おじいさんと孫娘のお話

こんにちは。
2010年入社の技術営業部、奥屋です。

今回も、興味を持った本の紹介をしたいと思います。
M・B・ゴフスタイン 作・絵,末盛千枝子 訳『ピアノ調律師』(現代企画室、2012年)
e0004173_953553.jpg


今回も地元の図書館で紹介されていた本です。
何度か出版されており、本書は、出版社を変えての復刊本です。

20cm四方くらいの小さなかわいい絵本で、つい手に取って見てみました。
絵本なのに「ピアノ調律師」という具体的な職業を
題名にしていたので気になったのかもしれません。

題名の通り、ピアノ調律師のおじいさんが出てきて、
その孫娘との一場面を描いたお話ですが、
おじいさんの孫娘に対する思いやりと
孫娘のおじいさんに対する尊敬する想いと
まわりの人のあたたかいまなざしが
絵本を読む人の心を和ませてくれます。

ピアノ調律の様子も出てきますが、
手順や道具はとても具体的に描かれており、
調律「師」と呼ばれるだけあって
調律は、専門的な仕事であることがわかりました。

興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、
ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2014-09-16 17:30 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line