-10-28 19:30 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line