<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


伊豆ツアー


皆さん、こんにちは。製造部の藤原です。
先日、私の祖母と母が故郷である長崎からやって来たので、
旅の思い出にと伊豆ツアーを計画しました。

e0004173_9201329.jpg


最初に訪れたのは天城湯ヶ島にある「浄蓮の滝」で、
高さ25m、幅7mといった伊豆で最大級の滝です。

e0004173_9203995.jpg


次に訪れたのが「旧天城トンネル」で、日本最長446mの石造りのトンネルです。
トンネル内には灯りもあるので、車や徒歩でも通る事が出来ます。
また「浄蓮の滝」と「旧天城トンネル」は、
川端康成の「伊豆の踊子」という小説所縁の地としても有名です。

e0004173_92101.jpg


最後に訪れたのが「石廊崎」で、縁結びや船乗りの守り神の信仰で有名な神社があります。
また、岬の先は断崖絶壁になっているので迫力満点です!!
今回3つの旅先に共通されるのが「坂」で、
観光するには必ず坂を登ったり下ったりしなければなりませんでした。
普段「坂」に慣れっこの祖母や母も相当応えたようでしたが、
心身共に満足できた旅になったようでした。
皆さんもぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?





>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2015-06-23 09:21 | Comments(0)

文章を書くことは難しい……


こんにちは。技術営業部の奥屋です。

今回も、興味を持った本の紹介をしたいと思います。
広瀬菊雄 著『公用文用字用語の要点』(新日本法規出版、1989年)

今回は、当社の本棚に置いてあった本です。

送風機や材料などについての書籍の多い当社の本棚に
関連のなさそうな本書が置かれるようになった
いきさつはよくわかりません。
けれども、理系科目が苦手の私にとっては、
本書がまるで同郷の仲間のように思え、
本棚の前を通るたび、いつも気になっていました。

そこで、今回、本ブログを書くに当たり
ちょうどよい題材であったこともあり、
一度手に取って読んでみようと思いました。

本書は、日ごろ文章を書く際に気になる用語の使い方について
どのように使い分けるか、何の用語を使用すべきかなどを
字の成り立ちや根拠となる公文書を示しながら
比較的簡易に説明しています。

パソコンとインターネットが普及した今日においては、
「それなり」の文章であれば、すぐに作成できますが、
用字の詳細を検討し、「正しく」作成しようと思ったら、
辞書や本書のような参考書などをよくよく参照しないと
なかなか書けるものではないと改めて思いました。

興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、
ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。







>>日本機械技術採用サイト
>>日本機械技術コーポレートサイト
就職準備をブログから。役立つ情報満載です。→こちら
[PR]

by nkgfan | 2015-06-08 18:00 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line