道は繋がっている

こんにちは。設計課の千葉です。

3月も残りわずかとなり、まもなくNKGにも新入社員達が入社してきます。今年の新入社員達は私が初めてリクルーターとして採用活動に参加した年の学生達なので、もうすぐ共に働ける日が来るかと思うと今から楽しみでなりません。

そんなことを考えつつ過ごしていたある休日の事です。
いつものように車で外出しようとしたところ、

e0004173_2028447.jpg


外がこんな事になっていました。
私の住んでいるアパートは車1台がぎりぎり通れる程の狭い坂道の途中にあるのですが、ご覧のように緊急の街灯工事があったようで出口が塞がっており出られない上・・・

e0004173_20281443.jpg


反対側もこんなことになっていました。
狙い澄ましたように私の車が閉じ込められています。

結局この時は坂の上り側から出て行ったのですが、普段どこへ行くにも坂の下り側から出て行くため、実は上り側から出たのは丸3年住んでいる中で数える程しかなく、普段と異なる景色が新鮮でした。
運転中はつい慣れている道ばかり通りがちですが、たまには普段と違った道を通ると新しい発見があり面白いものです。

これは運転中だけでなく仕事でも同じ事が言えると思います。
例えば普段の業務で慣れている設計手法や構造があるとついついそればかり使ってしまいがちになります。しかしそれだけでは解決できない問題に取り組む際は、異なる視点からアプローチを掛けなければなりません。

冒頭の採用活動の話でもそれが言えます。
相手の学生が毎年違うからといって昨年と同じ内容の説明会をしていたのでは、より良い伝え方を模索することができなくなってしまいます。

私自身も普段物事を多面的に見れていないと感じることが多々あります。仕事でもプライベートでも、時には普段と異なる道を通って自分の視野を広げることが必要だと感じた出来事でした。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-03-29 17:26 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line