祝・U2

U2がグラミー賞で最優秀アルバム賞を獲得しました!

このあと4月には来日も決定しているし、日本のU2ファンにとっては何よりのプレゼントになりそうですね。

私がU2のファンになったのは随分と遅くて、『ZOOROPA』の頃からです。

ですから、「U2とは・・・」などという講釈をぶつ気はありません、筋金入りのファンの方々に対して失礼ですので。

しかし、50歳を目前に控えたおじさんたちが、まじめな顔をしてロックをしても様になるのは白人の特権でしょうか。

日本でもそれに類するおじさんスターはちらほらといますが、U2ほどの爆発的なパワーは、残念ながら感じられません。

常に時代の空気を取り込みながら、時には実験的な、時には懐古的な作品を発表し続けるU2に、私は自分の未来を重ね合わせ・・・られたらいいなぁ。

e0004173_14105450.jpg
かつては「人間50年」と謡われたものですが、現代では50歳なんてまだまだ若者。
我が父は今年還暦ですが・・・。


経営企画室 西藤
[PR]

# by nkgfan | 2006-02-13 14:13 | Comments(0)

必需品!

突然ですが『冬の必需品』といったら、何を思い浮かべますか?

冬は寒いですから防寒クッズですか?
マフラー?
手袋?
ホッカイロ?

ちなみに私の必需品はコレなんです。
e0004173_16192290.jpg
↑コレ

すぐ近くに加湿器があるので、少しはいいのですが、やはり乾燥が気になります。
というわけで、仕事の合間にせっせとハンドケアを・・・。
[PR]

# by nkgfan | 2006-02-09 17:10 | Comments(0)

明るいニュースはやはりいいものです

秋篠宮紀子様がご懐妊という、「4点セット」を吹き飛ばす明るいニュースが久々に流れました。

隠れ紀子様ファン(こういう言い方は不敬罪?)としては、とても嬉しい限りです。

私が大学に入学する年の3月に紀子様はご卒業されてしまいましたので、有名なマラソンする姿を伺い見ることができなかったのが、今でも残念といえば残念です、隠れ紀子様ファンとしては。

学外の方からは、宮様を学内で見ることはあったのかとよく質問を受けます。

少なくとも私が在籍していたときには、皇太子様、秋篠宮様、清子様、みなさん直接見ることができました(話しかけるなんてことは、とても恐れ多くて出来ませんでしたが)。

私が夏休みに大学の図書館へ通っていたときに、さて帰ろうかと図書館を一歩出たところで、SPに先導された皇太子様が目の前を通り過ぎて、ビックリしたのを覚えています。

政治的な話題はこのブログに相応しくありませんが、皇室というのは日本におけるとても素晴らしい文化だと思います。

皇室典範の改正は、慎重に、慎重に・・・。

e0004173_13423280.jpg
王(皇)室の役割は国によって異なりますが、国家の誇りを背負っているという点では一緒。経済力よりも人口よりも、国家の品格を求める時代が始まっています。


経営企画室 西藤
[PR]

# by nkgfan | 2006-02-08 07:27 | Comments(0)

寒い日が続きますが

私は普通の方に比べて寒さには強いと自認しているのですが、今年の冬はそんな私でも厳しかったです。

気温(1度、2度)自体はどうということもないのですが、そこに北風が加わると体感温度は俄然下がりますので、これが辛いです。

私たちは扱っている商品の関係上、会社説明会では『地球温暖化』のことを話題として取り上げます。

温室効果ガスが増えている昨今、地球の平均気温が次第に上がっているという内容については、みなさんもご存知のところでしょう。

ですが、この寒さは何?

私も気象学に通じているわけではありませんので、正確なことをお話はできないのですが、異常気象の前触れにおいてはこうしたことがままあるそうです。

「嵐の前の静けさ」という言葉があったりもしますが、気象というのは、得てして進行しつつある自体と逆の揺り戻しがあって、そこから急速にカタストロフィーに発展していくことがあるそうです。

今日の素晴らしい晴天が、永久に続くことを切に願っておりますが・・・。

経営企画室 西藤
[PR]

# by nkgfan | 2006-02-07 09:57 | Comments(0)

大阪から発信

これを書いているのは大阪営業所からです。

今日は大阪に出張に来ています。

大阪への行き来にはもちろん新幹線を利用しますが、結構有名人と遭遇することがあります。

たった今も「そうじゃないかなぁ」と思われる女優さんと乗り合わせてきたのですが、以前に名古屋から東京へ戻る際のこと。

近くのシートに金髪で、ストライプのスーツを着込んだ人が座っていて、その筋の人だろうと思った私はずっと無視していました。

ところが東京駅で下車するときにちらっとその顔を見たら、何と映像作家の手塚眞さんだったのです。

雑誌やテレビを通じてしか見たことのない人を目の当たりにすると、ついつい喜んでしまうところが私も小市民なわけですが。

手塚さん以外にも、東京駅では、俳優の津川雅彦さんやお笑いの山口智充さん、女優の国生さゆりさんを見かけたことがあります。

さすが、天下の東京駅だと感心一頻りしたとかしないとか。

e0004173_11121723.jpg
大阪は間違いなく大都市なのですが、東京とはやはり違います。
芸能人には遭遇出来ませんでしたが、小粋なイヌに出会えました。


経営企画室 西藤
[PR]

# by nkgfan | 2006-02-06 11:14 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line