風邪気味です・・・

毎日寒い日が続きますね。風邪など引いてませんか?

私の友人はインフルエンザにかかり、治るのに一週間寝込んだとか。
うがい&手洗いが一番の予防策といいますので、これを読んでいる皆さんもキチンと予防策をとって、風邪を引かないように気をつけて下さいね。

そんなことを言っている私は風邪気味ですが(苦笑)
というわけで、私の机の上には風邪グッツが盛りだくさんです。

うっかり隣の席の環さんにうつさないように(むしろうつして治すとか?!)気をつけたいと思います。

e0004173_9112868.jpg
ご家庭にも至高の妙薬カコナールを是非。

[PR]

# by nkgfan | 2006-02-02 09:02 | Comments(0)

プロとは

タイトルはご大層なのですが、今日は映画の話です。

今度、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『ミュンヘン』が公開されます。

タイトルは、1972年、当時の西ドイツで開催されたミュンヘン・オリンピックに由来しています。

日本人にはあまり馴染みのない事件なのですが、このオリンピックでは、PLOに所属するブラック・セプテンバーなるテロリストたちが、イスラエルの関係者11名を殺害するという暴挙を犯しました。

それに対して、イスラエルは暗殺チームを結成し、PLO関係者の暗殺という報復を行ったのです。

こうして書いただけでも重い題材を、今回のスピルバーグ監督は映画の骨子に据えたわけですが、彼は、『ジュラシック・パーク』『A.I.』『マイノリティ・レポート』などの娯楽作を撮る一方で、『カラー・パープル』『太陽の帝国』『シンドラーのリスト』といった問題性の高い作品も、多々仕上げています。

今回の『ミュンヘン』に関しては、恐らく後者の作品群に入るのだと思います。

前作『宇宙戦争』は、映画好きの間では「こんなものを撮っていて、スピルバーグは大丈夫なのか?」という声が上がりましたが、実際に観てみるとそれはそれでなかなかに面白い娯楽作に仕上がっていました。

『宇宙戦争』に関しては、自分が撮りたかったというよりも「製作会社のために撮影した」とスピルバーグ監督は言い切ってしまっています。

ところが、自分の意に染まない作品だからといって手を抜くことはせず、娯楽作なら娯楽作での傑作を撮ってしまう・・・こうした点が、スピルバーグ監督の天才・非凡であり、かつプロフェッショナルであるゆえんなのだと思います。

人は誰しも自分の気が進まないものに対しては、力を出し惜しんだり、隅々まで神経を巡らすことができなかったりします。

しかし、プロというのは、どのような条件下であっても、或いは、どのような局面に立たされても、その時々において100%、いやいや200%の力を出し切るものなのだ、ということが、スピルバーグ監督の近年の作品からうかがい知れた次第です。

私も、かくあらねば。

e0004173_10545595.jpg
『太陽の帝国』は日本軍による上海侵攻から物語が始まります。
公開当時小学2年生だった私にも鮮烈な印象を残した傑作です。


経営企画室 西藤
[PR]

# by nkgfan | 2006-02-01 10:12 | Comments(0)

はみだし営業マンの愚痴日記

今日からこのブログに営業日記を書こうかな・・・という単純な理由から書き始めた次第です。
皆様宜しくお願い致します。

さて、私は営業マンのキャリアは10年以上有るのですが当社の営業はまだ始めてそれ程経っておらず試行錯誤しながら客先を回る毎日です。しかも当社の顧客は日本有数の企業が沢山有り、よく私のような者が面会できるものだなぁ・・・と感心しきりの毎日です。

先週も岡山から京都、名古屋と回って来ました。いつかいい契約になると良いなと思いながら走り続けてきましたが、その途中全く違う会社から新規契約の連絡が入りました。その会社の担当者は私のような未熟者でも私と取引したいとわざわざ連絡をくれたのです。

営業マンとしてこれほど嬉しいことはなく、名古屋の空の下で一人感激し喜んでいたのでした。

ただ、一人で出張だったものでこの喜びを伝える人がいなくて、つい我が妻(公務員)に連絡して喜びを分かち合おうと思ったのですが、電話が繋がるなり

「今日は窓口だから忙しいのよね」

と言われガッカリ・・・。それでもめげずにまた頑張るぞーと味噌煮込みうどんを食べながら新たに決意をしたのでした。明日はどこに行こうかな・・・・・

e0004173_16355090.jpg
さわやか営業マン堀課長。私の心の兄貴です。


技術営業部 堀
[PR]

# by nkgfan | 2006-01-23 13:48 | Comments(0)

ポジティブ・シンキングその2

先週末の雪は、東京都心では1998年1月に16センチを観測して以来の大雪だっ
たそうですね。
雪が降ると交通機関のダイヤが乱れたり、転倒事故があったりで大変ですが、雪が降った後の景色を見ると、いつもとは違った景色に見えて新鮮な気持ちになりません
か?

ただ昨年に引き続き今年もセンター試験当日に雪が降ってしまい、受験生泣かせでは
ありますが・・・。

さて、ポジティブ・シンキング。

部内でポジティブ・シンキングを始めて数日ですが、ポジティブな考え方をするって
大切だな、と早くも感じています。仕事に行き詰っても、『この方法でやったからダメだったけど、別な方法でやってみよう』と、気持ちの切り替えが早くなった気がします。

ネガティブはネガティブを生むといいましょうか、ネガティブな考えを持っていると
全ての物事が良くない方向に進んでいってしまうなぁと実感しています。

というわけで今週も、ポジティブ・シンキングで頑張りたいと思います。

e0004173_16234482.jpg
環の地元、井の頭線池ノ上駅朝五時の光景です。

[PR]

# by nkgfan | 2006-01-23 09:01 | Comments(0)

ポジティブ・シンキング

昨日はある研修を受けて、そこでポジティブ・シンキングについて学びました。

「ネガティブな発想なんてしたこともない」という人がいるとしたら、キリストが水の上を歩いたというエピソードくらいに眉唾ものだと思います。

このネガティブ発想の恐ろしいところは、そうした考え方ばかりしていると、脳内にそうした神経回路が組まれてしまうことなんですね。

人は自分で全てを決定して生きているようで、実は習慣という因子によって脳内に行動パターンが出来上がっていることが往々にあるのです。

ですから、ポジティブ・シンキング。

逆に、良いこと、楽しいことを考えるくせをつけてしまえば、今度はそうした発想が習慣になってしまうわけです。

「そんなこと簡単にできるわけないよ・・・」と、そこまでネガティブになってしまうと、それはそれで重症なのですが。

早速部員たちと話し合い、本日から部内で実践することにしました。

良いと思うことを始めるのに躊躇する必要はないんですね、間違っていると思ったら、すぐやめれば良いのだし・・・、と、早速ポジティブ・シンキングの効果が?

e0004173_15572940.jpg
上を向いて歩いていきたいものです。


経営企画室 西藤
[PR]

# by nkgfan | 2006-01-19 16:15 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line