<   2007年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


コーヒーと花

日本橋高島屋のすぐそばに
コーヒー屋さんとお花屋さんが一緒になったお店があります。
コーヒーはもちろんおいしいし、
お花はとても可愛らしくて、店内もなんだかいい雰囲気。
私には背の高すぎるイスに座ってのんびりとしてしまいました。
コーヒーを飲んでいると、
ほかのコーヒー屋さんには無いあることに気がつきました。

花の香りです。

お店の扉が開くたび風に乗って花のいい香りが漂います。
花の香りとコーヒーの香り。
コーヒーと花って合うもんだなぁなんて思いながら外に出ると、
桜が咲いていました。

桜とお酒・・・

合うんだなぁ。

日本人は素敵な生き物です。

三澤
[PR]

by nkgfan | 2007-03-30 13:11 | Comments(0)

クリーニング店でDVDを売る方法

先日新聞で面白い記事を見つけました。

商店街にあるクリーニング店でDVDを販売しているという内容でしたが、
この販売方法がとてもユニーク。

パッケージを袋に入れて、何が入っているか分からない状態で売るのです。
もちろんあやしい内容のものではありませんよ。

ただパッケージに
「主人公のひたむきな生き方に感動しました。ぜひご夫婦で観てください」
などと簡単なコメントが書かれています。
本屋さんでよく見かける手書きPOPのようなものですね。

衣服の出し入れをするわずかな合間に、
お客さんはつい手にとってしまうそうです。
もちろんDVDは定価で販売しているのですが
売れているんです、これが。


この記事を読みまして、このクリーニング店の主人は
商売上手な方だなぁ、とつくづく感心させられました。

クリーニング店でDVDを売るという発想もさることながら
「どうすれば売れるのか」という商売の根底にある考え方が
素晴らしいと思います。


昔、マーケティングなんかをやっていますと
「なぜ売れないか」という視点を軸に、売上打開策を論じる場面に出くわします。
上手くいっていない商売になればなるほど「売れない理由」を列挙し、
立地が悪いのではないか、いやいや製品の価格が高すぎるのではないか…
などとマイナス要因が積み上げられ、ではこれからどのように改善すればいいのか、
という場になると、駅前は家賃が高いからとか、値引きをすると利益が…と問題の
堂々めぐりになってしまうのです。

この時点で「売る」という思考はなくなっていて「売れない」という思い込みが深く浸透して
いますから、抜本的な解決策など出るはずもありません。


もちろん商売に限ったことではなく
私も学生さんを対象にした会社説明会をするときに
「どうすれば送風機メーカーの魅力を伝えられるか」と考えます。

見たことがない、見本がない、言葉が難しいなど
「伝えられない理由」を挙げるのは簡単です。

「ではどうしたら伝えられるのか」

桜を眺めながら、早くも来期の採用活動に思いを馳せる今日このごろです。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-03-29 16:56 | Comments(0)

ぼうそう、ちば

最近、愛する故郷千葉にあるブームが起こっています。
ロゴ&キャラクターブームです。


まず、昨年千葉県のロゴができました!
まんま「ちば」です…。
(写真をご参照ください)

千葉県出身の仲條正義さんという著名なグラフィック・デザイナーによるもので、
このロゴからは想像できませんが、資生堂企業文化誌「花椿」アートディレクションや
資生堂パーラーロゴタイプ、パッケージデザインなどを手がけています。


そしてJR「Suica」のペンギンで有名な坂崎千春さんのデザインで、
2010年千葉県で開催される国体のマスコット「チーバくん」が誕生しました。
赤い生物です。
ちなみに坂崎さんは千葉県市川市のご出身です。


これだけに留まらないのがぼうそうたる所以でしょうか。

ついに「ちば犬」が発見されました!
こちらは黄色い生物です。ちば犬は「ちば環境再生基金」の公式キャラクターで、
2002年千葉県生まれ。性別はなく、好きな花は菜の花で、得意なことは
「県民の優しい気持ちを応援すること」だそうです。




江戸川を越えるとそこは魔境?

なぜか、スティーブン・キングの小説『シャイニング』が頭をよぎりました。


千葉県に生まれ育って三十余年。

確かに「ちば」を愛しています。
海の幸いっぱいの房総半島も素晴らしいと思います。

でも、それらが謎の生命体となって大暴れするとは誰も想像がつきませんでした。

ここまで来れば怖いものなしです。
千葉魚人でも千葉賢人でも何でも来い、です。


ようこそ、未知の生物が集う千葉へ―。




くれぐれも夕張のようなことにはならないでくださいね。
千葉県民のささやかな願いです。

e0004173_11195092.jpg



営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-03-28 11:27 | Comments(0)

趣味の時間

私の趣味と言えば、散歩!です。

なんだか、趣味と言っていいのか分かりませんが、
好きなのだから、しょうがないのです。


この前の日曜日にも、我が一眼レフをつれて近所の植物公園に行ってきました。

雨が止んで、16時前だったせいか、広い公園にほとんど人がいませんでした。
人が多いと気になってしまい、落ち着けないのですが
この時は、最高の散歩になりました。
平日は仕事をしているからこそ、休日の自分の時間が楽しいのでしょうね。

せっかく、カメラを持参したの自分一人の為のような公園と、
大好きな睡蓮に興奮してしまい、 一枚も写真を撮らずに帰宅してしまいました。

次回は、是非皆さんに私の腕前を披露させて頂きたいなと思ってます。
(しかし、期待はしない方がいいです。)

花粉症の辛い季節ですが、爽やかな春を楽しみましょう!

田中(美)
[PR]

by nkgfan | 2007-03-27 14:03 | Comments(0)

まだまだ子供ですな

我が社のようなメーカーは商談が成立すると図面のやり取りが発生します。



これが結構な量になってなかなか大変です。

ものによって量は変わりますが、難しいファンほど書類が増える傾向にあります。




整理整頓をしていないと末期症状です。


私はもともといい加減な方なので、特に気を付けるようにしています。




そう言えば就職活動をしていた時に、書類整理で失敗した事がありまして

某大手銀行に提出しなければいけなかった自己PR書類を

某大手百貨店に提出した事があります。



その日は午前中に百貨店、午後に銀行の面接があり

たまたま両方持っていて確認もロクにせず思いこみで出してしまいました。



その時の面接官に

「君は金融知識をPRしたいようだがうちは百貨店なんだよね」

と言われるまで全く気付かずにいました。



言われて「あちゃ~」と思ったんですが、素直に謝って交換してもらいました。



新しく出したPR書類には自分がやりたい店舗について

長々と論じてあります。



「で、どっちが本当の君なの?」

ときかれました。



さあ困った。 うそを付いても突っ込まれるだけだろうしな・・・・・



悩んだ結果は「どちらも本当の自分です。」でした。



「なぜ?」ときかれましたので

「やりたい事は沢山あります。

それを一つに絞るようなことはまだ出来ません。

ただ百貨店でしたい事はPRの通りです。

それを御社で実現したいので他の百貨店は受けていません。

私は行きたい業界ではなく行きたい会社を受けています。」

と答えたところ、

「へぇ・・・・ 目標がはっきりしていないんだね」

と言われて謝ったことを思い出しました。

(ちなみにこの面接は合格しました。 なんでだろ・・・)



未だに明確な一つの目標を持つなんて難しいです。

でも、自分の可能性を色々試してみたいという気持ちは変わりません。



白髪が増えても気持ちは若く居たいなぁと思いますね。


技術営業部 堀
[PR]

by nkgfan | 2007-03-26 17:28 | Comments(0)

サンマー麺

サンマー麺たるラーメンが

神奈川県特有の食べ物であるとご存じですか?



私がこのサンマー麺を知ったのは、つい最近。

「NIKKEIMAGAZINE」の中の「東海道に食の境界線発見」という記事です。



サンマー麺のような地域独特の食べ物の境界線を、

この記者は実際に歩いて探しているのだそうです。




関西では「肉」といえば牛肉で関東は豚肉、

その位の話はよく聞くものの、こうした境界線を本気で探している人が居るなんて!

と関心していたら、偶然ラジオでその記者がゲストとして出演していました。



番組はクイズ形式で、

ゲストの質問に出演者が答えるのですが、その記者の質問がまた粋。

「浜松市内のスーパーの総菜コーナーであるモノに青のりがかかっているのを見て

『青のり文化圏』に入ったと感じました。

さてそれは何でしょう?」(至って真剣に聞いているのが面白い。)



答えは「コロッケ」

何やらそのスーパーでは、天ぷらは勿論、ハンバーグやコロッケにも

青のりがかかっていたとのこと。

私の好奇心のツボを刺激するこの記者の動向に、今後も注目していくつもりです。
[PR]

by nkgfan | 2007-03-23 13:25 | Comments(0)

桜の季節

ついに桜の開花宣言がでましたね。
それに合わせて、ブログの写真も春っぽく変えてみました。
写真は白河工場で、昨年の春の様子です。

今週末あたり、東京の各公園では昼夜宴が催されることでしょう。
管理が行き届いた整然とした公園の花見も良いのですが
カオスのような上野公園の賑わいにも心惹かれるものがあります。

「桜を見て狂う―」、まさに日本人の心意気ということでしょうか。
それにしても夜桜見物で風邪など引かないように気をつけてください。


本社では間もなく入社してくる新卒さんを迎える準備に余念がありません。

机の入れ替え、パソコンの新調など、着々と準備を整えています。
これまでパーティーションで仕切られた空間がフラットになり
スペースが広くなったような気がします。
入社するみなさん、お楽しみに!

それから悲しいことが2つ。

会社近くのお弁当屋さんに長期休暇の張り紙が。


そしてもう一つ。
それは普段テレビドラマなどほとんど見ない私が唯一楽しみにしていた
『相棒』が終わってしまったことです。

水谷豊の代わり映えのしない演技にホッとし、心癒されましたが
まことに残念です・・


そう言えば、昨日となりで上司と昨年の新卒が近藤正臣について話していましたが
今の若い世代は、近藤さんのことはご存じないようで、内心私もショックでした。

近藤さんは、足でピアノを弾く、スゴイ人なんですよ。



それはともかく春は別れと出会いの季節。

会社にとっても良い出会いがありますように!


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-03-22 19:08 | Comments(0)

流行り廃り

世の中いつも流行り廃りはあるもんです。

昔は私も敏感に反応し流行を追いかけた時期があります。



ところが最近はめっきりそんな気力も無くなり

すっかりマイペースになってしまいました。



最近流行っているものってなんなんだろ・・・・?

みんなは休みの日とか何してんだろ・・・・?

いろいろ考えます。



で、この前ちょこっと思ったのがスキー人気の下落です。

最近はもうスキーなんてやらないんでしょうね。

私の世代はちょうど大学生の頃に

「私をスキーに連れてって」という何ともバブリーな映画が

大流行しこぞってスキーをしていました。



スキー場に行く道路は大渋滞。

ゲレンデに行ってもリフト1時間待ちは当たり前。

苗場プリンスなんて半年前から予約しないと

泊まれないなんていうアンビリーバブルな世の中でした。

(関越道で渋滞100kmなんて時もありました)



今じゃ潰れるスキー場が増えた上に今年は雪不足。

関係者各位の苦労が忍ばれます。



でもスキーをする人間にとっては空いてて嬉しいですけどね。



うちの会社の若者達はウインタースポーツやるのかな・・・

就職活動中の学生さんはどうなんでしょう?

技術営業部 堀
[PR]

by nkgfan | 2007-03-20 16:22 | Comments(0)

桜前線

日本人ほど桜を愛する民族はないと思いますが
やはり楽しみです、開花宣言。
これがあると、春が来たんだなぁとしみじみ感じます。

e0004173_13451912.jpg

        (↑画像は3月14日の気象庁予報)

週末、東京では風が強かったものの明日か明後日には開花宣言が発表されそうな気配。
ちなみに富士工場のある静岡は、21日以降の開花予想になっていました。
白河工場付近は4月20日以降の予想でしたので
東京とは1ヶ月程度の時差があるのですね。

さて、
桜の開花に向けて、そろそろ冬のコートをしまわなくてはなりません。

毎年、ダウンコートをクリーニングに出すべきか手洗いすべきか悩みます。
近頃「ホームクリーニング」なる手法の洗剤を見かけますがどうなのでしょう?

ダウンコートの洗濯方法も説明されていますが洗濯機に放り込む勇気が湧きません。

で、思い切って母親のコートを放り込んでみました。

脱水機から出てきたそれは、洗った犬のように小さく丸くなっていました。

あせった私は、乾燥機へGO!
説明書に「陰干し」なんて書いてありますがそんな悠長なことはしていられません。

途中まで乾燥機で乾かして、後は部屋干しにした結果
まあなんとかなりました。

が、

やっぱり自分のコートはちょっと迷います。

営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-03-19 14:02 | Comments(0)

タイムスリップ

週末の休日を利用して、大学時代にやっていた、部活の合宿に参加しました。


昼に基礎練習、夜に練習試合と、現役の学生と本気で練習。

体力の衰えのせいで、何度も立ち暗みをしてフラフラになってしまいました。



しかし夜になると、やけにテンションが上がり、

社会人とは思えないくらいはしゃいで、学生時代にタイムスリップしたようになりましたが、

次の日、朝6時半から山道をランニングして動きづらい体を実感すると、

思わずタクシーに乗りたい気持ちになり、再び現実に戻されました。



全身筋肉痛になりましたが、

練習時間も本当に楽しかったので、最高の休日になりました。

田村
[PR]

by nkgfan | 2007-03-16 13:42 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line