生け花展

こんにちは、2012年度入社、管理部の藤居です。

先日、日本橋の高島屋で行われていた、
「いけばなの根源 池坊展 いけばなの夜明け」に行ってきました。

普段美術館にはよく行くのですが、生け花展を見に行くのは初めてです。

デパートの特設会場で行われているということで、小ぢんまりしたものではないかと思っていたのですが、
行ってみると広いスペースに、さまざまな種類の生け花が並べられてありました。
同時に、生け花に関する古い書物や、絵画なども並べられており、非常に見応えがあります。

その中でも、特に観客の目を引いていたのが、この生け花です。

e0004173_21352536.jpg


生け花…? と思われるかもしれませんが、れっきとした生け花です。
文禄3年(1594年)に、前田利家邸大広間を飾った生け花を再現したものです。
背後には20匹の猿を書いた軸が掛けられ、
まるで猿が松で遊んでいるかのようだと言われたそうです。

そのほかにも、こんなものもありました。

e0004173_21403985.jpg


一見可憐なオレンジの花ですが、良く見たらニンジンです。
葉っぱに見えるものはブロッコリーです。

普段は食べ物である野菜ですが、これだけきれいに飾られれば、本望なのではないかと思います。

知識もないままに行った生け花展でしたが、さまざまな種類の花を見ることができて、
とても楽しめました。
扱っているものが生花なので、会期は一週間と短く、2日ごとに展示品の入れ替えがあるそうです。

外で見る花もいいですが、生け花も奥が深く、面白いなと感じました。


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-06-12 18:00 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line