<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧


ココロはブラック?

最近、電車に乗って思うことは、
黒、黒、黒。

冬になると、黒い服を着ている人がとても多く、
そう言う私も、今日は黒のセーターです。

で、唐突ですが、
アイエムドアさんのHPに掲載されている色彩心理学の一部をご紹介します。

■赤が気になる
エネルギッシュで心身に活力があり、全般的に前向きなやる気が出ている時。何か新しいことに挑戦してみようという時、難しいこと立ち向かわなければいけない時には有効。でも一方で攻撃的な状態であるともいえるので、攻撃性が過剰になりそうな時は緑や青を使って、冷静さ、客観性を補いましょう。

■青が気になる
とても理性的で、自分の感情をうまくコントロールできる時。心身の疲れも少なく、安らいだ状態に近いかもしれません。でもあまり理性的になり過ぎると、本音を正直に言えなかったり、理屈の通らないことは許せなかったり…それでストレスが溜まりそうになったら、少し赤やオレンジで気持ちを和らげて。 
 
■黄色が気になる
周囲の人と明るいコミュニケーションがとれる開放的な状態。新しい人脈づくり、交際を広げるチャンスの時。新しいアイディアを考えるのにもいい時かもしれません。ただ面倒なこと、困難なことは避けたいという逃避的な面もあります。そんな時は茶色を使って堅実性を補ってください。

■緑が気になる
優しく穏やかな気持ちで、何事も平和に解決できる安定した状態です。同時に悩み事の相談にのってあげたり、助けてあげた時には心から感謝してもらいたい、という心の充足感が欲しい時でもあります。睡眠不足など少し身体が疲れている時も、緑が気になることもあるので、疲れを感じたらゆっくり休養をとりましょう。 


■グレーが気になる
少し神経質になって気持ちが不安定な時かもしれません。何事にも消極的な気分の時。しかし反面、自分の意志や欲求を除外して、何事をも受け入れられる忍耐力のある時期ともいえます。自分を抑えて我慢し過ぎないように、黄色やオレンジで弱音を言える友人を探したり、赤で気分を盛り上げましょう。

■黒が気になる
周囲から強く見られたい、威厳を保ちたいという意志の働いている時。内面に秘めた弱さを人に悟られたくないという気持ちもあるかもしれません。また今苦境にあるとしたら、その状態から何とか抜け出たいという強い意志、可能性を秘めています。黒は不屈の精神、根性、自信を与えてくれる色です。

■白が気になる
心身が浄化され、素直で明るい心の状態。強い誠実さ、潔癖性を求めている状態でもあります。しかし、困難な事に自らの考えで立ち向かわずに、自分で考えることを放棄してしまっている時も白が気になります。そう感じた時は、赤で困難に立ち向かう意欲、黒で何事からも逃げない強い意志を補いましょう。


ドアメーカーさんのサイトですが、
インテリアにカラー心理を取り入れる発想も面白いと思います。

確かに、家具やファッションに取り入れる色によって、
自分の気持ちも変わりますし、相手に与える印象もずいぶん変わりますよね。

これから忙しくなる方は、カラーセラピーを取り入れて
年末年始を乗り切ってはいかがでしょうか。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-11-30 16:33 | Comments(0)

商売繁盛の町 兜町

会社案内やHPのリニューアルなどで、
自社の住所を何度も確認しますが
「兜町」ってしみじみ変わった名前だなぁと
気にかかり、ちょっと調べてみました。

兜町という名称の由来は、日本橋兜町1丁目の兜神社にある
「兜岩(かぶといわ)」に由来しているそうですが、
この兜岩、3つの伝説なるものが存在します。

伝説その1
源義家が奥州征伐の時にこの付近で暴風に出会い、鎧を沈めて竜神に祈って無事を得え、
その帰途に近くに塚を築いて、鎧を埋めて神を祭ったことから兜岩と呼ばれるようになったと
いう説。

伝説その2
源義家が東征する際に、兜を岩にかけて戦勝を祈願したことからこの岩を兜岩と呼んだと
いう説。

伝説その3
藤原秀郷(ふじわらのひでさと)が将門の首を打ち、兜と一緒にこの地に持って帰り、
兜だけを埋めて塚を築き、兜山からそう呼ぶようになったという説。

確かな文献がないので、どれが正解というものではありませんが、
兜神社には、大黒様と恵比寿様が祀られています。
商売の神様たちが、NKGをはじめ兜町の会社を守っているんですね。


ちなみに、会社のすぐ近くにある坂本小学校は歴史も古く、
文豪谷崎潤一郎が卒業しています。

地名には歴史が付き物。
気になる地名を調べてみると、意外な事実がわかったりして
面白いかもしれません。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-11-29 14:10 | Comments(0)

不思議発見

以前、このブログでgoogle earthが紹介されました。

僕も早速ダウンロードし、いざ空中散歩へ!

いろいろなところを飛び回っていると
おかしなものを発見しました。

それは東京ディズニーシーでのこと。
上から覗いてみるとテーマパーク内の中央に長い道路が1本。

??と思いディズニーシーのサイトを見たり
言ったときのことを思い出したりしましたが
そんなものはありませんでした。

気になってしまうと止まらないのでいろいろ調べてみたら
その道路はどうやらテーマパーク内のレストランへ食材を運ぶための道路だそうです。

その道路が見えないように建物や壁、木などでうまく隠しています。

確かにパークに食材を運ぶトラックが走っていたらと思うと興醒めですよね。

陰の努力と言うのでしょうか。
見えないところに気を遣うお客様への配慮にとても感心しました。

↓はgoogle MAP版のディズニーシー上空です。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF8&oe=UTF-8&om=1&z=18&ll=35.626843,139.883876&spn=0.002093,0.005407&t=k&iwloc=A

長塚
[PR]

by nkgfan | 2006-11-28 13:45 | Comments(0)

日本の首相も奥様のほうが人気があるようで・・・

フランス大統領選における社会党公認候補が決定したようです。

セゴレーヌ・ロワイヤルさん。

この方が大統領になると「ロワイヤル大統領」、
・・・何だか分かりませんが、とにかく凄そうです。

イギリスには、「鉄の女」と称されたサッチャー首相がいました。

ウクライナには、「ウクライナのジャンヌ・ダルク」と称された
ユリア・ティモシェンコ首相がいました。

アメリカには、今もって現役でライス国務長官がいます。

私の感覚的な理解で申し訳ないですが、政治家というのは、
とにかく体力勝負みたいなところがあるように思います。

「夜討ち朝駆け」などという言葉も、
政治家と彼らを取材する政治記者のためにあるような言葉です。

ですから、政界というのは自然と体力に自信のある男性たちによって
占められてしまう傾向があるのでしょう。

しかし、「社会」というのは、男性と女性によって成り立っているもの。

女性的な感覚と男性的な感覚の釣り合いが取れてこそ
見いだせる政治の「何か」があるように思います。

セゴレーヌ・ロワイヤルさんが大統領になると、
フランス史上初の女性大統領。

成り行きを見守ってみたいと思います。

経営企画室 西藤
[PR]

by nkgfan | 2006-11-27 11:21 | Comments(0)

最後の晩餐

「うなぎって、どう思います?」
どう思うかって…
にょろにょろ???

さて、そんな質問から始まった、後輩Kさんとの食べ物の話。
人生最後に食べたい物は?という質問に
「てんぷらそば」と答えたら、もう少し歯ごたえのあるものにしてください。
と指摘され、「野菜チップ」と言ったら、口の中で飛び散るという理由で
却下されてしまいました。

ちなみに後輩Kさんの人生最後の食べ物は「スナギモ」だそうです。
これは歯ごたえありそうです。

友人ふたりに聞いたら「デメルのザッハトルテ」と「卵かけごはん」という回答が
帰ってきました。

最後の晩餐、歯ごたえのあるものを選ばなくてはなりません。

「人生最後の…」とまでは言いませんが、
何食べたい?と聞かれて、何でもいいです、というのは
失礼のような気がします(もちろん場合にもよりますが)。
誘う立場としては、3回に1度程度でよいので、○○食べたい、
と意思表示をしてもらったほうが私はうれしいのですが
みなさんはいかがでしょうか。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-11-24 16:09 | Comments(0)

今日はなんの日

11月22日。
いい夫婦の日、ボタンの日、大工さんの日…。
世の中には、いろいろな記念日があるようですが、
今日は、NKGの創立記念日なのです。

1973年11月22日に産声を上げてから33年が過ぎました。

社長とわずかな社員で始めたNKGは、多くのお客様に支えられ、
今では100名を越える従業員と、自社工場を3拠点持つようになりました。

10周年を迎えることなく終える会社が多い中、
会社をここまで支えてきた大先輩方の偉大さに頭が下がる思いです。


ところで、この1973年はどのような年だったのでしょうか。
ちょっと振り返ってみましょう。


■物価
郵便:封書20円 はがき10円
交通:都バス40円(1月)
飲食:牛乳32円(2月11日、全国一律値上げ)、ビール160円(10月)、かけそば150円
雑誌:「週刊朝日」120円(11月)
新聞購読料:朝日新聞朝夕刊セット月決め1100円(7月 )
初任給:大卒 6万3499円

■ベストセラー
日本沈没上・下(小松左京)[光文社カッパブックス]
ぐうたら人間学(遠藤周作)[講談社]
にんにく健康法(渡辺正)[光文社カッパブックス]
華麗なる一族 上・中・下(山崎豊子)
国盗り物語 前・後(司馬遼太郎)
恍惚の人(有吉佐和子)
怪物商法(糸山英太郎)[ベストセラーズ]
ぐうたら愛情学(遠藤周作)[講談社]
ぐうたら交友録(遠藤周作)[講談社]
無影燈(渡辺淳一)

■話題の映画
○邦画
津軽じょんがら節[監督]斎藤耕一、[出演]江波杏子
ゴジラ対メガロ
仁義なき戦い[東映][監督]深作欣二
恍惚の人 [原作]有吉佐和子、[出演]森繁久弥
男はつらいよ・寅次郎忘れな草(松竹、8月4日封切)
日本沈没 (東宝、12月29日封切) [原作] 小松左京
同棲時代・今日子と次郎[松竹][出演]由美かおる
朝やけの詩[東宝][出演]関根恵子、北大路欣也

○洋画
スティング[米] アカデミー賞 [出演] ポール・ニューマン
007 死ぬのは奴らだ LIVE AND LET DIE[英]
エクソシスト
燃えよドラゴン Enter the Dragon(龍争虎闘) [米+香港] [出演] ブルース・リー
最後の猿の惑星(原題:BATTLE FOR THE PLANET OF THE APES)[米]

■スポーツ
○プロ野球
セ・リーグ優勝 読売ジャイアンツ
パ・リーグ優勝 南海ホークス
日本シリーズ優勝 読売ジャイアンツ (4勝1敗) この優勝で読売ジャイアンツはV9を達成
○大相撲(幕内最高優勝)
初場所 琴櫻傑將
春場所 北の富士勝昭
夏場所 輪島大士
名古屋場所 琴櫻傑將
秋場所 輪島大士
九州場所 輪島大士

■テレビ・漫画
大河ドラマ 「国盗り物語」出演:平幹二朗、高橋英樹、近藤正臣
ひらけ!ポンキッキ、放送開始。
ブラック・ジャック、週刊少年チャンピオンにて連載開始

■ヒット曲
狙いうち(山本リンダ)
神田川 (かぐや姫)
心の旅(チューリップ)
夢の中へ(井上陽水)
学生街の喫茶店 (ガロ)
赤い風船(浅田美代子)
てんとう虫のサンバ(チェリッシュ)
赤とんぼの唄(あのねのね)


■流行のことば
「うちのカミさんがね」 …「刑事コロンボ」で、コロンボ刑事の口癖
「省エネ」…省エネルギーの略。企業への石油電力供給が制限され、街のネオンは消え、テレビの放送時間も短縮された。
「する」【名詞+する】 …パイプのCM「タバコする」から、「お茶する」「映画する」「ホテルする」など「名詞+する」の形が盛んに使われるようになった
「せまい日本、そんなにいそいでどこへ行く」 …1972年に選ばれた交通安全標語
「ちょっとだけよ」「あんたも好きネ」 …「8時だよ!全員集合」の加藤茶のセリフ
「これにて一件落着」 …テレビ時代劇「遠山の金さん捕物帳」のセリフ


なんだか、懐かしいなと思うものが結構ありますね。
私も歳をとったということでしょうか(涙)。

営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-11-22 13:35 | Comments(0)

塩鍋


お鍋の季節ですね。
先述のモツ鍋も好きですが、私は塩鍋が大好きです。
去年、友人のお母様に教えて頂いた鍋なのですけど、
作り方はとても簡単なのに大変おいしいのです。

お母様曰く、
塩鍋は昔々の中国でまだ塩が貴重な時代に、
手に入った塩を大切に味わうために出来た鍋だそうです。
嘘か本当かは知りませんが、そんな話を聞くと塩を大切に食べてみたくなります。

作り方は、乾燥しいたけの戻したモノとその汁を沸かして、
鶏肉を入れます。
その後、白菜やねぎ、春雨なんかを入れて待つだけ。
仕上げにゴマ油を垂らせば出来上がりです。

塩は?
と皆さん思うでしょう。

塩は食べる直前に使うのです。
お出汁を器に入れて、塩を少々。一味を少々。
自分だけの「たれ」を作ります。
そこに白菜やお肉を入れて頂きます。
これがとってもおいしい。
シンプルなのに、シンプルだからおいしいのでしょうか。

ここでメインはやっぱり塩。
瀬戸内の塩や能登の塩、ヒマラヤの岩塩などなど。
普段はなんでも良いと思ってしまう塩を選んでみるのも楽しいひと時です。

三澤
[PR]

by nkgfan | 2006-11-21 14:08 | Comments(0)

食という文字は人を良くすると読める

【地産地消】

地域生産地域消費の略で、簡単に言うと、

「その土地で作ったものを、その土地で消費すること」

100年も前は物流が今ほど発達していませんから、ほとんどの農産物・水産物というのは、
その土地で消費せざるを得ませんでした。

ですが、ロジスティクスが整備されるに従い、国内はおろか、世界中のものが家庭で口に
できるようになりました。

自宅のダイニングで、近江のフナ寿司に舌鼓を打ちながら、サン・ジュリアンのワインを満たしたグラスを傾け、バルセロナのオリオール・バラゲのチョコレートをデザートに食す・・・そりゃ、確かに楽しいでしょう。

ですが、その食べ物が生まれるには、生まれるだけの地域事情や環境事情があった
はずで、そうしたプロセスは全く伝わってはきません。

人間が環境に適応して、肌の色が白くなったり黒くなったり、鼻の高さが低くなったり高くなったりしたように、料理・食べ物にもその土地々々で生きていく上で必要な知恵が詰められているはずだと思います。

体を動かすだけならファースト・フードでも構いませんが、「人はパンのみにて生くるにあらず」と言ったのはマタイだったか・・・。

「その土地で作ったものを、その土地で消費すること」

そんな当たり前のことを、難しい(?)熟語にしなくてはならないことに、今の時代の有り様が透けて見える気がします。



ちなみにタイトルは、イトーヨーカ堂名誉会長の言葉です。

経営企画室 西藤
[PR]

by nkgfan | 2006-11-20 11:36 | Comments(0)

もつ鍋、再び

先日もつ鍋について語りましたが、

やっぱり来てます、もつ鍋。

12月の某日に、友人たちと忘年会を計画し、
銀座&新橋界隈にあるもつ鍋屋さんに予約を入れてもらったところ、
5件電話して、全て予約済みとのことでした。

おそるべし、もつ鍋。

そんな状態になると、意地でも食べたくなる性分なので、
是が非でも予約をとるように、幹事に依頼。
舞台は新宿方面に移りそうですが、果たして夢のもつ鍋パーティーは
かなうのでしょうか。

どなたかいい店あったら教えてください。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-11-17 15:15 | Comments(0)

音楽の効果

今朝、初めて息が白くなりました。
もう、冬の気配がします。

さて、小学校の朝礼でもよく流れていたように思いますが、
モーツァルトの音楽を聴くと頭が良くなる、ということを聞いたことは
ありませんか。

日常会話で耳にする周波数は約125から1500ヘルツと言われていますが、
モーツァルトの音楽は生体機能に刺激を与える高周波、3500ヘルツ以上の
高周波を豊富に含んでいて、この高周波音がせき髄から脳にかけての神経系を
効果的に刺激し、その結果生体機能に良い影響を及ぼすそうです。

また、妊娠中の女性の心を落ちつかせるほか、胎児にも大変良い影響を与える
ということで、胎教用にモーツァルトの曲を集めた「マタニティ・モーツァルト」なるものが
発売されています。

友人の会社では、午前中はモーツァルトをかけて仕事をするというのが決まりだそうです。

確かに、音や音楽によって、リラックスしたり緊張したりするものです。

でも、でもですね、
好みや精神状態もそれぞれですから、モーツァルト=脳にいい=この音楽聴きなさい、
というのはいささか乱暴のような気がします。
ヘビメタを聴いてやる気が出る人、演歌を聞いて元気が出る人いろいろです。
科学的に音楽療法の効果が証明されて、医療現場に役立つのは賛成ですが、
音楽はあくまでも嗜好品であってほしいな、と思います。

もちろんモーツァルトも好きですよ。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2006-11-16 14:47 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line