<   2008年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧


工場研修

こんにちは、’08新入社員技術部の吉尾です。

工場研修も終わり、設計課の事務所に帰ってきました。
工場研修は2か月間あったのですが、忙しかったのか、集中していたのかわかりませんが、一瞬で終わりました。
工場研修の2か月間は、学生の時の2週間くらいの時間の間隔だった気がします。

工場研修では本当にたくさんの事を学び、これからどんな送風機の図面を書いていくのか楽しみです。

また、工場研修でさまざまな事を教えてくださった、工場のみなさん、本当にありがとうございました。
[PR]

by nkgfan | 2008-07-31 10:51 | □仕事“風”景 | Comments(0)

工場研修も終わり

こんにちは。08年度入社の田岡です。

先週の金曜日に約2ヶ月間の工場研修を終え、月曜日から東京へと戻ってまいりました。
研修では様々な方の力添えもあり、入社した時は送風機のことはほとんど分からなかったことも段々と理解出来るようになりました。送風機って本当に奥が深い!と改めてかんじました。これからも勉強の日々ですね。

工場研修でお世話になった方々には感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしく御願いいたします。

これからは東京で早く一人前になれるよう頑張ります!
[PR]

by nkgfan | 2008-07-30 09:56 | □仕事“風”景 | Comments(0)

2010年新卒採用始動!!

こんにちは。管理部の中村です。

つい先日2009年新卒採用の第二期の選考会が終了しました!ご応募いただきました学生の皆さん、ありがとうございました。NKGの魅力が伝わったのであればうれしいです。


e0004173_944284.jpg

2009年の採用が終了して間もないですが、前回のブログにも書いたとおりNKGは2010年の新卒採用にすでに着手しています。リクルーターも決定し、先日キックオフミーティングが行われました。また、取材・撮影もいたるところで行っています。協力してくれている社員の方々、本当にありがとうございます!

2010年の新卒採用では学生の皆さんに今まで以上にNKGを知ってもらうために色々なことを考えています。何を考えているのかという具体的な部分は・・・内緒です!!皆さんに色々な角度からNKGを知ってもらいたい、そんな気持ちで進めていますので楽しみにしていてくださいね!

2008年10月1日に採用サイトがオープンします。是非是非サイトにも足を運んでみてください!
[PR]

by nkgfan | 2008-07-29 09:44 | □社員コラム | Comments(0)

今年は登ります!

こんにちは。技術部の福岡です。
もうすぐお盆休みですね。
この時期になると休みの計画を立てている方も多いのでは。

学生の皆さんもようやく前期の試験が終わり、本格的な夏到来といったところでしょうか。
旅行に行くもよし、何かにチャレンジするもよし、とにかく思いきり夏を満喫して下さい。

私はと言いますと、今年は富士登山にチャレンジします。
例年だとお盆はどこかに旅行するのですが、今年は日本一高い場所に行くことにしました。
富士登山ができるのは7月1日の山開きから約2ヶ月間です。特にお盆シーズンは1日に1万人もの登山客でにぎわうそうです。

登山といっても一合目から登るのではなく五合目まで車で行き、そこから5時間ほどかけて頂上を目指します。
あまり早いペースで登ると高山病にかかるので休憩をしながら徐々に高度を上げていきます。登りやすい山とはいえ、準備とトレーニングはしっかりやっておこうと思います。
次回のブログでご来光の写真をアップできたらと思っています。お楽しみに。
[PR]

by nkgfan | 2008-07-28 10:23 | □社員コラム | Comments(0)

猛暑続き

こんにちは、’08新入社員技術部の白鳥です。

最近猛暑が続いていますが、皆さんは夏バテしていませんか?
私は事務所とは違い、夏場の工場での辛さというものを工場研修で痛感しています…。

そんな夏バテ防止に有名なのが土用丑の日のうなぎですね。(産地偽装で問題になっていますが・・。)今年は7月24日と8月5日です。 
 

うなぎは好きなのですが、高くて食すのに抵抗があるので、24日は「うどん」やら「梅干し」やらで乗り切りました。(丑の日は別にウナギでなくても頭に「う」がつけばいいそうなので)
 
8月5日の二の丑では川に鰻を釣りに行って食べられたらいいなぁ…。
[PR]

by nkgfan | 2008-07-25 15:20 | □社員コラム | Comments(0)

キャンプ

2008年度入社の五十嵐です。

この三連休に大学の頃の仲間達と箱根へ行ってきました。
温泉にバーベキューに花火と、学生の頃に戻って楽しんできました。
いつまでも変わらないものがあるというのはいいものです。

ところで、バーベキューのときに焼きそばを作ったのですが、その焼きそばの味が一風変わっていて面白かったです。

その名も「トマトカレー味」!

カレーヌードルがそのまま焼きそばになったような味でした。
気になった方はぜひご賞味下さい。


工場研修も残り2日、頑張っていきたいと思います!
[PR]

by nkgfan | 2008-07-24 10:46 | □社員コラム | Comments(0)

「料理屋と屏風は広げすぎたら倒れる」

こんにちは。紫外線に脅える営業監理室小山です。

ずいぶん前になりますが、NHKの特集を見てちょっと驚いたことがありました。
日本は長寿だそうです、人間の年齢も去ることながら企業の寿命が。
世界で250年以上続いている企業のうち、日本が約66%を占めていました。アメリカなんてわずか4%程度だそうです。
しかも世界最古の企業は飛鳥時代の寺社仏閣の建設業、金剛組。なんと1400年も続いていることになります。学生さんの間では、ITやマスコミなど、サービスや仕組みを売る業種が人気のようですがやはり製造業ってすごいな、と改めて感じました。
余談ですが金剛組HPの沿革では578年から記載があります。


ではなぜ、日本の企業は長寿なのか。
専門家の調査から浮かびあがったのは “本業主義”であるということ。世の中が変わったからと言って、コロコロ商品を変えたりしない。「世の中が変わったら、“本業”からはずれない中で、社会のニーズに合わせていく」「危機は何十年かに一度襲ってくるもの。そこから逃げずに企業そのものを変革する」という共通の特徴がありました。


奇しくも「料理屋と屏風は広げすぎたら倒れる」とは
不祥事により廃業した船場吉兆の創業者の言葉です。
地味でも“技術”をムダにしない経営哲学を持ち、また実践している企業が
長生きするんですね。
NKGは現社長が創業者ですが、長生き企業の要素をたっぷり含んでいると思います。

さて堅い話題はこの辺で。

e0004173_1423826.jpg夏の風景1
先日、湯河原で釣りをしました。
写真はメジナの子どもです。あまりにも小さいので
キャッチ&リリース。大きくなったら恩返しに来なさい!




e0004173_1454293.jpg夏の風景2
知人に「ビールの達人」がいます。ビールを注ぐのが上手い人って
けっこういると思いますが、その人は飲み上手。
グラスの泡跡に注目!
気がつくと今日も一定のペースでビールを飲んでいました。
[PR]

by nkgfan | 2008-07-23 14:07 | □社員コラム | Comments(0)

油断大敵

こんにちは、技術部の稲垣です。

いよいよ夏本番といった感じで暑い日が続いていますね。
みなさん、夏バテなんかしないようにお気を付け下さい。

さて、この休日ですがせっかく海も近いことだしと、サイクリングに出てみました。
サイクリングといっても、いつもの通勤自転車でちょっと海岸線に出てみただけなんですけ
どね。
直射日光はつらいよなぁ~、と思い少し雲が出ている時に出発したのですが、何てことなく焼けてしまいました。
家に着いてしばらくすると手がじんわりと赤くなりだし、
夜には真っ赤になり、
熱いし、かゆいし。

通勤も自転車の身としては、半そで焼けには気を付けていたのですが、そんなことは
水の泡。
腕にはクッキリとTシャツのあとがついてしまいました。
毎年のことながら、冬になり日焼けが消えるのを待つしかなさそうです。

みなさん、日やけどにもお気を付け下さい。
[PR]

by nkgfan | 2008-07-22 14:43 | □社員コラム | Comments(0)

ワイン畑に憧れて

こんにちはワインがよく似合う技術営業部の渡辺です。

ついに夏!って感じがしてきました。
先週末は、プールへ行ったり海へ行ったりと夏を満喫した人もいるのではないでしょうか。
僕は僕で、夏らしく、夜は冷えたビールで乾杯しようと心に決めていました。
ところが友達から突然の要請があり、ビールはおあずけとなってしまいました。
ワイン好きの友達がワインを持って遊びに来るので一緒に飲もうと言うのです。
今夜はビールと決めていたのに・・・
僕の気持ちを無視して半ば強引に押し切られてしまいました。
e0004173_959035.jpg
夕方すぎ、空気の読めないその友達は、ワインを4本持ってホクホク顔でやってきました。
赤ワイン2本と白ワインと貴腐ワインを持ってきてくれました。

僕が好きそうなワインが手に入ったからと持ってきてくれたワインの一つは、写真のワインでマルゴー村の第二級のシャトー デュルフォール ヴィヴァンというボルドーワインでした。僕の好みに合っていてとてもおいしかったです。

さて、ここで問題です。
ボルドーワインとブルゴーニュワインを一目で見分ける方法がありますが、その方法は?

ワイン愛好家の方には愚問ですよね。
壜の形でおおよそ見分ける事が出来ます。
ボルドーは写真の様に、壜の形が怒り肩になっています。ブルゴーニュはなで肩になっています。はい完璧です。(なで肩だからブルゴーニュワインとは限りませんが、ボルドーとの区別は出来ます。)

では、ブルゴーニュワインとボルドーワインはなぜ壜の形が違うのでしょうか。
ブルゴーニュワインは澱が多いので、ワインを注ぐときに壜の肩を使い澱が入らないようにします。

ではなぜ、澱が多いのでしょうか。それはワインを製造する時に・・・・・・・

ワイン好きな人はうんちくを長々と語る人が多いので、折を見て適当に話題を変えるようにしましょう。

ワイン愛好家には誠に愚問だと思いますが、ボルドーとブルゴーニュでは使うグラスが違います。ブルゴーニュワインはとても大きくて胴が丸っこく、口は香りの楽しめる形状をしています。

ワインを飲むときは髭をいつもより伸ばしてルネッサンスと言うのが最近の流行りみたいですね。
[PR]

by nkgfan | 2008-07-18 10:00 | □社員コラム | Comments(0)

麻酔

こんにちは、‘08入社技術営業部の安西です。

この前、吉尾君のブログで麻酔という単語が出てきたことで思い出したことを書きます。

私は過去、何度か麻酔を経験しています。
全身麻酔も部分麻酔も両方経験しています。
そして過去二回ほど、部分麻酔で麻酔が切れたのを我慢したことがあります。

なぜ我慢したか?

痛かったんです。
麻酔の注射が。

もともと手術自体、簡単なもので切り口なんてほんの数ミリ~数センチだったので我慢できないほど痛い手術でもなかったのです。

しかし、時間がたつごとに痛みは増していき血圧は上昇。
いくら我慢できないほどの痛みじゃないといっても痛いものは痛い。
しかも次々とメスで切られ、針で縫われを繰り返すのですから、ちょっとの痛みだって積もれば我慢できなくなってくるものです。

でも、それを我慢してまで麻酔注射は嫌でした。
根性で乗り切りました。
今思うとあそこまで我慢しなくてもよかった気がしますが、
あの時はそれほど麻酔注射の痛みが恐怖だったのです。

痛い思いは極力避けたいものです。
[PR]

by nkgfan | 2008-07-17 10:00 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line