編集のすすめ

こんにちは。設計課の千葉です。

今日は奥屋君に倣い私も本の紹介をしてみようかと思います。
松岡正剛さんの「知の編集術」という本です。

e0004173_18393045.jpg



「編集」と聞くと多くの方は新聞や映像の編集を思い浮かべるかと思います。
ですが本書ではそういった狭い意味ではなく、自分の周囲を取り巻く数々の情報の集め方・接し方・伝え方全般の事をまとめて「編集」と捉えています。
この「知の編集術」ではそういった意味での「編集術」について、解説と編集稽古と呼ばれる例題を繰り返しながら、情報を整理して様々な発想や思考を生み出すための技法が紹介されています。

本書は私が今受講している「イシス編集学校」という講座のテキスト代わりに使われています。
私は仕事中によく自分の発想力の無さを感じることがあり、そんな中で中村編集長よりこの講座を紹介され、今年の4月から受講し始めました。
学校といっても実際にどこかの教室に行くわけではなく、Web上のサイトを教室と見立てており、本書の著者である松岡正剛さんが校長としてこの講座を取りまとめています。

おおまかな流れとしましては本書で紹介されている「編集術」が週に2~3題のペースで例題と共に紹介され、私のような受講生が答えた回答に対して、師範と呼ばれる方々に「指南」という形で指導して頂けます。

まだ受講途中ですが、例題を重ねるごとに「こんな情報の動かし方があるのか!」と目から鱗の日々です。
本書と講座を合わせて自分の中や周囲にある情報の使い方を学び、多彩な発想ができる社員になれるよう自己研鑽を重ねていこうと思います。




>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-06-07 18:00 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line