<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


平賀源内とは?

こんにちは。
2010年入社の技術営業部、奥屋です。

今回も、興味を持った本の紹介をしたいと思います。
土井康弘著『本草学者平賀源内』(講談社、2008年)
e0004173_17421231.jpg


本書も地元の図書館で紹介されていた本です。
平賀源内については、「エレキテルを発明した人」という程度にしか
知らなかったため、せっかくの機会なので、読んでみようと思いました。

内容は、主に、平賀源内の伝記と、
彼が取り組んだ「本草学」についての解説です。

読んでみて分かったことですが、
彼は、とても多くのことに興味を持ち、取り組んでいたようです。
冒頭で触れた「エレキテル」然り、時には文芸本を出版してみたり、
陶器製作をしてみたり、製織のため羊を飼ってみたり、など
とても器用な人物だったことが想像できます。
特に、後年、「火浣布(石綿で作られた耐火性の布)」の製作に
力を入れていたようですが、アスベスト製造・使用禁止の現代であったら
公害問題になっていたかもしれませんね。

興味を持たれた方は、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。




>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-30 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

アールヌーヴォー

こんにちは、2013年度入社、管理部の立岡です。
入社して早3週間、刺激的な毎日を過ごしています。そんな私は先日六本木ヒルズで開催されている「ミュシャ展」に行ってきました!
ミュシャはご存知の方も多いかと思いますが、チェコ人の芸術家でアールヌーヴォーの巨匠です。アールヌーヴォーをかかげているだけあって、その作品は近代的でとてもアーティスティックです。

小学生の頃にもミュシャ展に訪れたことがあり、そのときはただただ美しい女性の絵というふうにしか思いませんでしたが、今一度見てみるとこんな絵ほかにはないなと思いました。
よく見ると、ミュシャの絵は顔や体が立体的で、その他は平面なんです。だから女性が絵から浮き上がって見えます。なんとも不思議というかこれがいわゆるミュシャ様式というものなんでしょうか。
e0004173_1664213.jpg

自分の感性を刺激してくれる美術展、やっぱりいいですね。
これからもそんな時間を大切にしたいなぁと思っています。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-26 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

デジタルファブリケーション

こんにちは、技術課の前野です。

近頃、「3Dプリンター」というワードがTVをはじめ、書籍や雑誌などの媒体を良く賑わせています。
例えば…
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

e0004173_15561210.jpg


本書は、3Dプリンターをはじめとするデジタルファブリケーション(ものづくり)ツールが身近になることで、メイカームーブメントと銘打った新たな産業革命が起こることを示唆した本です。
今回は3Dプリンターを中心に書いていますので内容の詳細は割愛しますが、上で「示唆した」と書きましたが、欧米では既に革命は起きつつあり、同時に日本は取り残されつつある印象です。オバマ大統領もこの流れを強力にバックアップしていますし、今後日本も追従できることを願うばかりです。

話を戻しまして、3Dプリンター自体は以前から知られたツールですが、非常に高価(安くとも高級外車1台分~)で限られた企業や教育機関しか所有できませんでした。
しかし、ここ2、3年で急激に廉価化が進んでおり、現在では10万円を切る製品も珍しくありません。
これは出力のメカニズムが簡素化されたことが大きく、それまでレーザーで粉末状の樹脂や石膏を固めていたのに対し、現在の廉価機の主流は高温のノズルからフィラメント状の樹脂を射出積層することで出力をしています。
高温のノズルから樹脂を射出するイメージは、ホットボンドやグルーガンで工作や手芸をされていた方ならピンと来るかも知れません。早い話が、今の廉価な3Dプリンターはどこにでもある簡素な技術をXYZ軸で制御しているだけなのです。それこそ、シンプルな構造ゆえ、自作で3Dプリンターを組み上げる方も多くいました。
それだけ3Dプリンターは身近なツールになりつつあるのです。

そこでやっと本題です。
NKG本社でも3Dプリンターを導入することになりました。
e0004173_15562442.jpg


試し刷りも終わり、製品のミニチュアモックアップもいくつか完成しました。
e0004173_15563610.jpg


やはり、百聞は一見にしかずと言うように、製品を図面と言葉だけで説明するのは中々大変ですが、モックアップを手に取れば一目瞭然ですね。
今後、お客様への製品説明や新人研修、採用説明会などで大いに力を発揮しそうです。





>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-25 18:00 | □仕事“風”景 | Comments(0)

世界史を学ぶ

こんにちは。
2011年度入社、管理部の永峰です。

最近は夏のように暑くなったかと思えば、一転して冬に戻ったような寒い日になったりと、妙な気候が続いています。
新年度で心機一転した矢先に風邪やインフルエンザで出鼻を挫かれないように体調にはくれぐれも気を付けて下さい。

さて、話は変わりますが、先日書店でこんな本を見かけたので購入してみました。
日本人の為の世界史入門(新潮新書)』という本で、著者は小谷野敦氏です。
e0004173_15541586.jpg

「世界史が苦手な人でもこの1冊で苦手意識を克服できる」というありがちな謳い文句に誘われてついつい買ってしまったわけですが、内容としては「日本人にキリスト教がわからないのは当然」「フランス革命の楽しみ方」等のテーマから、古代ギリシャ~現代にかけての大まかな歴史の流れを解説している本です。
まだまだ読み始めで、謳い文句の「苦手意識の克服」には至っていない状況ですが、これをきっかけに世界史にも興味を持って、読書のジャンルと知識の幅を広げていきたいと思います。




>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-24 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

最近見た映画

こんにちは!管理部の堀内です。
今回は最近見た映画についてご紹介したいと思います。

私は犬が大好きなのですが、その中でも一番好きなのは柴犬です。
ですので、柴犬の映画が上映される時は必ず映画館に見にいきます。

今回は、「ひまわりと子犬の7日間」という映画を見に行きました!
犬が主人公の映画というのは、やはり人気がないのか、公開してからすぐ上映回数が少なくなってしまいます。いつも思いますが、とても残念です。
今回も9:00スタートの回しか上映していなかったので、早起きして見に行ってきました。

内容は保健所の犬がテーマで、7日間の間に飼い主が見つからなければ処分されてしまうという重いテーマではありましたが、すごく考えさせられるいい映画でした。
実話でもあるそうです。
最初に犬が飼い主と離れ離れになってしまうのですが、最初から最後まで始終泣きっぱなしでした。たくさん泣くとすっきりしますね。

いつかは私も柴犬を飼うのが夢なのですが、しっかり責任を持って飼わなければいけないと改めて思いました。興味がある方はぜひ見て下さい。



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-23 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

九州上陸!

皆さんこんにちは
設計課 清水です。

先日設計課にも2名の新入社員がやってきました。
ぎこちない動きをする彼らを見ていると、2年前は私もこうだったのかと、少しばかり居た堪れない気持ちになります。

さて、私は先日、富士設計課から西へ約800km、新幹線と飛行機を乗り継いで宮崎に行って参りました。とはいっても現地調査のため出張なんですけれどね。いつも出張は富士市内でしたので、ここまで遠出したのは初めてです。仕事とはいえ少し心が浮き立ってしまいました。もちろん遊びに行った訳ではないので、どこかに立ち寄る時間はありませんでしたが、移動日には現地の名産をしっかりいただいてきましたよ。

e0004173_11144762.jpg

e0004173_11145685.jpg


矢張り宮崎と言ったら地鶏。タルタルソースが大量にかかったチキン南蛮はすでに2皿目。空港では新鮮な日向夏を食べられました。

空港と工場を行って帰っての非常に短い滞在でしたが、食事だけでも宮崎を堪能できました。今度はゆっくりプライベートで行ってみたいですね。




>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-22 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

新入社員歓迎会

皆さんこんにちは!技術部設計課、新入社員の深堀です。時が経つのは早く、入社して2週間が経ちました。設計課内でのルールや電話応対に慣れるのにはもうすこし時間がかかりそうですが、頑張っていきたいと思います。
さて、先週の金曜日に、設計課の皆さんが私と、同期の井出君のために新入社員歓迎会を開いてくれました!仕事が終わった後、夜7時半に設計課全員で牛角に集まりました。

コースはなんと90分間食べ放題でした!私も井出君も大喜びです!
e0004173_11114726.jpg


ちなみに、私の牛角で好きなメニューはカルビ…
と見せかけて「カルビ専用ごはん」です♪そのまま食べても美味しいですよ!
e0004173_1112596.jpg


終始みんなで楽しくお話し、おなかいっぱいご飯も食べました。
杉山SMからは、「1日でも早く設計課の戦力になれるよう、頑張ってください」と激励のお言葉も頂きました。
1人前の設計者と呼ばれるにはまだまだですが、これからも頑張っていきますので、ご支援の程よろしくお願い致します!



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-19 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

ゴールの向こう側

こんにちは。技術営業部の南です。

このブログでも何度か紹介しているマラソンの話。実は1つの区切りが見え始めています。
4月21日に出場するフルマラソンを、私自身1つのゴールとしています。
1年半前からマラソンを始め、何度か大会にも出場してきましたが、ついにフルマラソンを走る時がやってきました。
42.195kmを走るだけという自己満足と言えばそれまでなのですが、目標に対してどんな対策をしてきたか、それがどう実を結ぶのか。1つの結果が見えるのが非常に不安であり、楽しみです。

吉と出るのか凶と出るのか走ってみるまで分かりませんが、
もし吉と出てめでたく完走できた場合でも、今後も新たな目標を立てて走り続けます。

e0004173_1161999.jpg


写真はBRUTUSという雑誌ですが、今のようなマラソンブームが来るはるか前に世界のマラソン大会を特集していたと聞き、バックナンバーを入手しました。
中を見てみると、ジャングルや砂漠の中を走ったり、アンコールワットや万里の長城等の世界遺産を走ったり、面白そうな大会がたくさん紹介されています。

世界中のマラソン大会を走り尽くす、次はそんな目標を立てるのも良いですね。




>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-18 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

満足度100%!!

皆さん、こんにちは。設計課の藤原です。少々遅くなりましたが、新入社員の皆さん!!入社おめでとうございます!!!まだまだ緊張したり不安になったりするかもしれませんが、遠慮なく何でも相談してくださいね♪♪

さて、話は変わりますが、先日ある目的の為に静岡県の下田市に行ってきました。ある目的とはこちら!!
e0004173_10435941.jpg


こちらは下田市にある「とんかつ一(はじめ)」というお店の定番メニュー、ミックスフライ定食です。
量は少々多いですが、このお店がガイドブックに掲載されるほど有名なのは、量よりお店のシステムがとっても変わっているからです。

そのシステムはと言うと、

①初めての方は、必ずミックスフライ定食を食べなければならない。
②ご飯には必ずと言っていいほど、カレーがかけられる。
③ご飯・キャベツ・スパゲティ・味噌汁は自動で補充される!!

たくさん食べるのが好きな人にとって、画期的なシステムだと言えます♪♪♪

量はもちろんの事、味もおいしいので、お昼ご飯をおいしくた~くさん食べたい方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-17 18:00 | □社員コラム | Comments(0)

パトラッシュ

こんにちは、管理部の藤居です。
先日は、久々にお天気のいい週末でしたが風がすごかったですね!
皆さんはどのように過ごされましたか?

私は、渋谷のブンカムラで開催中の「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展に行ってきました。
e0004173_18211485.jpg

絵画に興味が無くても、ルーベンスというと、何となく聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
誰もが一度は見たことがあるだろう名作、「フランダースの犬」の中で、
主人公のネロが最後にどうしても見たかった絵こそが、ルーベンスの絵なんです。

会場には、パトラッシュがいました。
e0004173_18212396.jpg

この子は、「パトラッシュ基金」という募金活動のシンボルマークとして、ここに呼ばれたようです。
サイズも結構大きくて、愛らしいです。

ネロとパトラッシュの悲しい運命を思い浮かべながら、展示室に入ると、
重々しく、華やかな絵が続いていました。
題材は、聖書や神話等から取られているので、絵そのものにも物語性があります。
それでいて、登場人物たちは、活き活きとした表情をしており、色彩も豊かです。

また、これは初めて知ったのですが、ルーベンスは5カ国語に堪能で、外交官としても素晴らしい活躍をしたんだとか。
天は二物以上を与えるものですね。

さて、このルーベンス展、人気があるにも拘らず、会期が非常に短くなっています。
4/21(日)までとのことなので、興味のある方はお早めにどうぞ!



>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2013-04-16 18:00 | □社員コラム | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line