手間のかかる食材

こんにちは、設計課の前野です。

先日、家庭では珍しい食材を手に入れたので、友人達を集めて頂きました。

e0004173_13571520.jpg


厚く切って網焼きにしていますが、これが何かお判りでしょうか?
ちょっとグロテスクですが…

e0004173_13572870.jpg


国産牛タン丸ごと2kgです。東京の実家近所にある内臓系食肉の卸しで購入しました。
「このブルジョアが!」とバッシングされそうですが、実はスーパーで売られるスライス済みの牛タンよりもグラム単価は遥かにリーズナブルだったりします。

何故なら、丸ごとの場合、皮を剥ぐのが非常に手間なのです。皮の有無は選択できるのですが、当然皮が剥いであるものはお高くなります。中には無料で処理してくれるところもありますが、そういった場合は元々割高なことが多いですね。
他にも可食部の歩留まりが悪い等の理由も、丸ごとが安い理由の一つに挙がるそうです。

初めてこのお店に出向いたときの事、店員さんに「素人でも処理できますか?」とタンを抱えて質問を投げかけたところ、「難しいでしょうね…」との返答。
しかし何故か火が付き「じゃあ下さい!」と即決して以来、何本もの牛タンを捌き、最近ではだいぶこなれてきました。

e0004173_13574454.jpg


ネットで検索をかけると色々ノウハウが出てきますが、どのやり方でも最終的には根気と集中力がモノを言います。どんな方法だろうと、決して鶏肉の皮を剥ぐようには簡単にいきません。
でも、この苦労の先にはタンステーキやタンシチューが待っているかと思うと、集中力が無尽蔵に沸いてくるというものです。

雨で外出が億劫な日は、手間のかかる料理を修業と称してチャレンジしてみるのも良いかと思います。手間をかけさえすれば、レストランでも食べられないものが自宅で頂けるかも知れませんよ。


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-06-27 18:00 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line