<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


採用ブログが新しく変わります!

本日よりブログの編集長に就任した管理部の中村です!

今まで大活躍していた環編集長以上に面白く、そして内容の詰まったブログにすべく只今企画を練っている最中です。

NKGが公式ブログを始めてから約4年半経ったわけですが・・。
見直してみると何だか昔懐くなって見入ってしまいました。

これまでも、このブログでNKGの様々な顔を見ていただきましたが、
NKGも時代と共に変化し、さらにパワーアップしています。

そんな新たな顔を皆さんにお伝えできるよう考えた新たなコンテンツ
(まだ模索中ですが)がこれです!


☆最新トピックス

☆嫁ぎ先?を追う

☆仕事情報館

☆読書推進部

☆○○マニア

☆採用広報


見たことある!という声が周りから聞こえてくる気がしますが・・。
そんな声は聞こえません!皆さんに面白く伝わるならなりふりかまってられません。
これからも皆さんから愛されるブログを目指して頑張りまっす!!


それでは編集長としての最初の回を自己紹介写真で締めくくりたいと思います。

e0004173_18131328.jpg
<土日は相変わらずソフトバレーに打ち込み、最近は長野県にまで遠征してしまいました。楽しくて大はしゃぎしている一枚をカシャッ☆(右下がわたくしです・・)>

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-30 18:28 | □社員コラム | Comments(0)

読書感想文アーカイブス ~山本有三を語る~

読書感想文アーカイブス、本日は2008年3月の作品です。
技術営業部・先田さんのセレクトは「世界名作選 山本有三編」。
ひと味ちがう感想文をお楽しみください。

e0004173_17543991.jpg
e0004173_17544965.jpg

クリックすると大きくなります

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-28 13:57 | □社員コラム | Comments(0)

機械要素技術展

こんにちは、設計の白鳥です。
先月末に国際展示場(東京ビッグサイト)にて設計・製造ソリューション、機械要素技術展という展示会が開催されており、研修ということで参加させて頂いてきました。

全国から集まった様々な企業が、機械・機械部品、CADソフトなどをPRしているのですが、溶接機や金属加工機、またそれらを駆使して出来た製品のサンプルを展示して説明をお客さんにしているというものです。
出展企業数はかなり多く、ビッグサイトの広い施設内に来場者も含めるとめいっぱいという感じでした。

NKG送風機にも使っている機械部品でお世話になっている企業さんも多く出展していましたので、伺って質問をしていろいろ教えて頂き、またカタログやサンプルを頂いたりしました。
それ以外にも興味のあるブースに突撃して、いろいろ聞いて回りました。

日々、業務で使用しない部分は盲目になってしまいがちですが、このような機会によって新しく視野が広まりとても良かったです。

ただ、結構歩いたため足が痛くなっていました。
その日の夜、携帯に付いている万歩計の表示を見てみたら・・歩行距離15km。

普段3~4kmしか歩いていないのに15kmはこたえますね・・。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-27 11:03 | □仕事“風”景 | Comments(0)

この夏を忘れない

こんにちは。技術部の吉尾です。

7月の下旬になり本格的に暑い日が続いていますね。
夏はこんなに暑かったのかと、驚いています。

少し前の話ですが、サッカーワールドカップでの日本は大健闘でしたね。
大会前に書いた私のブログで、「日本が1勝でもしたら、ちょっとした番狂わせ」なんて失礼な事を書いていましたが、1勝どころか2勝もして、しかも、グループリーグを突破してくれました。

戦術的な事は良くわかりませんが、日本がリードしている場面で日本がカメルーンやデンマークなど、身体能力や体格が良いチームにパワープレイを仕掛けられても、ひたすら身を挺してボールを弾き返すシーンはとても感動的でした。
また、日本の選手は他の国の選手と比べて1試合の走る距離が長いようですね。

4年後のワールドカップも楽しめですが、とりあえず来年のアジアカップが楽しめです。
アジアの大会ではぜひとも決勝まで進んでもらいたいです。

これからも、ガンバレ日本!

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-26 13:31 | □社員コラム | Comments(0)

世渡り上手な…

e0004173_14393656.jpg
こんにちは、品質保証部の橋本です。

梅雨が明けて夏本番になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

先日、沖縄へ行ってきました。初めんそーれです。

旅行中に楽しみにしていたのが、この美ら海水族館です。
大きな水槽で活き活きと泳ぐ様は、素晴らしいの一言でしたね。

きっと私は一日中眺めても飽きないでしょう。

e0004173_14395148.jpg

水槽にはジンベイザメが3尾居るのですが、そのなかに背中にコバンザメを背負っている個体が1尾いました。

コバンザメといえば頭部の小判のような吸盤でサメ、エイ、カメに引っ付きタダ乗りする魚ですが、

『生きたまま捕らえたコバンザメの尾にロープを結びつけ、ウミガメの近くで放つと、コバンザメは一直線にウミガメに向かっていき腹にくっつく。ロープを手繰ればコバンザメと一緒にウミガメも引き寄せられる。』

という、このコバンザメを利用したウミガメ漁がインド洋、東アフリカ、北オーストラリアで行われているようです。

世の中にはいろんな漁があるものですね。
一度は見てみたいですね。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-23 14:41 | □社員コラム | Comments(0)

我がなすこと、我のみぞ知る

こんにちは、技術部の稲垣です。

先日、外部のセミナーに行く機会を頂きました。ターボ機械協会が主催するもので、NKGと出会った付録というか、皆さんご存知のアレね!とはいきませんがとても面白かったです。
恐らく極々専門的だからこそ面白いのでしょうが、身の回りには伝わらないですね。
ターボ機械や送風機といって、仕事と関係ない人に伝わることはまず無いです。

社内の方々にとっては“あるあるネタ”だと思いますが、お正月何度仕事を聞かれたことか…必死に糸口を探そうとしている顔には申し訳なさを感じるまでです。

こんな事は慣れっこですが、セミナーでちょっと考えさせられた話がありました。

「ターボ機械でご飯を食べてる私達には、ターボ機械の社会的価値を低下させない義務があるとは考えられませんか?」

一つにはまず、自分の仕事を守るということがあると思います。他方にターボ機械を守る、と言ったら良いのでしょうか、やや過大な言い方ではありますがそんなメッセージが込められていた様に感じました。

講義項目がトラブルに繋がるものだったのでマイナスイメージがスタートですが、プラス方向にも同じこと。どちらのイメージと共に送風機を知るかが重要です。

日常生活の中で溢れるもので無くても良いから、何か使命感の様なものを感じられる仕事を選ぼうと思ったのをちょっと思い出しました。
知られていない、伝わらないのも、已む無し。そんな立場なりに頑張っていこうと思った日でした。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-22 17:41 | □仕事“風”景 | Comments(0)

ソロツーリング日和

e0004173_84673.jpg

こんにちは、10年度入社・技術部新人の細田です。

最近は梅雨の影響で土日の天気は恵まれず、私は出掛けることも洗濯する事も中々出来ない日々が続いています。
しかし、とある日曜日久しぶりの晴れがやってきました、なんと気温が26度前後、久しぶりの暑さです。
すぐに洗濯・掃除などの家事を全部済ませ、10時頃にバイクに乗って出かけました。
国道一号線で沼津方面に走り、そして箱根峠まで行ってきました。

日曜日の影響か、バイクツーリングなどの集団も沢山見掛けその迫力がビリビリ伝わってきました。
いつかは自分も集団でツーリング走行してみたいです。

帰りには、国指定史跡の山中城跡に立ち寄って、ぶらぶらと散歩してみました。
実際には城や建物は残っておらず、まさに跡地でした。

ですが木々に囲まれ公園のようになっており、家族連れでピクニックをしていたり、犬の散歩をしていたりと意外と人を見かけ、賑わっていました。
歩いていると鳥の囀りと木々の揺れる音、水の流れる音が聞こえ、とても清々しい気分になりました。

e0004173_846147.jpg

前日の雨の影響か、地面が滑りやすく斜面も多かったので、最初は涼しく感じでいましたが、一時間もふらついているうちに汗だくになってしまいました。
帰りはバイクに乗っていたので、すぐに涼しくなりました。
やはりバイクは風を感じられるので、走っていてとても気持ちよいです。

歴史などはあまりわからないですが、今回は跡地だったので次は小田原あたりで、お城を観に行こうかと考えています。
ツーリング兼観光、まさに一石二鳥?次の晴れが待ち遠しいです。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-21 16:42 | □社員コラム | Comments(0)

英語云々のその前に

こんにちは2010年入社,設計課の前野です。

職場のある静岡県はまだジメジメしていますが、もう少しで夏本番のようですね。
主にバイクで通勤している者として、梅雨明けは何よりもうれしいニュースです。

突然ですが皆さん、英語は得意ですか?

最近巷で社内の公用語を英語にしようと試みる風潮があるようです。
私自身上記の問いには悩む余地無くNo!なため、もしNKGの公用語が英語になってしまったことを想像すると、「Pardon?」が口癖になっている自分の姿が容易に浮かんできます。それ以前に、ただでさえ意志の疎通が難しいモノつくりの現場で、この様な風潮は向かないように思えてなりません。

英語とは、仕事上は勿論プライベートにおいても非常に汎用性のある強力なツールであることは疑いようのない事実です。そりゃ私だってマスターしたいですよ。

ですが皆さん、日本語は得意ですか?
多くの方が当たり前に使いこなした気になっている我らが母国語「日本語」というのは世界屈指の難関言語だということを忘れてはいないでしょうか。

近頃、読書研修を通じて日本語の難しさを再認識させられている次第ではありますが、いずれはこのどちらの問いにも胸を張ってYes!と答えられるようにしたいものです。

e0004173_14521559.jpg
日本のシンボルMt.Fujiも最近すっかりご無沙汰です

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-20 14:53 | □仕事“風”景 | Comments(0)

竹沢、ふたたびハイデガーを語る

編集長のアンコールにお応えし、ハイデガーネタでもう1つ。
今回は『存在神秘』についてお話します。

私はふと自分の存在について考えることがあります。
人はこの世に存在し、いつかは朽果てる・・・そう考えると、何故自分が今この世に存在するのか、自分自身に問いかけ、考え、そして答えを出したくなるのです。

ところで皆さんは『在る』とはどういうことか考えたことはありますか??

近代科学は“在り”として“在る”モノを説明します。
そして、その“モノ”がどのようにして、ほかの“モノ”からひきおこされたのかについて、因果関係を解明するのです。
宇宙のなりたちについても、生命の誕生過程や起源についても、精密な観測データや、先端物質科学の実験成果などを駆使しながら、明らかにすることができるのです。

しかしそうした科学的調査や研究を重ねても、ハイデガーが唱える、
「なぜ存在者があるのか、そして、むしろ“無”があるのではないのか」※
という命題について、誰も答えることはできません。
※編集長注:「なぜ何かしらの“モノ”がそこに存在しているのか。そもそも完全な“無”が存在していたっておかしくないんじゃないんすか?」の意。ハイデガーはこれを「全ての問いにおける第一の問い」とした。

一例として、宇宙の始まり(ビックバン説)が挙げられます。ビッグバンが起きたことは事実ですが、「なぜ起きたのか」まで科学は説明できません。もっと正確に言えば、
「なぜビッグバンが存在したのか、そして、むしろビッグバンが“無い”ではないのは何故なのか」
という問題には答えられません。
更に噛砕くと、「なぜこの宇宙が存在しなければならなかったのか」という問いに、科学は永久に答えられないのです。

そもそも科学の存在目的とは、そのようなオントロギッシュ(存在論的)な問題※を答えることではないと私は思います。
なにかに先立つ「在るもの」(存在者)に頼らず、あくまで「在る」という事実そのことだけに徹し、存在それ自体で、その自律性と内在性の範疇で考えることしかできないのです。
それこそが、哲学が問題とする存在への問い、すなわち存在論なのです。
※編集長注:オントロジー=存在論(独語)。存在そのものの意味を問う思考であり、存在することを前提とする近代科学とは異なる視座をもつ。ハイデガーの他にもサルトルなどが有名。

この世はなぜ存在するのか。そんなこの世に私が存在しているのはなぜなのか。

存在の“起源”を想定し、さらに先立つ“何者か”(存在者)を定めて、その起源の「存在」は、何故・何の為という問いが、いつまでも連鎖的に続き、永遠に問いかけていくことになります。
つまり、なんのためになぜ万物が存在するのかわからないと、最終的に結論づけることになるのです。

“なぜ在るか。存在とはそもそもなんなのか”自分とは!?生とは!?死とは!?朝の満員電車に揺られながらそんなことをふと疑問に思いながら、読んだ一冊でした。

考えれば考えるほど、面白い世界ですね!!

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-16 13:40 | □社員コラム | Comments(0)

八海山に溺れた女

こんにちは。技術部の都筑です。

今回もまた国内旅行のような話になりますが、懲りずにご覧下さいませ。

先月の話になりますが、地元の友人3人と共に房総半島へ出かけてきました。
昼間は館山ファミリーパークへ寄り道しました。
そこに置いてあった竹馬に夢中で乗る友人の姿が何とも可愛らかったので、デジカメでしっかり収めておきました。
e0004173_920491.jpg


夜は地元の友人の両親が営むお蕎麦屋さんにて一泊させてもらいました。
そこで頂いた夕食は友人のお父さんが握ったお寿司です!
本業はお蕎麦屋さんにも関わらず、お寿司も握れるとは・・・。
思わず大興奮して激写してしまいました。
e0004173_9202541.jpg


夕食時にはお寿司以外に、八海山も登場しました。
飲んだことのない日本酒に好奇心のある私はこの日初めて
八海山を飲み、あまりの飲みやすさに感動しました。

今回の旅の目的はお寿司をご馳走になることでしたが、八海山との運命的な出会いを果たした旅にもなりました。

>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2010-07-15 09:21 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line