「理系」への道のり

技術営業部の先田です。
購買課に配属されてから、1年が経ちました。

私はバリバリの文系でして、機械や化学に馴染みがなく、図面や仕様と日々格闘しております。

そんな中で常に感じる事は、「歴代の科学者、設計者や技術者達が、人々の幸せな生活を考えて、安全性や利便性を緻密に計算し開発してきた」という事です。

先日、「周囲雰囲気」を考える機会がありました。
皆さんは、雰囲気というと、「場の空気」を思いつきませんか。
「雰囲気」を科学的に言うと、「特定の気体やそれを主とした混合気体の状態、またはその気体の条件下にある状態」になるそうです。
特定のお客様の工場では、製品を造る際に普通空気とは違う気体を使用します。
塩素やハロゲンなど、腐食性の気体を使用する場合もあるのです。そんな環境下を想定して「製品の品質」「危機管理」etc…各分野の専門家達が力を合せてプラントを設計しています。日々、お客様の要求の緻密さに驚き、「うーん・・・」と感嘆の声を漏らしてしまいます。私たちの便利で安全な生活は、こんなにすごい方々が造ってくれているのだと実感するのです。

未来では、自分もその一端に0.000000…1%ぐらい携わっているのかもしれません。気を引き締め、今日も頭を抱えながらがんばります。

e0004173_20281360.jpg


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2011-11-11 18:24 | □仕事“風”景 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line