一人ならではの楽しさ

こんにちは。設計課の千葉です。

年が明けたと思っていたのもつかの間、気付けば2月になっていました。
年末年始の忘・新年会ラッシュで増えてしまった体重も、少しずつ元に戻ってきた気がします。
大型連休中のこういった食事や飲み会は地元だったり、こちらから友人の所に出向いたりと様々かと思いますが、これがいくつも重なると合間に空き時間ができることは無いですか?

そんな時に私はよくネットカフェで時間を潰すのですが、今年はちょうどどこも満席で個室が空いていないという状況になった日がありました。
周りから見えるオープン席は避けて何とか落ち着ける環境で休みたかった私は、その後も空いているネットカフェが無いか探してみたのですが、やはりどこも満席。代わりにどこか時間が潰せる所はないかと見て回っているうちに、「ひとりカラオケ」なる看板を見つけてしまいました。

e0004173_16351042.jpg


部屋の中はこんな感じです。
一人専用のカラオケボックスがあることはニュースで見て知っていたのですが、実際に利用してみたのはこの時が初めてでした。
通常のカラオケボックスとは違い最初から一人用として作られているため、部屋の中は1.5m四方程度のスペースに一人分の椅子やモニター、更には通常のカラオケボックスにはないようなミキサーやレコーディングで使うようなマイク(普通の手持ちマイクもありました)などがありました。
店の設備としても当然ドリンクバーが有り、部屋は防音設備に加えてドアがオートロックといったように防犯設備も備えていました。イメージしていたものよりも立派な印象でしたね。

ふとカラオケでストレス発散したくなった時に通常のカラオケボックスには一人で入りづらいですが、一人専用として作られていると気軽にふらっと入れる所が良いですね。
大人数でわいわいと楽しみながらのカラオケもいいですが、周りの空気を気にせずに自分の好きなマイナー曲や新曲だけを歌い続けられるというのも、これはこれで有りだなと思える楽しさがありました。

残念ながら私が住んでいる富士市には無いのですが、近くにひとりカラオケ専門店がある人は是非一度お試しください!




>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-02-07 18:00 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line