<   2008年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


親族

こんにちは技術部 橋本です。


先週の話になってしまいますが、実家で法事を執り行いました。

親戚一同で30名ほど集まったのですが

並んでいる所をみると、似たような顔立ち、背丈、体格で

血とは、まったくもって不思議です。

そして法事は無事に終わり、みんなでお酒を飲んでいたら

これまた、みんな揃って酒好き。自分も例外ではありませんでした…

最近、親族との繋がりを感じづらくなったような気がします。

地元を離れてしまって、頻繁に会っていないから当たり前ではあるのですが

近いようで遠い存在といったところでしょうか。

遠くにいるからこそ、大切にしたいものです。
[PR]

by nkgfan | 2008-05-30 13:29 | □社員コラム | Comments(0)

ソフトバレー<第2弾>

こんにちは。管理部 採用担当の中村です。

前回もソフトバレーネタでしたが、今回もこのネタで行こうと思います。

今までのソフトバレー人生の中で一番力を入れている今ですが、
「それにしても・・凄い!」と思うことが最近ありました。

5月6月7月の3ヶ月間で試合数がなんと・・“7試合”もあるんです!
これは約2週間に1回は大会に出ていることになります。
今までの人生の中でもこんなことはありません。
今日の段階で既にこの内の2試合が終わっていますがひとつは
“優勝”することが出来ました!!


とっても充実した休日を過ごしている今ですが、体を壊さないよう工夫していることがあります。皆さんもやっているかもしれませんが“朝のストレッチ”です。歯を磨きながら、そして着替えながらと“ながらストレッチ”ですが、これをするのとしないのとでは全然違います(と思います・・)。

朝簡単なもので良いので皆さんもやってみては? とっても気持ち良いですよ!
[PR]

by nkgfan | 2008-05-29 09:13 | □社員コラム | Comments(0)

台湾からのお客様

技術営業部の竹沢です。

5月6日から9日まで3泊4日で台湾からお客様が来ました。

成田空港まで迎えに行き、そのまま新白河へ行きました。
その日は、新白河駅付近にあるサンルートホテルに滞在し、翌日の立会テストに備えました。実は私、初の泊まりがけの出張で、とても貴重な経験が出来ました。

e0004173_1044370.jpg

翌日の立会も無事に終了し、東京へ戻り、常務・海外チームとお客様の計7人で食事会。
お料理もとても美味しく、話も盛り上がり、お客様の恋愛エピソードや結婚の話題などなど、かなり砕けたお話を聞くことが出来ました。

翌日は、富士工場へ案内し、熱心に工場見学を行っていました。
天気が良く富士山も見えお客様は満足したようでした。その後、東京に戻り、お客様は上野でのショッピングを楽しんだようです。
美味しい物を沢山食べ、お土産も沢山買い、終始ご機嫌なビジネストリップだったようです。
良かった!
[PR]

by nkgfan | 2008-05-28 10:44 | □仕事“風”景 | Comments(0)

健康体を目指して

こんにちは。07入社技術部の都筑です。

数週間前までは花粉症対策のために甜茶を毎日飲んでいました。
甜茶を飲み始めた頃はあまりの甘さに買ったことを後悔しましたが、
徐々にその味に慣れていきました。

甜茶を飲み終え、花粉症のシーズンが過ぎてからは熊笹茶を飲むようにしています。

ただ、甜茶から熊笹茶に切り替えたばかりのときは味気なさに驚きました。
それだけ甜茶の甘さが強烈だったのです。
そのうちに舌が慣れてきて、熊笹茶は緑茶より苦味が少なくて飲みやすいと思うようになりました。


熊笹茶を飲み終えたら、別のお茶を試してみようと考え中です。
何かお勧めの飲み物がありましたら、教えて下さい!
[PR]

by nkgfan | 2008-05-27 09:04 | □社員コラム | Comments(0)

若者言葉

07年入社の齋木です。

近頃の若者言葉は複雑の一途を辿っているかのように思います。
しかし、今時の若者は文章をさもイニシャルトークかのようにアルファベット数文字で
表わしているのには大きく疑問を感じます。

例えば、「KY」なる言葉。

現代っ子なら100%の人が「空気読めない」と読むでしょう。
でも、私はこの手のアルファベットによる文章の省略を知ったのがとても遅かったので
「KY」=「空気読めない」という認識で頭に入っていません。


なぜなら「KY」には別の意味があるからです。

仕事柄お客さんの工場に行く機会が多いのですが、工場内で作業を行う際に
安全講習を受けることがあります。その際に「KY」は出てくるのです。


工場では「KY」=「危険予知」となります。

「危険予知」という言葉が先に頭に入っているので「空気読めない」と認識できないのです。
たまに街で若者が「お前マジKYだよ!」と聞くことがありますが、私からすると「お前マジ危険予知だよ!」…。????
全くもって意味の分からない会話です…。

私も社会人になって2年目になるので、そろそろ現代言葉ではなく
古き良き正しい言葉を使うように心がけたいものです。
[PR]

by nkgfan | 2008-05-26 10:02 | □社員コラム | Comments(0)

有田陶器市

こんにちは。技術部の福岡です。
今年のGWは久しぶりに実家で過ごしましたが、時間があったので有田陶器市に行ってきました。

e0004173_1737291.jpg

これは有田焼で有名な佐賀県有田町で毎年GWに開催される陶磁器の販売イベントです。
全長4キロのメインストリートに600以上もの店が軒を連ね、有田焼を中心として1枚100円の皿から何百万もする壺までいろいろな焼き物が販売されています。歴史も100年以上と古く、来場者数は100万人にのぼります。

私が行った日は最終日だったためたくさんの人でにぎわっていました。
4時間滞在して全体の4分の1しか見ることができず、全部見るには泊まりでないと無理なようです。

この陶器市は数え切れない焼き物の中から自分好みのものを探し値段交渉したり、陶器市の時だけ窯元が直接出店するため商品のエピソード(実は失敗作なんです…などなど)も聞けたりとなかなか楽しかったです。


では今回私が買った物の中からいくつかご紹介します。

e0004173_1738065.jpg

1点目はビアグラス。有田焼です。最近焼き物のビアグラスが流行っていてよく売れるとのこと。このグラスで飲むビールはうまいですよぉ、泡もきめ細かで。グラスを冷やせばさらにうまいっ!



e0004173_173831100.jpg

2点目は中くらいのお皿。サラダなどにちょうどいいサイズ。これも有田焼です。有田焼は色鮮やかなイメージがありますが、こういったシンプルな物もあります。




有田陶器市はオススメです。みなさんもいつか行ってみてはいかがでしょうかって言っても佐賀県は遠いから行かないか…。
[PR]

by nkgfan | 2008-05-23 17:39 | □社員コラム | Comments(0)

癒し

こんにちは、08入社管理部の男庭です。

高校生以来の満員電車。
今、一番辛いことです。
そんな毎朝の唯一の癒しといえば、特に好きという訳ではないのですが、
駅に貼ってあるデイビット・ベッカムのポスターでした。

しかし、悲しいことにGWを明けたら
ベッカム様が、映画「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」のポスターに
変わっていました。


確か主役の王子様は今話題のイケメン俳優らしいですが、あまり興味がありませんので…。
何より、毎朝の癒しポスターがなくなりかなりダメージを受けています。

皆さんは毎日の満員電車をどう乗り切っているのでしょうか?
[PR]

by nkgfan | 2008-05-22 09:12 | □社員コラム | Comments(0)

リーダーは気持ち悪い

前回は老荘思想が自分には馴染みやすいと書きましたが、
ギリシャにも老子のような人がいました。

ディオゲネスという人は酒の樽をねぐらにしていました。
ある時戦争が起って国中の人が忙しく働いている最中にもディオゲネスだけは樽の中で寝ていました。それを見て、役人がお前も何かやれよと言うので、さっそくディオゲネスは自分のねぐらである樽を横にして、丘に上げてはころころと麓にころがし、また丘に上げてはころがすことを繰り返しだしました。役人が「なんと無駄なことを・・・」とあきれていると、ディオゲネスは、「戦争よりは無駄でないさ」といいながらまた樽をころがしはじめましたという話です。


同じギリシャの歴史家ポリュビオスは「物事が宙ぶらりんの状態で延々と続くのが人の魂をいちばん参らせる」といいます。確かに、白黒はっきりしない漠然とした評価の中で行動するのは並大抵の精神力ではできない気がします。
どちらかに決すると人は気持ちよくなります。いわゆる江戸っ子が「ええい、白デイ!」といって決め打つのはとても気持ちがいいものですが、決め打つ根拠はその時にはないのです。ただ、気持ちが悪いので「決めちゃった」に過ぎないのです。
日本人はどちらかというとこういう「決めちゃった」というのが「竹を割ったようだ」とかいいながら好感を持つ場合が多いように思われます。

しかし、英国のエリートは、この物事がどちらにも決まらない気持ち悪さに延々と耐えるということは、「世界史に大をなす国の必要条件」という教育をされていたといいます。
確かに、戦前の日本の外交はまさに「気持ちよくなっちゃった」外交で国を破綻寸前まで追い込んでしまいました。 そういう観点から見ると、忠臣蔵の浅野内匠頭などもリーダーとしての資質が全くないといえます。自分が「気持ちよく」なるために吉良に打ちかかり、何千何万という部下が浪人にならざるを得ないことにもなってしまったのです。


「スカッと爽やか」なお人柄はある意味大きな組織のリーダーには不向きといえるかもしれません。いや、それでも「スカッと爽やか」がいいと思われる方は、リーダーにならないか、ディオゲネスのように組織に属さない一匹狼になるのがお勧めです。

皆さんも何かのケースで何かのリーダーになる時、「気持ちのよい」決断ができない気持ち悪さを許容し、時々海に向かって一人バカヤローと叫ぶことで、何とか耐えるようお気をつけ下さい。


技術営業部 田中(耕)
[PR]

by nkgfan | 2008-05-21 09:19 | □社員コラム | Comments(0)

生き物

こんにちは。08入社技術部の吉尾です。

4月から新生活を始め、毎日の生活に楽しみを増やしたいと思い、
何か植物や動物を育てようとGWに買いに出かけました。

ほしい植物があったのですが、それがなく「ホウネンエビ」とゆう面白い動物がいたので、
それを育ててみようと購入しました。

この「ホウネンエビ」は、体長が1~2cmで細長く半透明な体をしています。
日本の水田に生息していますが、水がきれいな水田にしか生息できず、
滅多に見ることはできないようです。寿命は1カ月ぐらいで初夏に現れます。
江戸時代には「豊年魚」、「豊年虫」と呼ばれ、縁起物として売られていました。
そのため、見ると幸福になると言われています。

GW明けに我が家にやってきたホウネンエビは、卵の状態です。
まずホウネンエビが住める環境を作るため水をきれいにして、
その中にホウネンエビの卵を入れてあげました。


e0004173_916244.jpg

上の写真がホウネンエビの水槽です。
水槽の底にいる、砂みたいなのがホウネンエビの卵です。
1週間ほどで孵るみたいなので、次のブログに生きているホウネンエビを載せたいと思います。

[PR]

by nkgfan | 2008-05-20 09:13 | □社員コラム | Comments(0)

ダイエット

こんにちは。08年度入社の田岡です。

私は大学3年生の正月に当時流行っていたノロウィルスにかかってしまい、
3日間で6㎏痩せた思い出があります。
その影響で当時70kgあった体重は、半年後には60kg近くまで落ち、
友達にはノロダイエットという名目で自慢(?)し、勧めていました。

時は経ち、先日に入社してから初めて体重を量ったのですがなんと68kg。
このままでは危ない。


運動不足、過剰な食事量が私に脂肪を蓄積させる要因となっています。
NKGの癒し系になら是非ともなりたいのですが、このままではNKGの肥やし系と
いったところでしょうか。


来月から富士工場での研修が始まりますが、
テニスサークルにも是非参加させて頂きたいと思っています。
よろしくお願いします!
[PR]

by nkgfan | 2008-05-19 10:42 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line