<   2006年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


非常のライセンス

英語検定があり、簿記検定があり、漢字検定があり、世界遺産検定があり、
そして今度江戸文化歴史検定というものが設けられました。

資格は、客観的な保証を与えるものとして、少なからず有用なものであることは認めます。

かくいう当社でも、ISO9001という「資格」を取得しています。

ですが、私は根っからの資格嫌い。

自分の実力を他人に保証してもらうという考えにいまいち馴染めません。

どうやったら落ちるのとさえいわれる「英検4級」すら、私は中学生のときに落ちました。

まあ、これは資格が嫌いとかいう問題ではなく、
私が刺激的に英語ができなかったというにすぎませんが・・・。

さて、江戸文化歴史検定ですが、その問題サンプルが一部ネットに出ていました。

「歌舞伎が始まった時間(時代ではありません)はいつ?」とか
「鬼平で有名な長谷川平蔵の年収は現代でいくら?」とかいったものです。

これだけみたら、「歴史」検定というより、「時代劇」検定のような感じもしますが。

資格好きの方、歴史好きの方、挑戦してみてはいかがですか?

経営企画室 西藤
[PR]

by nkgfan | 2006-10-31 11:20 | Comments(0)

新庄に思うスポーツの正しい楽しみ方

野球に興味がない私でも、新庄の活躍は耳に入ります。

半年前の引退宣言から、本当に北海度で優勝を決めた彼の
生き方は、掛け値なしにすばらしいと思います。

派手な演出をして、自分にプレッシャーをかける。
パフォーマンスたっぷりのスタイルは一部で非難されていたようですが、
実際に結果を出すことができる、それが新庄のすごいところ。

野球に興味のない私ですら、彼のプレイを楽しんで見ることができました。

球団が金銭問題で頭を悩ませている中、プロの選手として
お客さんに楽しんでもらう、スタンドをお客さんでいっぱいにしたい、
言葉で言う人は多いように思いますが、あそこまで行動で示した人物は
他にいないように思います。

そういう彼なりの努力やスタンスが、多くの人に感動を与えたのではないでしょうか。
(本当にスタンドをいっぱいにして、優勝しましたしね)

今年の高校野球が大いに盛り上がったのも、二人の投手を中心にした
試合そのものが素晴らしかったからでしょう。

野球に限らず、あらゆるスポーツで運営サイドと選手人との間で亀裂が
生じることがありますが、やはり選手たちがすばらしいプレイをする他は、
興行としての成功はあり得ないのではないでしょうか。

スポーツの秋。
予告編だけよくできた映画にならないように。
バックサイドのお金儲けだけにならないように。
大好きなフィギアスケートをはじめ、わくわくするプレイを期待しています。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-10-30 16:06 | Comments(0)

空の色

最近は空の色が濃くなってきましたね。
夕焼けも秋色になってきたようです。

夏の赤紫色の夕焼けにもよく見とれながら歩いておりました。
空気が汚れていると浮遊粉塵を反射して空は赤紫色に見えるそうです。
汚染のせいで美しいとは皮肉な話ではありますが。

だからというわけではありませんが、一番好きなのは雨上がりの夕焼けです。
この時期は哀愁漂う紅色になります。
空気がきれいだった頃の夕焼けはこのような色だったろうかと思いを馳せるこのごろです。

じきに乾燥の季節がやってきますね。

風邪が流行っているようですが、皆様お体にお気をつけ下さい。

赤澤
[PR]

by nkgfan | 2006-10-27 09:02 | Comments(0)

明け方の窓辺から

e0004173_16474250.jpg

今朝ふと窓の外に目をやると、大きな虹がかかっていました。
明け方まで降っていた小雨が、こんな綺麗な虹を残してくれたようです。

愛用のカメラを構えて2枚、3枚とシャッターを切ったところで、すーっと溶けるように消えていきました。
儚きは美しい。そんな言葉を久しぶりに思い出しました。


管理部 環
[PR]

by nkgfan | 2006-10-26 16:52 | Comments(0)

学生のみなさんへ

学生のみなさん、お待たせしました!
e0004173_16155676.jpg


08新卒採用サイトをオープンしました。
NKGの素敵な(!)先輩社員たちのインタビューもありますよ!

毎ナビと合わせて、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

また、以前にもお伝えしましたように
毎ナビにエントリーしていただいた学生さんには
メールマガジンをお届けしています。

このメルマガにも先輩社員からの熱いメッセージが。

個性溢れるNKGの魅力が少しでも伝えられればうれしいです。

みなさんのエントリー心よりお待ちしております!


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-10-25 16:16 | Comments(0)

いつからコートを着るのでしょう?

10/23の雨で気温がぐんと下がりました。

朝、家を出たとき「コート必要かなぁ」と考えましたが、
「この時期から着ていたんでは冬が越せない!」と思い直しました。

結局、自宅近くのバス停まで走って行ったのであっという間に暑くなりましたが…。

社会人になって1年目なので「冬」をまだ経験してした事が無いため
コートを着始める時期を窺いつつ、まん丸になって通勤する事を夢見ています。



コートってなんとなくウキウキしませんか?

長塚
[PR]

by nkgfan | 2006-10-24 11:18 | Comments(0)

ハイウェイ・スター

友人が車を買いました。

某ドイツ有名メーカーのものですが、その価格、なんと18万円。

もちろん中古車ではありますが、私はその価格を聞いたとき、配送用の軽自動車でも買うのかと思いました。

ドイツ車だと聞いたときは、東ドイツのトラバントかと思いました。

中古車屋さんにも、そんなお手頃価格(?)はそれ一台しかありません。

最初に助手席に座るのは、おそらく私。

エンストするのは構いませんが、高速道路を走行中にそうした事態になるのだけは避けてもらいたいものです。

フロントガラスにたくさんの人の手がべったり張り付くとか、バックミラーに髪の長い女性が映るとかいうのも願い下げです。

ドイツ車の頑丈さだけが、同乗するであろう私にとってのささやかな救いです。

経営企画室 西藤
[PR]

by nkgfan | 2006-10-23 10:55 | Comments(0)

ふじの山

先日、富士山の麓でキャンプと音楽を楽しんできました。

この時期に富士山でキャンプなんて非常識。
そうでしょう、そうでしょう。
でも楽しかったのです。とても。

チケット取るのに一苦労。
渋滞乗り切るのに一苦労。
と苦労を重ねてたどり着いた富士山は真っ赤に染まっておりました。

会場は足の踏み場もないほどギッシリとテントが詰まっていて、
そこはまるで難民キャンプ。
鳴り響く音楽は山々に共鳴し素敵な世界がありました。

笑って踊ってお酒飲んで。
富士山なんて見やしない。
でもいいのです。富士山が近い!それだけでお腹いっぱいになれた2日間でした。

三澤
[PR]

by nkgfan | 2006-10-20 16:01 | Comments(0)

風邪に注意しましょう!

不覚にも風邪を引いてしまったようで、
鼻水&鼻づまりと格闘し、鼻の皮が向けてきました。
昔は、脳みそが解けてる!なんて本気で考えたこともありますが、
いまでも、ふと、これはなんだろう???と思う瞬間があります。

おばあちゃん子の私は、風邪を引くと「カタクリ汁」(くず湯?)なるものを作ってもらいました。
病気でごはんが食べられないときに、カタクリ粉に砂糖を入れてお湯で溶いた
ものですが、関東出身のおばあちゃんの味は何でも濃くて、砂糖てんこ盛り。
激烈に甘いのです。でも、とても身体が温まり、気がつくと熱が下がっているという
状態でした。

(余談ですが、本来カタクリ粉はカタクリという植物を原料にしていましたが、現在市販されている「カタクリ粉」は、馬鈴薯のでんぷんから作られているそうです。どうにも気になって、先日調べたところでした)

普段健康な私にとって、風邪を引くというのはイベントのようなもので、
学校が休めるか休めないか、熱があるかどうか水銀の体温計が上がるのをじっと待ちます。
37度以上なら交渉の余地がありです。
今、自分が如何に辛い状況にあるか、力弱く親に訴えます。

学校を休んでよい、となると本当のお楽しみがやってきます。

キラキラ光る3連ゼリーが自分のものになるのです!!!

イチゴ、メロン、オレンジ味の3連ゼリーは、
いつも2つを兄に奪われていたため、全てが自分のものになるなんて夢のよう。


それが今ではカタクリ汁が玉子酒になり、3連ゼリーも姿を消して
しまいました…。

市販の薬もいろいろありますが、たまには焼いたネギを首に巻くとか、
民間療法も試したくなる今日この頃です。

営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-10-19 13:39 | Comments(0)

ちょっと贅沢

「r」のつく季節、つまりOctoberはカキが美味しいからと、
先日、人生初のオイスターバーに行って参りました。

カキを食べ続ける…それは一体どのようなものなのか???

メニューと言えば、
南オーストラリア産 1Piece 660円
タスマニア産 1Piece 660円
北海道産 1Piece 400円
  ・
  ・
  ・
オイスタープレート(7Piece) 3800円

という感じで、お寿司一カンに匹敵する価格。

でも、カキにきゅっと冷えた白ワイン。 最高ーーーーー!!!

南オーストラリア産のコフィンベイという、
小ぶりながらも甘みがあって、ミルキーな感じのカキがいちばん気に入りました。

しかし、しかしですね。
ひと口でつるつると、のどを通っていきます。
カキだけでお腹がいっぱいになるには、一体どれだけの量を食べればいいのでしょうか?
見当もつきません。

せっかくだからと、ウニゼリーのカクテルなんかも贅沢に頼みましたが、
正気に返って最後はシーフードライスで〆ました…。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-10-18 14:48 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line