Ask what you can do for your country

オバマ氏が第44代アメリカ合衆国大統領に就任した。後100年はかかるだろうといわれた初の黒人大統領に彼がなれたのは、類稀なスピーチの旨さだということはマスコミでも喧伝されている。確かに、彼の演説は分かりやすい言葉を使いながらも、英語が苦手な我々の心さえ鷲摑みにする巧みさがある。 

今から約半世紀前、オバマ大統領と同じように演説の旨さと誠実さで大統領に上り詰めた人がいた。 それは、第35代大統領、ジョンFケネディーだ。
彼の就任演説でアメリカ国民に向けたあまりにも有名なメッセージを最近よく
思い出す。

Ask not what your country can do for you;
Ask what you can do for your country.

最近の日本に(他国は分らぬが)、あまりにも自分の主張しかしない棚上げ論調が政治、社会、会社、学校や家庭さらに男女関係にまではびこっているように思うのは小生だけだろうか。
前述の “country” を例えば “company” “school” “parents” “lover” に置き換えても、すんなり理解できるではないだろうか。

相手から自分に愛が注がれないことに関して不平不満を抱く前に、無私の愛を相手に与えているかどうかを常に自問しなければならない。

「自分はこんなにやっているのに、相手は何もしてくれない」

という悩みを問題だとし、それで鬱鬱と落ち込むとしたら、それは本当の悩みではない。むしろ、本当の悩みは、そう考えている自分にこそあるということ理解しなければならない。
自分を高みから俯瞰する自分を作ることが肝要なのかもしれない。

オバマ大統領の健闘を祈る!

技術営業部 田中 耕太郎

e0004173_9143019.jpg
こちらはケネディが「最も尊敬する日本人」と評した米沢藩主・上杉鷹山。
時を越え、真の知性と男気を感じさせる二人です (環)


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2009-01-27 09:17 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line