卒論シーズン

こんにちは、技術部設計課の前野です。

今年4月に入社を控えている学生さんは、そろそろ卒業論文や修士論文の執筆が佳境を迎えている頃ではないでしょうか。

私も3年前の今頃は、修士論文を2日間書き続け3時間寝る(気絶する)毎日でした。
今思えば卒論の度(高専、大学、院の3回)に無茶したなとは思いますが、
忙しい中でも研究室のメンバーで夜食を作ったり、
匂いに釣られた他の研究室の学生がシーバスリーガル抱えて覗きに来たり、
「おいおい!そんなもの…乾杯だけだからな」と認めてしまったが最後、
乾杯だけでは済む筈の無い現実逃避という名の宴が始まったり、
でも結局泥酔しながらも現実からは逃げられず朝までPCと睨めっこしたりと、
そんな学生らしい無茶苦茶さも、今となっては懐かしくも楽しい思い出だったりします。

いずれにせよ、体を壊さない程度なら多少無茶するのもいい経験かなと思いますし、
論文を提出する瞬間の解放感、打ち上げの「乾杯!」にこもった一体感と爽快感を
最高の形で味わうためにも、皆さん今を頑張り抜きましょう。

話は変わって、私ごとで恐縮ですが冒頭で技術部の「設計課」と名乗っていますが、次回からは技術営業部の「技術課」になります。早い話が富士工場から東京本社へ異動になったのですが、それについてはまた次回ということで。
e0004173_1630857.jpg

この野田山から富士市を見渡す夜景も名残惜しくなります。





>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-02-05 18:00 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line