<   2006年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


チーム・マイナス6%

省エネに貢献するNKGは、環境省主導で行われている
地球温暖化防止プロジェクト「チーム・マイナス6%」の正式メンバーでもあります。

と、書くと仰々しい感じがしますが、中身はとってもシンプル。
CO2削減のための6つのアクションを中心に生活をちょっと見直してみるというもので、
水道をこまめにするとか、過剰包装は断るとか、誰でも簡単にできるものばかり。
要するに、一人ひとりの意識と行動が大切ということなのです。

少し前に「The DAY AFTER TOMORROW」という映画がありました。
徐々に進行しているはずの地球温暖化が、予想以上に早く臨界点に達し、劇的な
地球規模の気候変動が起こるストーリーで、日本でもそこそこヒットしたと記憶しています。

マイナス40℃の寒気を凌ぐために図書館の本を燃やしてやり過ごすなど、突っ込みどころは
多いのですが、このまま何もしなければ未来は氷河期、というメッセージは十分に伝わって
きました。
自分が生きているうちは大丈夫…なんて人ごとにしないで、できることから改善して
いきたいものですね。

●「チーム・マイナス6%」のHP
http://www.team-6.jp/


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-05-31 16:13 | Comments(0)

日々努力あるのみ!

こんにちは。新入社員の長塚です。
よろしくお願いします。

先日、僕の趣味でもあるプロ野球を見に行ってまいりました。
横浜スタジアムでの西武×横浜戦です。

僕は広島カープのファンのため、広島戦しか見に行かないのですが、
この1戦には僕の応援している投手が 先発予定でしたのでワクワクしながら行きました

…が、見事に予想が外れちょっとショックでした。

でも始まってみるとやっぱりというか、面白いです。

めったに見ないチームの応援方法を覚えたり、
元々広島にいた選手の応援をしたり。

この元広島の選手はこの日大活躍でした。
環境が変わっても、相変わらず好成績を残せることに驚きました。
日々の努力と強い精神力の賜物だと思います。

僕も4月から環境が変わった身。
実力はまだまだ足りないですが、この選手を見習って
日々努力で頑張っていきます。

長塚
[PR]

by nkgfan | 2006-05-29 13:35 | Comments(0)

青森の壁

はじめまして、技術営業部新入社員の三澤です。
よろしくお願いいたします。

先週、今週と青森県八戸に行って参りました。
新しく入った我が社のファンの試運転に立会うためです。
と言うと聞こえはいいですが、
新人のわたくしは金魚のフンのように、上司の後ろをちょこまかするばかり。
とはいえ、そのうち独り立ちしなければならぬ時は来るのですから、
ボーっとしているわけにはいきません。
そこでわたくしメモでも取ってみようかと手帳とペンをチャキっと取り出しますが…
ここは青森。
関西弁や博多弁のように青森弁がありますの。
そのうえ難しい専門用語も飛び交いますから、
年配のおじ様のお言葉は、もはや外国語かと見紛うほどの一級品。
ペンを持つ手はなかなか進みません。
おじ様の怒涛の話の後、わたくしのメモに残されたのは、
[ファン…]
はい、そうです。ファンについて話しているのです。
わたくしファン屋ですもの。

手の付けようのない未熟者であります。

そんなわたくしですが、日々精進したいと思う気持ちは人一倍。
『わ が盗った魚だ うめど!』(←八戸のお食事処に掲げてあった言葉)
と青森弁を練習しつつ、今日も頑張ります。

三澤
[PR]

by nkgfan | 2006-05-25 17:48 | Comments(0)

日本の未来を見てきました

はじめまして。元気がとりえの新入社員、田中です。
これからよろしくお願いします。

さて、この前の日曜日、お台場にある日本科学未来館に行ってきました。
様々な展示がある中で二つ印象に残ったものがありました。

一つは、脳の特別企画展です。人間の脳には、深くかつ多くの皺が刻まれているだろと
思っていたのですが、イルカの脳はもっと発達しているようでした。
その他にも、様々な動物の本物の脳が展示されていたのですが、一つ一つ見ているうちに
気持ち悪くなってしまいました。脳に興味がある方にはお勧めです!

二つ目は、プラネタリウムです。未来館にあるプラネタリウムは、MEGASTAR-II cosmosと言う
機械を使用して、500万個もの恒星を映し出してしまのです!
これは凄いですよ。 整理券をもらわないと入れないくらい人気があって、
今回見ることができた私は、幸せ者です。こんなことで幸せになれる自分で良かった。
でも、途中で眠気に襲われ、ウトウトしてしまったかも…

と言うことで、とても充実した休日を過ごすことができました(^・^)
[PR]

by nkgfan | 2006-05-24 13:13 | Comments(1)

お久しぶりです

経理の書類は7年保存が義務づけられています。
おかげで管理部には昔の書類が箱詰めされ、山の様に積まれています。

本日もその中から古い書類が発掘されました。
私が入社一ヶ月くらいずっとファイリングしていたものだったので、
お久しぶりですという気持ちです。
但しラベルは平成9年です。
慣れ親しんだ書類とはいえ、7年を超えたものは容赦なく捨てられます。
管理部の一角を塞ぐ段ボールの山を少しでも崩そうと、
先輩の岡本さんは頭を悩ませているのです。
ふっ。

赤澤
[PR]

by nkgfan | 2006-05-23 18:14 | Comments(0)

クール&ダンディの季節到来!

すっきりしない天気が続きそうな気配ですね。

そんな中、先日デパートに行ったときのこと。今年も紳士服売り場に
「COOL BIZ 」のコーナーが設置されていました。
周知の通り、地球温暖化防止、省エネという目的で誕生したスタイルですが、
個人的にも好みです。
最近の洋服のハイテクぶりには感心するばかり。UVカットや形態安定なんて当たり前。
温度に合わせて通気性が変化したり、汗の臭いを押さえたり、生物分解を促進したりと、
もはや生き物(?)と思うような進化を遂げているようです。

CO2削減に貢献しているNKGも、もうじきクール&ダンディが増えるはず♪


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-05-23 18:04 | Comments(0)

神の目

先週の土曜日に会社の人と三社祭に行きました。
御輿を担いでいる人達を見ていると、その迫力で自分も体を動かしたくなりました。
途中おみくじをやって、吉だったのですが面白い内容だったので報告します。

「一生懸命に立身出世しようとする、あなたの志がみられます。
しかし、目上の人達からは、あなたの未熟さ故に、残念ながら認められません。
されど、良い書き物を書いたならば、すぐにも認められるように、自分の心をはっきりと伝えることが大切です。
良い事がいよいよ重ねておこりそうです。」

という内容でした。
当たりすぎて、神に見られている気がしました。

田村
[PR]

by nkgfan | 2006-05-22 09:57 | Comments(1)

JR武蔵五日市線

初めまして、新入社員の菊地と申します。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

皆さんは「武蔵五日市線」という路線をご存じですか?

この質問をすると、「あぁ、それってドアが手動式の電車でしょー。」と言われるのですが、
惜しい!それは八高線です。

JR武蔵五日市線は、拝島駅から武蔵五日市駅までの7駅、
路線距離11.1㎞の路線で、我が熊川駅が属する路線です。
単線で、ダイヤは一時間に3本。以前は4両編成でしたが、
最近は6両編成が主流になりました。東京都にありながら、立派なローカル線です。

入社して驚いたのが、皆さまに「通勤大変でしょう?」と言われることです。
これは何より皆さまに気を遣っていただいているからですが、当の本人は余り気になりません。

というのも、朝の熊川駅では、利用者同士が挨拶していたり、
コンビニなんてありませんから、皆自動販売機で思い思いの飲み物を買って飲んでいたり、
かと思えば野良猫がウロチョロしていたり・・・。良い感じなんです。

とはいいつつも、10年来の夢、「キヨスクのある駅の近くに住む」いや、できれば、
「駅前にドトールがある駅(できれば、松屋も・・・)の近くに住む!」という野望は
いつか叶えたいナァ・・・と思う、今日この頃です。
e0004173_964554.jpg

自動改札機ができるのはいつの日か…
[PR]

by nkgfan | 2006-05-22 09:08 | Comments(0)

ダ・ヴィンチ・コード観る?

もうすぐ公開される映画「ダ・ヴィンチ・コード」。ハードカバー出たての頃、原作読みました。
モナリザの絵の秘密と言うより、宗教を取り上げた物語ですが、金星が☆型に動くとか、
もっとも美しいと言われる比「黄金比」が人間の身体やオウム貝に見られるとか、
トレビアの泉のごとく“へえ~”って思える内容が多いので、歴史ミステリー&雑学アドベン
チャー感覚で楽しめました。

その後、ルーヴルでモナリザを見ましたが、正直イメージ通りで、感動とは無縁。
むしろ、警備の厳重ぶりと人の多さに関心しました(笑)。もちろん、原作に出てくる最後の
秘密の場所もしっかり確認してきましたよ。そこはもちろんヒ・ミ・ツ♪

さて、トムハンクスの好き嫌いはともかく、私は原作が良いとガッカリするのが嫌で
映画は見ないようにしているんです。
そういう意味から言うと、原作「ダ・ヴィンチ・コード」はエンタメ的要素が多く、面白かったけど、小説として感動したワケではないので、たぶん見ちゃいますよ、この映画。
そう、今回のブログは“流行だから観る”というのが嫌な自分への言い訳だったんです(笑)!


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-05-19 14:00 | Comments(0)

うんちくタイランド④

さて、つらつらと書いて参りました“うんちくタイランド”ですが、だんだん私の趣味の世界に入りつつあるので、ここいらで最終回にしようと思います。

今回は最終回らしく日泰関係の未来について触れようか、と。

タイというとかつては“東南アジアの途上国”というイメージが主流でした。
実際、多くの日本企業が安い労働力を求めて進出していきましたし、現在でもそれは続いています。

またタイ人自身も日本を単純に“お金持ちの国”、“出稼ぎに行くと儲かる国”といったイメージで眺めていました。

しかし近年、日泰関係は確実に変わりつつあります。

今日、他のアジア諸国同様、タイの若者の多くは日本のアニメ、ファッションなど様々な情報に触れて生きています。
例えば「ドラえもん」「一休さん」「ドラゴンボール」。これらを全く知らないタイ人は、まずいません。
ファッション関係でも日本のブランド(多くはコピー商品ですが…)が氾濫しています。

在タイ日本人の姿も大きく変わりました。

かつて長期滞在者の多くは企業の駐在員でしたが、今日では現地就職者や長期旅行者、リタイア後の永住者が増え続けています。
なにしろ現在、ビザが切れた在タイ不法滞在日本人の数は、在日不法滞在タイ人の数を上回っているのです。

下の写真はタイ北部の田舎町で出会った3人組。バンコク都内の高校のクラスメイトで、休暇を使って旅行に来ていました。
左端の女の子は先月日本でホームステイしていたとのことです。

「お父さんが日本行きのお金を工面してくれました。家族の中で、私が初めて外国に行ったんですよ」

経済成長によって生み出されたタイの中産階級は、ここまで力をつけているのです。

彼女は大好きな日本のマンガのこと、将来は日本に携われる仕事に就きたいことを嬉々として語ってくれました。
そんな少女の話を聞きながら、先進国と途上国という安直な関係から脱却した、健全な日泰関係を垣間見る思いがしたのでした。

e0004173_17473825.jpg
天佑泰国。この国とのつき合いは長くなりそうです・・・



管理部 環
[PR]

by nkgfan | 2006-05-15 17:48 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line