<   2008年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧


「最後の授業」

こんにちは、技術営業部の竹沢です。

ランディ パウシュの最後の授業をご存知ですか?
大学時代彼の噂を耳にし、彼について調べたことがありました。彼は癌に侵され、余命半年と宣告を受け、その残された時間で「最後の授業」を行いました。
講義は80分。講義のタイトルは「子供のころからの夢を本当に実現するために」でした。
それは、学生向けに講義をするふりをしながら、 まだ幼い3人のわが子に遺すためのメッセージだったのでした。

私は残念ながらランディ パウシュ教授の生の講義を聴くことはできませんでした。
しかしインターネットで、彼の講義を聞きとても感動しました。

心に残ったことは、
・子供時代に打ち込んだ事は生涯の友になる
・経験とは求めていたものが手に入らなかったときに手に入るもの
・壁があるのは、夢に対する思いの強さを証明するため
・誰かに腹を立てても長い目でその人を見る。必ずいい面が見える
・これが最高だと限界を設けることは、子供達の成長を妨げるだけ

彼の言葉は一見当たり前のように見えます。
しかしながら、実際に彼のような生き方が出来る人間は数少ないと思います。
私は彼のように広い心で、自分自身に信念を持ったような生き方が出来る”人間”になりたいと心のそこから思いました。

是非YouTubeで観ることができるのでランディ パウシュの「最後の授業」を見てください。
きっと感動するはず!!
注意:邪魔が入らないように観る事をお勧めします。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-30 17:55 | □仕事“風”景 | Comments(0)

優勝!!

e0004173_12124176.jpg

こんにちは、管理部の中村です。
今回は5月のブログに書いた「ソフトバレー」で大きな!?出来事があったのでその話をしようと思います。
4月から私の中では尋常ではないくらい力を入れているソフトバレーですが、その成果が先日の大会でついに出ました!
なんと・・『優勝』です!!

ソフトバレーの大会は全国各地で行われていますが、私が参加しているのは東京・千葉の大会がほとんどで、多いときは月に3回ほど大会に出ています。
そんな中、先日船橋市の大会でついに“優勝”することが出来ました!!

e0004173_12133323.jpg

この大会では優勝すると優勝カップが渡されます。来年には返さなければいけないのですが、このカップ、実は何回も私たちのチームのもとにやってきています。
ただ、ここ3年ほどカップは私たちのもとから離れていましたが、やっと取り返すことが出来ました。やはり努力は裏切らないですね!!

来年もこの大会に出る予定ですが、このカップをまた手放すことがないようにこれからも仕事と同じくらい?頑張ろうと思います!

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-29 12:44 | □社員コラム | Comments(0)

「日本文化のあれこれ」

e0004173_9263358.jpg

日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心
(プレイブックス・インテリジェンス)


こんにちは、07入社技術部の都筑です。

今回は「日本人のしきたり」という本をご紹介します。
年中行事や冠婚葬祭など、日本ならではのしきたりを知ることができる内容になっています。

一番驚いたのは正月の食べ物についてです。
現在では雑煮といえば正月ではお馴染みとなりました。
それが室町時代では正月用の食べ物ではなく、胃を安定させ儀礼的な酒宴にスムーズに移るための前菜として扱われていたそうです。

今使われている言葉は本来の意味と異なっているものが多いこと、昔の人は縁起の良し悪しを重要視していたことを実感できます。
この本を読破した頃には、日本文化を見直すきっかけになり、マナーの勉強にもなることでしょう。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-26 09:35 | □社員コラム | Comments(0)

香る男

技術営業部の齋木です。

お香好きです。

高校の時に買い出してから今まで色々なお香を買ってきましたが、香りの強いのが好みだと分り、それ以降甘ったるいのやらどぎついのやらを色々焚いていました。

香りの強い物を求めてたどり着いたのが、「ナグ チャンパ」という一品。
もう使い続けて何年も経ちますが、あの強烈な香りがやっぱりいい。
使い始めた当初は、あまりの強烈さに若干抵抗がありましたが慣れてくるととてもいい。
残り香も一回焚くだけで結構持ち、あまりの強烈さゆえ服にも匂いが移ります。

しかもパッケージにはサイババ印が….。サイババの名前も入っています。
当然の如くサイババ印も名前も無断借用で当の本人は認めてないそうな。
雑貨屋のお香コーナーに行けば平積みされて大量に売っているので興味ある方は是非試してみてください。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-24 17:06 | □仕事“風”景 | Comments(0)

雨降る夜の密やかな楽しみ

こんにちは、技術部の福岡です。
台風シーズン到来ですね。
楽しみにしていた週末の釣りが台風でお流れになるとかなりへこみます。
どうしても我慢出来ない時は釣り堀に行きます。
最近の釣り堀は屋内にもあって雨の日でも濡れずに釣りが楽しめます。

そして狙う魚はなんとキンギョッ!!!

e0004173_18542095.jpg
雨が降るとウキウキしながらカメラを持ち出す人もいます

金魚を釣る…20年以上釣りをやっていますがこれほど抵抗を感じる釣りはありません。
普通金魚はすくって、エサをあげながら外から眺めるものでしょう。
そんな違和感を感じつつも糸を垂らすんですけどこれがまた釣れない!!
金魚は頭がイイッ!!いつもエサだけ持っていかれます。

腕が悪いのか…いやいややはり金魚は釣るのではなくすくうもんです。
みなさんも一度金魚釣りにチャレンジしてみてください。
すごく違和感がありますから…

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-22 15:48 | □社員コラム | Comments(0)

10月1日の楽しみ

こんにちは、08年度入社の管理部男庭です。

早いもので、4月に入社してからもうすぐ半年が経とうとしています。
去年のこの時期は就職活動を無事に終え、遊びとアルバイトで忙しい中、そろそろ卒論の存在がチラついてきた頃だったと思います。
また、一昨年の記憶を辿ると、長い夏休みも終わり、就職活動を意識し始めた頃だったでしょうか。

そんな学生時代を送っていた私も、今度は採用アテンドとして2010年度新卒採用のお手伝いをすることになりました。
たくさんの学生さんにNKGに興味を持っていただけるよう、就職活動をしていた頃を思い出しながら、只今色々な計画を練っています。

e0004173_1610116.jpg
男庭さんもしっかり写ってます

10月1日には毎ナビにてエントリーの開始とリニューアルしたNKG採用HPがオープンします!
実は、どのようなHPに仕上がっているのか、私はまだ全貌を知りません。
ということで、私も学生さんと同じ気分で10月1日のオープンを楽しみに待っています!
学生の皆さんもそうでない皆さんも、是非アクセスしてみてくださいね。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-19 16:16 | □仕事“風”景 | Comments(0)

音楽っていいですよ。

こんにちは、技術営業部の渡辺でございます。
先日、とある場所でイベントがあり、自分も参加しました。
楽器の演奏会ですが、僕は10歳位年上の人に誘われデュオを作り参加しました。

場所は富士市にある某イタリア料理店だったのですが、そこは料理が美味しいと聞いていたので凄く楽しみにしていました。
当日の料理はバイキング形式になっていました。
バイキングといっても料理は美味しかったので、食って飲んで食って飲んでばかりいました。
自分の出番の時には既に気持ち悪くなってしまい、意地汚さに少々恥ずかしくなりました。

e0004173_829415.jpg

出番が始まり、既に中ジョッキ4杯を飲み干し真っ赤な顔をしている相方が、上機嫌でMCを始めました。
ものすごく考えてきたというMCの内容は余りにも微妙で、急に誰も注目しなくなり、その日は猛暑日でしたが2人仲良く冬を一足先に迎えてしまいました。

気を持ち直して演奏に入りましたが、自分は1曲目を間違って覚えてしまっていて、途中で曲の方向性を完全に見失い、もう何が何だかわかりませーん、という状態になってしまいました。
自分はYoutubeのライブ映像で曲を覚えたのですが、オリジナルとはアレンジが違っていたようです。
お互い忙しくて、練習が不十分だったのも良くなかったのですが。

もの凄くテキトーに弾いて一応その場を凌ぎましたが、カズーというヘンテコな笛で出していた音の音程が、曲のラストでこれでもかというくらい外れてしまい、恥ずかしくて思わず照れ笑いでした。
そんな自分に相方はふて腐れて無言になってしまい、MCも放棄して、それ以降は自分がMCをする事なってしまいました。

色々ありましたが、食べて飲んで演奏して、とても楽しい時間を過ごしました。
ふて腐れていた相方も、ビールを飲み見直したらまた上機嫌になっていました。

音楽は趣味として長く続けていきたいなと思います。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-18 09:54 | □仕事“風”景 | Comments(0)

光陰矢どころの話ではない

こんにちは、’08入社 技術部の吉尾です。

社会人になって仕事をして、一番驚いたのは、時間が経つのが早いことです。とにかく、
仕事をしていると、とても時間が過ぎるのが早いです。

朝、仕事が始まって、1時間ぐらい過ぎたかなと思うと、2,3時間過ぎていますし、月曜日が始まったと思うと、気がつくと金曜日になっています。たいてい、私が感じている時間の2,3倍は早く過ぎています。

e0004173_166397.jpg
忙しさは充実の証

なぜ、こんなに早く過ぎるのかと考えるのですが、集中しているからか、忙しいからか、どれもパッとした答えではなく、よくわからない状況です。

こんなに時間が経つのが早いのなら、休日も含めて1日1日を大切にしないと、と思っています。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-17 16:15 | □仕事“風”景 | Comments(0)

「平和の尊さ」だけでは語れない一冊

e0004173_1250840.jpg
指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく (新潮文庫)

8月は終戦記念日があり、戦後63年を迎えた。
世界では現在も日常的に戦争、紛争が起きている。
私生活ではそのような事実を感じる事はできない。
8月は戦争を考えるために、二人の特攻隊員を書いたこの本を読んでみた。

神風特攻隊第1号に選ばれ、フィリピン、レイテ沖に散った関行男大尉の話が特に印象に残った。
というのも、私が学生の時にレイテ島、隣島のビリラン島の戦跡を訪問した事があり、その情景と関大尉の状況を重ねていたからである。

日本軍最大の死者を出し、最大の激戦地となったレイテ島は、今でも日本兵と思われる白骨が発見される。
当時日本軍にとって終戦間近という史実からもわかるように、戦局はかなりの劣勢であった。

レイテ島での戦いも米国軍による攻撃に日本兵は次々と倒れ、残った兵はHILL522と呼ばれ、島全体を一望できる山に登り、最終決戦の場所に選ぶのである。

決死の思いで頂上に辿り着き、日の出を迎える、レイテ島を囲む海には7000隻もの米国艦で埋め尽くされていたという。
私も実際にHILL522に登り、現地ガイドからこの話を聞いたときは絶句してしまった。

無数の米国艦を見下ろした彼らは一体何を思ったのだろうか。関大尉は何を思いながら無数の米国艦へ突込んでいったのだろうか。

レイテ島は日本兵だけでなく、アメリカ兵、そして現地住民と、国家の利益追求の元に亡くなっていった人、悲しんだ人がいる。

情報が容易に手に入れられ、海外の人とも気軽に話せる時代だからこそ、戦争という手段ではなく、人的交流の視点から国益を得る流れになって欲しいし、その一員になりたいと思う。

08入社・技術営業部 田岡

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-16 13:06 | □仕事“風”景 | Comments(0)

秋空の富士

こんにちは、’08入社 技術部の白鳥です。

すっかり秋めいたこの頃ですが、台風が心配になりますね。
現に沖縄に13号が来ているそうです。

さて、お盆に富士山に登山をされた先輩社員に倣って私も週末の3連休を利用して富士山に登ってきます!
天気が心配だったためぎりぎりまで迷っていたのですが、どうやら現段階で荒れはしないということで決意しました。
ただ、山の天気は変わりやすくさらに富士山は冬のように寒いので、奢らず安全第一にいこうと思います。

e0004173_118264.jpg
なぜ山に登るのか?『そこに山があるからさ』
英国の登山家ジョージ・マロリーの言葉です

私は小、中学生の頃に山好きの父に無理やり連れられ北アルプスの常念岳、西穂高岳(独標)など登ってきたのですが、あの頃は強制的にいやいや登らされていました。
でもやっとこさ頂上に着き、そこで見た景色や爽快感が忘れられないのです。
そのようなことがあるから、人は山登りをするのかもしれません。

富士市のすぐそば、そこに山があるので行ってきます!

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術法人向サイト

[PR]

by nkgfan | 2008-09-12 11:15 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line