<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


昔の旅の思い出から

私は「フランダースの犬」という物語が大好きで、
そのためだけにアントワープを訪れたことがあります。

アントワープという街は、王立芸術アカデミーを擁し、
デザイン、ファッションの世界においては「アントワープ派」という
ひとつの派閥を形成するほどに有名なのですが、
都市の知名度としてはいまいちのようです。

街の中心部には、アニメ「フランダースの犬」でもお馴染みのアントワープ大聖堂があり、
もちろんルーベンスの「キリストの降架」を鑑賞することもできます。
ちなみに、アントワープは「フランダースの犬」を見た日本人観光客が
大挙して押し寄せたことで初めて観光整備された街で、
地元の人たちもその当時はなぜこんなにも日本人が訪れるのか分からなかったそうです。

閑話休題。

その王立芸術アカデミーですが、ドリス・ヴァン・ノッテン、ダーク・ビッケンバーグ、
アン・ドゥムルメステール、マルタン・マルジェラなどの超有名デザイナーたちを
卒業生として輩出しています。

ところが、高校時代の同窓生がここを卒業して、世界的なデザイナーとして、
その第一歩を踏み出していることを先日知りました。
日本でも、伊勢丹などで彼女のデザインした宝飾品が扱われているようです。
デザインという仕事は傍目には格好良く映っても、
作品を生み出すときのなりふり構っていられない苦しみは部外者には計り知れません。

傍目にはクールに、中身はホットに、そんなワーク・スタイルを確立したいものです。

経営企画室 西藤
[PR]

by nkgfan | 2006-07-28 13:50 | Comments(0)

ぶらり途中下車の旅

富士での研修が始まってから2ヶ月がたちました。

土日は実家のある横浜まで東海道線でトコトコと帰っているのですが
途中、「熱海」「小田原」など温泉街を眼下に眺める事ができます。

何度か「ぶらり途中下車の旅」のように電車を降り、
温泉でも立ち寄ろうかと思うのですが
そのたびに「あー、電車代もったいないなぁ…」、
「次は絶対降りよう!」などと自分を言い聞かせ自分のセコさに悲しくなります。

きっと本屋やインターネットなどで下調べをして行けば、
電車代以上の行く価値のある場所になるんでしょうが…

しかしその考え方もセコいなぁと思いながら
キーボードを叩いている僕です。


ちなみに稲はぐんぐんと約70cmにまで大きくなりました。

長塚
[PR]

by nkgfan | 2006-07-26 17:40 | Comments(0)

ラジオ体操

ただいま工場研修中でございます。

1ヶ月間の研修も、残すところあと1週間です。
毎日が新鮮で、知らない事ばかりなので、
あっという間という感じです。

工場では朝ラジオ体操をします。

私も参加させてもらっているのですが、
朝の体操は本当に気持ちが良いです。

普段ほとんど運動をしないので、
体操といえども、素晴らしい効力を実感しました。

些細なことですが、こうした積み重ねが日々の健康を
支えてくれるのだと感じました。

東京に戻ってからも続けていきたいです。

三澤
[PR]

by nkgfan | 2006-07-25 08:59 | Comments(0)

映像が綺麗になりました、200%増しくらい

私は自他共に認めるパソコン好きです。
パソコン周りのことであれば、少々ディープなことでも知っていたりします。
そのせいか、家電やAV機器についての造詣も深いとよく勘違いされ、
アドバイスを求められるのですが、こちらはさほど詳しくありません。

基本的にテレビは映れば良いし、冷蔵庫は冷えれば良い・・・そんな考え方の持ち主で
あるため、みなさんが普通に使いこなしている機能を全く知らないことも少なくありません。


私の部屋には液晶テレビがあります。
サイズが45インチあって、そこは家電音痴であっても迫力があることは、
素直に手放しで喜んでいるわけですが・・・。それを友人に見せたときのこと、

「これ、やたらと色がにじんでいるけど、
DVDプレーヤーとテレビはどうやって配線しているの?」

と質問され、赤・白・黄色のケーブル(正式名称を知りません)でつないでいる旨を
説明しました。すると、友人からは、致命的な間違いを犯していることを指摘され、
すぐにでもD端子ケーブルというものを購入することを薦められました。

休日。
早速、そのケーブルを購入し、部屋のDVDプレーヤーと液晶テレビをつないでみると・・・。

何と、これが同じものかというような映像が映し出されたではありませんか!
いやいや、結構な数のDVDを見ていたのですが、今までの映像はなんだったのでしょうか。
例えて言うなら、VHSを大画面に映し出して鑑賞していたようなものです。

昨夜はその美しい映像に魅入ってしまい、結局日付が変わるまで、
取っ替え引っ替え手持ちのDVDを見ていました。

取説は絶対に読まない人間でしたが、いささか反省を促されたエピソードでした。

経営企画室 西藤
[PR]

by nkgfan | 2006-07-24 08:06 | Comments(0)

梅雨が明けませんね

もう七月も終わりそうだというのにこの長雨

特に豪雨が続いている地域の方々は本当に大変だと思います。

今朝のテレビで言っていましたが、このような状態はこのまま地球温暖化が
進んだ場合の未来の梅雨の予想の天気と似ているんだそうです。

早くも温暖化の影響が出始めているんでしょうか・・・・

環境問題に敏感な我が社と致しましては、一刻も早く当社の商品を購入して戴いて
温暖化防止に役立てて欲しいと思います。

 
ただ私には会社員の他に、一家の大黒柱という大事な使命があります。

この使命の中の一つに「洗濯」という大事な仕事があるのです!

いや、この雨続きではほんとに乾かないですね・・・ 困ってしまいます。

昔は乾燥機も持っていたんですけれども、引っ越しの時に新しい家に入らなくて
捨ててしまって・・・

浴室乾燥なるものが一応付いているんですが、1回使ったらあまりのガス代にビックリして
それ以来ぜんぜん使っていません。

世間一般の『主夫』の為にも地球温暖化は防止しましょう。
洗濯物が増えるのは仕事が増えるのと同じくらい嫌なもんです。

あ、でも2.3日前に洗濯の話を誰かが書いていたような気が・・・・・・・・・


技術営業部 堀
[PR]

by nkgfan | 2006-07-22 09:35 | Comments(0)

整理と整列

昨日書きました、本の話の続きではないですが・・・。

最近は、ビジネス書のコーナーにも「整理整頓」のハウツー本が並んでいます。
整理整頓にもその道のプロがいるようで、彼らの創意工夫にはいろいろ驚かされますが、
私たち素人が陥りやすい間違いのひとつが、「整理=整列」だと思っていること。

もう少し具体的に書きますと、読み終わった雑誌が部屋中に散らばっているとして、
それを本棚に発刊順に並べることは整理ではないのですね。
それらの雑誌に資料的な価値があって、近いうちに参照する必要があっての整列なら、
これは充分「整理」です。

二度と読み返す気もないものを整列することは整理でもなんでもないのですが、
数字を小さい順に並べたり、アイウエオ順に整列する快感に負けてしまい、
人はついつい整理の本質から遠ざかってしまうのです。

何となく捨てられないという経験は、誰もが大なり小なり持っていると思います。

雑誌なんかはその典型ですが、輪ゴムなんかも一生かけてそれだけ使うのかと
いうような量が引き出しの奥に入っていたり、とっくにセールの終わっているチラシや
DMが後生大事に保管されていたり・・・。

整理の本質が廃棄である以上、買う際にはよくよく考えてみてから
購入するという姿勢が大事なのだと思います。

特に衝動買いは要注意です。
シンプルな生活を日々模索する私です。

経営企画室 西藤
[PR]

by nkgfan | 2006-07-21 15:20 | Comments(0)

洗濯と読書

以前暮らしていた部屋は、洗濯物をどうしても屋外で干さねばならず、
こうした天候不順な時期にはとても苦労していました。
たまの晴れ間には、外出することよりもまずは洗濯という、
何とも所帯じみた感覚で生活していました。

そこへいくと、今の部屋は室内で洗濯物を干せるので、
夕立の心配などもしなくて済むようになりました。

私がひとり暮らしをしてみてから気付いたことに、結構洗濯好きだということが挙げられます。
むしろ、汚れた衣類が溜まっているとイライラしてきて、精神衛生上とても良くないのです。

一方で室内はどうかというと・・・、

私は無類の本好きですので、書店でちょっとでも面白そうだなと思うと、
必ずその本は買うことにしています。

買うのは一瞬でも、読むのはどうしてもそれ以上に時間がかかります。
よって、部屋には未読の本がどんどん積み上げられていくことになり、自分が何を買ったのか買っていないのかの判断も覚束ないので、新刊以外は怖くて手が出せない状態です。

本好きは本に埋もれていてこそ至福ともいえますが、先述の通り、精神衛生上あまり
良くありません、特に私の場合は。

今神様がたったひとつ願いを叶えてくれるというのなら、是非とも速読の能力を授けて欲しい
今日この頃です・・・、本当に何か能力を授けてくれるのならもっと真剣に考えますが。

梅雨の合間の雑感でした。

経営企画室 西藤
[PR]

by nkgfan | 2006-07-20 10:46 | Comments(0)

三連休の京都

友人に誘われ、三連休で京都に行ってきました。

本来なら、日本三大祭りの祇園祭に参加することが
一番の目的であるはずなのですが、
今回は、どうしても三千院に行きたかったので
祇園祭は、おまけにしてみました。


何故、三千院に行きたいのか?
私にもよく分からないのですが、
あえて言うなら、三千院の雰囲気に
安心できるからでしょう。
東京にいては、なかなか感じられない気分になれます。
また、お庭にいる小僧がかわいいのです!
友人は、写真をみて怖いと言っていましたが、
本物は、ただかわいいのです。
e0004173_11244974.jpg


京都当日は、三千院に午前中に着きたかったので
東京6時5分発の新幹線に乗りました。

京都からは、バスで1時間ちょっとで着く予定だったのですが....
どうしてだか、間違えたバスに乗り
バスの車庫まで行ってしまいました。
その後も、何度もバスに乗り降りし、
地下鉄にも乗ってしまいました。

三千院に行くバスに乗れたのは、
京都に到着してから、2時間半後でした。
せっかく早起きしたのに、
私は何をしていたんだか。

でも、不思議に腹は立ちませんでした。
間違えたことも、楽しく感じられ
三千院に行けたことで、すっかり満足です。


拝観後、京都市内に戻り、あちらこちらを歩き回ったため
ヘトヘトになってしまいました。
フラフラしながら、祇園祭りの雰囲気を楽しみ
すごい人混みに、興奮してきました。
e0004173_11272878.jpg


社会人になって、体力が落ちたこともあって
今頃になって筋肉痛がきてしまいました。
適度な運動が必要ですね。

ということで、秋の連休にも京都進出します!

田中(美)
[PR]

by nkgfan | 2006-07-19 11:27 | Comments(1)

あの事件から早5年

今度『ユナイテッド93』という映画が公開されます。
グラウンド・ゼロという、本来、核爆弾の爆心地に用いる言葉が
すっかりお馴染みになった事件でした。

今やそのグラウンド・ゼロは綺麗に整備されてしまい、そこに100階を越えるビルが2棟も
建っていたことの面影はありません。
事件は2001年9月11日に発生しており、今度の9月11日がやって来ると、
早5年が過ぎた計算になります。

Dog Year、これも本来は情報技術の目覚ましい変化のスピードを表す用語でしたが、
私たちが日常から得られる時間感覚もこれに変わらなくなってきています。

あれだけの衝撃と悲惨さを目の当たりにした私たちは、すでにこれを忘却の
彼方に置き去りにしつつあります。
遠い国でのテロよりも、日本は今や隣国からいつミサイルを撃ち込まれても
おかしくない状況に一喜一憂している日々です(一喜はないかも知れませんが)。

本人の意志とは無関係に、歴史の1ページに刻まれてしまった人々に思いを馳せることで、
私たちに何か学び得るものはあるのでしょうか。

緊急事態に直面することでしか、人は理性をもって前に進めないのだとしたら、
それはとても悲しいことだと思います。

経営企画室 西藤
[PR]

by nkgfan | 2006-07-18 14:21 | Comments(0)

花火大会に行きました

7/16 横浜港の花火を見に行って来ました

毎年恒例のものですが実際に見に行くのは何年ぶりかわかりません
まだ若かりし頃に女の子と見に行って以来です

当日道路が混むだろうなと考えた私は7:30開始のところを4:00に家を出て向かいました

「これなら大丈夫に違いない!」

ところが現地には早く着いたのですが駐車場が全くない!

これは困った マズい・・・  妻の顔が引きつっています。

車で走る事なんと2時間  港の近くにホームセンターがあり4階建ての立体駐車場があります。

グットロケーション! 車の中から涼しく見ることがで出来、子供のトイレもあります

やったー  ここにしましょう!

花火が始まるととても綺麗でみんな大満足

ところがこの駐車場に気づいた他の人達が続々と入ってきて騒がしくなってきました

めんどくせーなー  せっかく俺が見つけたのにー

などと大変間抜けで高飛車なことを考えながら座っていました

で、8:30過ぎに花火が終わり、さあ、おうちへ帰ろうねと娘に話しかけ
ハンドルを握ってびっくり!

もう駐車場から出る事が出来ないほどの大渋滞・・・・・・

全く動きません  こりゃ家に帰るの何時になっちゃうんだろ

実際駐車場から出れたのは1時間半も経った後です

でもそこから家までは20分しかかからず、何とも言えない気分でした

やっぱり花火はのんびり行けるところの方が良いです


技術営業部 堀
[PR]

by nkgfan | 2006-07-18 12:03 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line