読書の心得

当社には新入社員を対象とした読書研修という制度があります。

各自が好きな本を読み、原稿用紙2枚程度の書評にまとめます。更に書いたものがグループウェア(社員のみが閲覧できるホームページみたいなものです)に掲載されるとあって、皆気合いが入ります(実は原稿料も頂けます)。

大学生の方はレポートを書く機会はたくさんあっても、書評や感想文からは遠ざかって久しいのではないでしょうか。

社会に出ると「正しい日本語」を要求される機会が非常に多くなります。
また、仕事には直結しない分野への知識・興味が日々の生活に潤いを与えてくれることにも気付かされます。

学生時代の読書は一生の財産。そんな言葉を以前はよく耳にしましたが、社会に出た今、その意味をしみじみ感じています。

e0004173_13102256.jpg
書評は必ず手書きで提出します。当社のこだわりのひとつです。


管理部 環
[PR]

by nkgfan | 2006-01-12 14:59 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line