弘法マウスを選ばず?

こんにちは、設計課の前野です。

「弘法筆を選ばず」という有名なことわざがあります。
言わずもがな、弘法つまり空海上人は、書に対して筆の良し悪しは問わなかった事に由来します。

一方で、我々のような設計でCADを扱う人間にとって、筆はマウスに置き換わります。
「マウスを選ばず」と言うかは分かりませんが、備え付けの純正マウスであっても、取りあえず仕事上困る事はありません。

ですが、日頃のCAD操作を素早く、尚且つストレス無く行うにあたり、
私の主観ながら、少なくとも純正マウスがベストであるとは言えないでしょう。
空海上人でもない限り、筆が選べるなら良いモノを選ぶべきじゃないでしょうか。

そこで、私が選んだ筆はこちら「Logicool G700」です。
こちら、なんと13個ものボタンを備えており、元々はPCゲームでのハードユースを想定した所謂ゲーミングマウスのようです。

e0004173_18574416.jpg


ボタン13個も使いこなせる?と良く聞かれますが、導入から一年以上使い込んだ結論から言うと、ボタンは多いに越したことはなく、むしろ今となっては20ボタンぐらい欲しい気持ちです。
慣れが必要なのは最初の一週間だけで、あとは快適そのもの。
さすがゲームを想定しているだけあって、ボタン形状や配置も素晴らしく、
多ボタンでありながらも、手の感触だけでそれぞれ押し分けることが出来ます。
当然、日頃のCAD操作もより素早くストレスフリーに行えるようになりました。

下に写るテンキーマウスパッドと合わせて、これらはもう手放せそうにありません。
多少値の張るマウスでしたが、効果を考えれば非常にお得な買い物でした。

余談ですが、デスクの足元には

e0004173_18575761.jpg


こんなペダルがあります。これも物凄く便利です。
CtrlやShiftを割りつけるだけでも、素晴らしく作業性が向上しますのでオススメです。


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-02-23 18:58 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line