<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧


ここでもう一度

先日、中国へ2度目の留学をしていた親友が帰国し、その後無事就職も決まったということで、ご飯を食べに行きました。

ついこの前まで彼女は中国で生活していたわけですが、
それでもやっぱり、中華が食べたい、ということで中国料理のお店に行きました。

彼女は、高校時代1年ほど中国・北京に住んでいたこともあり、学生時代はよく彼女から中国語を教わりました。私にとっては、親友であり、先生でもあります。

ランチをしに行ったわけですが、
ついでにデザートと中国茶まで頂き、
懐かしい思い出話や今の日本人留学生事情、新しい就職先の話から、これからの人生プラン等、夕方までいろいろおしゃべりしてしまいました。(店員さんとしては、迷惑なお客さんだったと思います…)

彼女の新しい就職先の話と意気込みを一方的に宣言され、その勢いに圧倒されてしまった私でしたが、最近、少々忘れかけていた初心を取り戻すきっかけを彼女はくれました。

もうすぐ2012年も終わりますが、
よい締めくくりができるよう、ここでもう一度、気を引き締めて、業務に取り組んで行こうと思った週末でした。
e0004173_1826596.jpg





>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-31 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

食欲の秋-其の弐-

こんにちは。設計課の千葉です。

最近はまさしく季節の変わり目といった感じで、冷え込みが厳しい日が増えてきましたね。
学生の皆さんはこの気候で風邪など引いていないでしょうか。
私はというと、先月末の土日は見事に体調を崩してしまいました。
私は入社してから4年、体調不良で会社を休んだ事はありませんが、
別にずっと健康というわけではなく、体調を崩す日が何故か土日である事が多いのです。
なんとなく釈然としない気もしますが、会社を休んで自分も周りも後で苦労する事を考えれば、きっと良いことなのでしょうね。

さて「またか」と言われるかもしれませんが、今日は先月に引き続き食欲の秋な話でも・・・。
最近よく行くラーメン屋なのですが、「伝丸」というお店です。
こちらのお店、何が魅力かというとなんと言ってもコストパフォーマンスの素晴らしさです。
普通はラーメン屋で大盛りを頼もうとすると大体100円増し程になるかと思いますが、
こちらのお店は大盛りがなんと無料!しかも小ライスまで無料で付けられるという大盤振る舞いっぷりです。
さらに会計の際には、次回以降使えるラーメン100円値引き券が貰えるため、
e0004173_18244945.jpg

例えば私がよく注文するこちらの肉玉ラーメンの大盛り小ライス付きが、
580円というほぼワンコインで食べられてしまうのです!
味についても、その名の通り肉の味がしっかりスープに染み出ており、
ちぢれ麺に玉子と肉汁が絡まって、中々の味わいを出しています。
関東にも店舗があるようなので、興味のある方は是非お試しください!


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-30 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

理数系が苦手な私ですが……

こんにちは。
2010年入社の技術営業部、奥屋です。

今回も、興味を持った本の紹介をしたいと思います。
マシュー・ワトキンス著, マット・トゥイード絵, 駒田曜訳
公式の世界-数学と物理の重要公式150』(創元社、2010年)

e0004173_1823661.jpg


もともと私は文系人間のため、
理数系の事柄に対しては苦手意識を持っておりますが、
業務上、物理・化学の理論や数学の計算などが必須のため
最近、ようやく慣れてきたように思います。
難しそうな理論や計算式と出会っても、
まずはその考え方や式の構成を考えてみるようになりました。

本書も、学生のころであれば難しそうだと敬遠して
おそらく進んで読もうとは思わなかったと思います。
内容は、「二次方程式の解の公式」や「ピタゴラスの定理」といった
中学校や高校で習うような公式について図式を交えて平易に説明しています。
「流体と気体」の項の内容など、送風機に関連のある事項も
わずかながら記載されています。

60ページ程度の本でイラストの図解が多く
気軽に読める一冊かと思います。
興味を持たれた方は、是非一度読んでみてはいかがでしょうか。


>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-29 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

偶然入った美術展

こんにちは! 2012年度入社 管理部の藤居です。
お日さまの光が心地よい季節ですが、みなさんも秋を満喫していますか?

さて、先日、友人と新国立美術館で開催中の「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」展に行こうと計画を立てていたのですが、
待ち合わせの時間である13:00になっても、友人がなかなか来ない…
普段遅刻をすることがほとんどない子なので、メールをしてみると、
「ごめん! 14:00待ち合わせだと思ってた!!」という返事が。

1時間ほど時間が空いてしまって、しかも外は冷たい雨です。
どうしようかな―と思ったのですが、たまたま同会場で開催中の「第58回一陽展」のチケットを持っていたので、そちらに入ってみました。
e0004173_1525505.jpg

一陽展は、日本の美術団体である「一陽会」主催の美術展で、公募で集められた絵画・彫刻作品が展示されています。
普通の美術展は、写真撮影はNGなものが多いのですが、こちらの一陽展では写真撮影OKだったので、ばしばし撮ってみました。
e0004173_1525592.jpg

雨だったせいか、それほど人は多くありません。
e0004173_15261274.jpg

こんな謎の(でもきれいな)彫刻(?)作品もあり、
e0004173_15262937.jpg

こんなかわいい猫もおり、
なにより点数が非常に多いので、見ごたえがありました。
偶然入ることになった美術展でしたが、のんびりした良い時間を過ごすことが出来ました。
皆さんも、何か少しでも気になるものがあれば、思い切って行ってみるといいですよ!



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-26 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

冠雪

こんにちは、2012年度入社、設計課の吉田です。

先日天気の良かった日にふと富士山を見上げて見ると、

e0004173_1524034.jpg


もう冠雪です。
月日がたつのはあっという間ですね。
富士山から雪が消えたのはつい先日の様に感じていましたが、入社してから既に半年もたっている事に気が付きました。
冠雪に気付いたのはつい最近だったのですが、実は富士山の初冠雪は9月12日と、平年よりずいぶん早かったそうです。
冠雪に気付くのに一カ月かかるとは、ずいぶんと富士山を眺めていなかったものです。
富士市に慣れてきた証ですかね。

天気の良さと富士山があまりに綺麗に見えた事とにつられて、新五合目まで行ってみました。

e0004173_1524962.jpg


とてもきれいな夕日が見えました。
新五合目から眺めてもほとんど雲が見えなかったため、日が沈む最後まで見る事が出来ました。
写真よりもっともっと綺麗な風景です。
興味のある方は天気の良さそうな日の夕暮時を狙ってみてはいかがでしょうか。
但し、私が行った時でも気温が10℃とかなり寒いので、くれぐれも防寒対策は忘れない様に!



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-25 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

スカイツリー

こんにちは!管理部の堀内です。
先日、ついにスカイツリータウンに遊びに行ってきました。
あいにくの天気だったので、スカイツリーに登るのは断念したのですが(といっても待ち時間40分!)近くまで行って写真を撮ってきました。
e0004173_15214378.jpg

天気が悪かったので、てっぺんは雲で見えなくなっていましたが、圧倒的な存在感に驚きました。
そういえば、私が社会人になりたてだった新入社員のころはスカイツリーの建設最中で、完成するのはまだまだ先だなぁと思っていたのを思い出しました。
時が経つのは早いものですね。

併設されているショッピングモールは人であふれていて、まだまだゆっくりショッピングをできる状態ではなかったのですが、楽しかったです。
スカイツリー限定グッズもたくさんありました。
プラネタリウムがあったり、デパ地下みたいにお惣菜がたくさん売っていたり、一日いても飽きないと思います。

高いところはそれほど得意ではないので、スカイツリーに登るのは少し緊張しますが、
次回はぜひ挑戦してみたいです。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-24 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

走った後は・・・

もうすぐ11月。ということは、あと2カ月で今年も終わりと。
ついこの間「あけましておめでとう」って言ったような気がするんですけど、本当に1年あっという間ですね。街角ではちらほらとイルミネーションも見かけるようになりました。
社会人になってからというもの、時間が進むのが本当に早いです。

夏が過ぎ涼しくなってくると、道端を走っている人を結構見かけます。秋以降レースもだいぶ増えてきますので、それに向けて走り始めた人も多いのではないでしょうか。
私の初レースもちょうど一年前。10kmでしたが当時はそんな長距離を走ったことがなかったので、忘れられない思い出となっています。

ところで、皆さんは走った後にどのようなケアをしていますか。
ストレッチはもちろんですが、それに加えて私は必ずプロテインを飲むようにしています。プロテインと聞くとアスリートが筋肉をつけるために飲むようなイメージがあるので、ダイエットや健康のために走っている人には身近ではないかもしれません。
しかし、長い距離を走ってダメージを受けた筋肉を回復させるためにプロテインはとても効果的なんです。ペットボトル飲料に混ぜるだけの非常に飲みやすいタイプもあるので、ランニングされている方はぜひ試してみては。
ちなみにプロテインをとるタイミングとして良いのが運動後30分以内。「ゴールデンタイム」なんて呼ばれているそうです。
生活改善のためにランニングを始めたのに、それで疲れきっていたら意味がない。ランニングを楽しむためにも走った後のケアも大事にしたいですね。
e0004173_15184333.jpg

走った後は・・・そうだね、プロテインだね・・・。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-23 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

「間」について考える

こんにちは。
2011年度入社、管理部の永峰です。

突然ですが、皆さんは周囲から「タイミングが悪い」や「空気が読めてない」等と言われたりしていませんか?(かく言う私は仕事中によくそういった注意を受けます…)

そこで今回ご紹介するのがこちら、ビートたけしさんの著書「間抜けの構造」です。
e0004173_15171187.jpg

この本では、「たけし軍団」で起きた少し間抜けな出来事の紹介に始まり、お笑い・落語・スポーツ等の様々な分野での「間」について、著者の考えが述べられています。

物事の「間」というのはその時々の状況次第でいくらでも変化するので、「これが正しい間の取り方」と言うような事は書いてありません。ですが、捉えどころのない「間」というものについて考える助けになる本だと思いますので、冒頭に挙げたような事を指摘されている方は是非ご一読を。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-22 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

工場見学会、お疲れさまでした!

こんにちは、管理部の藤居です。

先日、2013年度入社予定の内定者と一緒に、
富士工場の見学会に行ってきました!

普通の人はなかなか目にする機会の無い送風機。
入社前に、その実物を見てみたい! という声にこたえて、
弊社では毎年内定者を招いて、工場見学会を開催しています。

お天気も気温も丁度良く、絶好の工場見学日よりです。
お昼前に東京駅に集合し、新富士行きの新幹線に乗りました。
e0004173_18523473.jpg

新幹線内では、内定者同士で座ってもらい、いろいろお喋りをしたり、
お弁当を食べてもらったりしました。
入社前から、少しずつですが親しくなれたようで、何よりです。

さて、お昼過ぎに工場に到着し、早速見学会の開始です!
e0004173_1852535.jpg

送風機と工場設備について説明する中村編集長。
それを真剣に聞く内定者の皆さん。
カメラマンに徹する私…。

富士工場、新橋工場、富士第二工場、技術部ブース、と回り
製作途中の送風機や、様々な設備を見てもらいました。
e0004173_18534487.jpg

技術部ブースは、設計課の若手社員が中心になって、丁寧に案内してくれました。
e0004173_18532166.jpg

その後も引き続き、設計課の社員に参加してもらい、質疑応答会を開催し、
仕事のことから趣味のことまで、様々な質問をしてもらいました。

内容が盛りだくさんの楽しい工場見学会になったのではないかと思います。
私も写真を撮っていて、楽しかったです。

夜は東京駅に戻り、本社社員との懇親会です。
美味しいイタリアンを食べながら、様々な会話を楽しむことが出来ました。

内定者のみなさん、一日お疲れさまでした!
次のイベントは本社社員全員との忘年会。
只今準備の真っ最中なので、是非楽しみにしていて下さいね。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-19 18:00 | ★採用-2013! | Comments(0)

測る知恵

こんにちは、設計課の前野です。
ロシアには「釣の話をする時は両手を縛っておけ」と言う有名な諺があります。
釣った魚の自慢話が始まると、最初は胸の前で遠慮がちに獲物のサイズを示していた両手が、いつの間にか肩幅ぐらいになり、そのうちウオツカでもあおろうものならキングサーモンでも示すかのように両腕いっぱいまで広げている。そんな釣り人に多い見栄っ張りを自重させるための諺のようです。
釣りを趣味にされている方なら、ここまで大げさで無いにせよ少なからず身に覚えがあるのではないでしょうか。私自身も妄想の中で魚を育ててしまったことは過去にあった事と思います。

これらは大抵、スケールなどを持っていなかったがために、目視によるいい加減な「目測」を行ってしまったが故の結果と言えます。本来、長さとは物差しなどと「比べる」ことで始めて定量的な情報になるわけで、「目測」はあくまで主観に任せた不安定な情報でしかありません。
もし、物差しが無くても何かを応用して定量的に長さを測り示す術があるならば、
釣り人は言わずもがな、技術屋としても覚えておいて損は無いでしょう。

釣りでも工場でも、簡易的に長さを測る際によく手の平を被測定物に宛がっているのを目にします。これは「手尺」といって手の一部の長さを覚えておいて、それを仮の物差しとして使用しているのですが、これが中々どうして非常に使い勝手が良く、日常生活でも極めて有効な知恵と言えます。
ホームセンターの家具しかり、スーパーの野菜しかり、テレビのサイズしかり、さりげなくスマートに「ある程度」定量的な長さを測る事が出来ます。
先のロシア人の例でも、「手のひら2つ分だから40cmぐらいだな」と記憶しておけば、40cmのニジマスが1mオーバーのキングサーモンにならずに済むのです。

私も、釣りを嗜んでいるので昔から手尺はよく使っていたのですが、いざ思い返せば釣り以外でも日常でちょっとした物を測るといった機会は思いのほか多いものです。
皆さんも、日々の生活に手尺を導入してみてはいかがでしょうか。
意外なところで必ず役に立ちますよ。

e0004173_18322587.jpg

私の手尺は親指と小指の先までの距離でだいたい20cmぐらいです。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2012-10-18 18:00 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line