秋の味覚

こんにちは、設計課の前野です。
前回、残暑を謳ったブログから数日が経ちましたが、
近頃気温がだいぶ秋めいてきましたね。
スーパーでも秋刀魚、秋鮭、戻り鰹、松茸、梨…などなど
秋の食材が幅を利かせるようになってきました。

そして私個人的に外せないのが、イクラです。
一年中売っていて、何となく旬がなさそうなイメージのイクラですが、
秋鮭の並ぶ今の時期しかイクラの元になる生筋子が手に入りません。
というわけで、地元のスーパーへ寄った際今年の初物を見つけたので、
今回はこれでイクラを漬けてみました。
e0004173_18132876.jpg

筋子から醤油漬けイクラを作る簡単な手順は…
1.ぬるま湯に塩を一つかみ溶かし、そこへ筋子を投入します。
2.丁寧に薄皮からイクラをほぐし、水を代えながら
潰れた粒や、こびりついた筋を念入りに取り除きます。
3.ザルで水を切り、タレに漬け込みます(2~3日)。

タレについては醤油、日本酒、みりんを基本とし、
ダシなどでアレンジを加える事もあります。
今回は日本酒とダシ多めで、さらに隠し味として千切った鷹の爪を少々タレに混ぜました。
この辺りの自由度の高さは自家製ならではですね。
e0004173_18134144.jpg

漬けている間も味を見ながら微調整を行い、2日後に無事美味しく仕上がりました。
当分の間、イクラ丼が飽きるほど楽しめそうです。

生筋子は市販の醤油漬けイクラの半値以下ですし、作り方も簡単ですので
イクラ好きな方は是非トライしてみて下さい。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-01 18:00 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line