最後の剣客に思いをはせる

こんにちは、技術営業部の安西です。

私の読書時間と言えば、もっぱら朝・夕の電車の中か休日の気が向いたときです。なぜなら家で読もうとすると集中できないのです。本を読んでいる途中で埃が気になれば雑巾がけを始めてしまうし、ご飯の用意だってしないといけません。

そして風呂に入ったあとは洗濯物を一気にかたづけてと・・・
気がつけば読みかけの本を放り出して家事やら何やら忙しい。しまいには寝る時間になっていたり・・・。

結局一番読書に集中できるのが、電車の中か休日なのです。学生の頃もよく移動時間に本を読んでいたので、慣れている分家で読むより電車の中で読んだほうが集中できるみたいです。満員電車など関係なく本を開いて読んでいます。

e0004173_144501.jpg
新撰組顛末記(新人物往来社)

最近読んだ本は「新撰組顛末記」。
これは学生の頃買ったもので、また読みたくなったので実家から持ってきました。
この本は新撰組2番隊隊長 永倉新八の口述をまとめた作品です。
主観はもちろん永倉さんなのですが、本人の話などをもとにして作られているので、他の局長や副局長を題材にしたものより生々しいというか人間臭さが出てとてもいいです。
当時の価値観や、新撰組隊士として新撰組をどう思っていたのか、当時の生活など、なかなか興味深いことが書いてあります。より深く江戸末期を生き抜いた人々を知ることができる作品です。

また、永倉さんは維新後も生きた数少ない新撰組隊士なので、維新後の姿も描かれています。なので維新後、戊辰戦争を戦った人の虚しさなども感じ取ることができます。その反面、文明開化を楽しむ姿も感じ取れ、その複雑な心情にまた心を奪われます。

ただこれ、私が買ったのはハードカバーのもので重いです。通勤バックに忍ばせるには重く硬く結構邪魔です。それでも読みたい衝動には勝てないのです。

なんたって永倉さんファンですから・・・。

e0004173_14565986.jpg
若かりし日の一枚。中村雅俊似 (環)

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2009-02-18 15:20 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line