平賀源内とは?

こんにちは。
2010年入社の技術営業部、奥屋です。

今回も、興味を持った本の紹介をしたいと思います。
土井康弘著『本草学者平賀源内』(講談社、2008年)
e0004173_17421231.jpg


本書も地元の図書館で紹介されていた本です。
平賀源内については、「エレキテルを発明した人」という程度にしか
知らなかったため、せっかくの機会なので、読んでみようと思いました。

内容は、主に、平賀源内の伝記と、
彼が取り組んだ「本草学」についての解説です。

読んでみて分かったことですが、
彼は、とても多くのことに興味を持ち、取り組んでいたようです。
冒頭で触れた「エレキテル」然り、時には文芸本を出版してみたり、
陶器製作をしてみたり、製織のため羊を飼ってみたり、など
とても器用な人物だったことが想像できます。
特に、後年、「火浣布(石綿で作られた耐火性の布)」の製作に
力を入れていたようですが、アスベスト製造・使用禁止の現代であったら
公害問題になっていたかもしれませんね。

興味を持たれた方は、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。




>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-30 18:00 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line