<   2007年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧


晴れ男

昨日、久しぶりに大雨が降りました。

僕が出勤する時はまだ雨が降っていなかったのですが
折り畳み傘を持っていないため大きな傘を持って行きました。

仕事中は特に外に出る事も無いので雨が降っていることすら気づきません。


ポツポツポツ…

風が強くなってきたのか雨が窓に当たる音が社内に響くと
そこでようやく雨だと気づきました。

(電車混んでるんだろうなぁ)
(バス、時間通りに来ないんだろうなぁ)

と気分が下がります。


そして退社時…

大きな傘を持って外に出ると小雨すら降っていません。
(あー、傘いらなかったぁ)と思いつつ、
雨が降ってもいないのに傘を差している人がいるところを見ると
ついさっきまで降っていたのでしょう。

晴れた事に心はスキップ、実際には電車に間に合うように小走りで帰りました。


意外に僕は晴れ男なんだな、と感じた日でした。


晴れてほしい日にはぜひ「晴れ男長塚」をお供に!

長塚
[PR]

by nkgfan | 2007-02-15 13:24 | Comments(0)

湾岸冬慕情

e0004173_1753556.jpg


先日の記事で岡本さんが書いてらっしゃるように、東京ビッグサイトにて開催された就職EXPOに参加して参りました。
当社のブースに来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!
次にお会いできる日を楽しみにしております。

ところで、当社の所在地である日本橋からビッグサイトへは、メトロとゆりかもめを乗り継いでいくことになります。
普段ゆりかもめに乗る機会など滅多にないので、実は少々楽しみにしていました。

はじめは「おっ、フジテレビだ!」などと喜びつつ、車窓からパチパチ写真を撮っていたのですが、途中からなんだか寂しい気持ちになってしまいました。
通い慣れた日本橋兜町と比べると、道ゆく人の数が圧倒的に少ないのです。
もちろん時間帯も関係しているのでしょうが、昼間の湾岸の風景からは「茫漠」という言葉を連想してしまいました。

私には少々雑多な日本橋の雰囲気の方が合っているようです。


管理部 環
[PR]

by nkgfan | 2007-02-14 17:19 | Comments(0)

雪山注意報

趣味:山登り、と言い切れない軟弱登山家です。


昨年一泊ニ日で行った登山での出来事。
2000m以上の山を登っている途中で、前方から歩いてくる夫婦に突然
「山小屋はどっち?」と気軽に声をかけられました。

話しかけてきたのは50代くらいの夫でしたが
あいさつもなしに、「どっち?」ってどういうことかしら??
しかも、山小屋って言ったって、目指す山やコースによって
いろいろあるんですが…

格好はそれなりでしたが、
地図も持たずにこんなところまであがってきて大丈夫なんでしょうか。と
心配しつつも、分からないものは答えられないので、笑顔で別れました。

またある日のこと、
片道4時間はかかる山の帰り、もうすぐ日が落ちるというのに
60代くらいのおばサマが単独で登ってきます。
「頂上まであとどれくらい?」
と聞かれたので、時間とやめたほうがいい旨お伝えしました。
が、ずんずん登っていきました…


さて、先日、新聞で今年の遭難者が過去最高を上回ったことを
伝えていました。
滑落による死亡事故や道に迷い遭難する人が多いようです。

私も幾度かヘリで救助される様子を見たことがあります。

山の場合、ヘリでの救助は基本的に民間業者になりますので、
1回飛ばすと数百万かかりますし、捜索隊の多くは地元の人間に頼らなければ
ならないのが実状です。基本的にはボランティアでやっていただいているのですが
その方々の食事、山に行く際の装備などを考えると、諸経費もかさみます。
中には、骨折しても高額なお金がかかるのでヘリを呼ばないでほしい
という人もいるくらいです。

細心の注意をしていても、事故にあってしまう。
そういうケースは不運としか言いようがありませんが、
自分の不備で招く事故が多いのも事実です。

地図がない、態度が悪い、というくらいで
私はむっとしてしまいますが、
遭難した理由はどうあれ、一生懸命救助に当たる救助隊や
ボランティアの方々の懐の広さには頭が下がる思いです。

今後もお世話にならないように、気をつけたいと思います。

追記;
山の場合って、一般の生命保険は使えるんでしょうかね?

営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-02-13 17:11 | Comments(0)

今日、明日は毎日就職EXPOです。

今日は管理部のメンバーが、08年度新卒採用の合同説明会、『毎日就職EXPO』に出かけています。

(下記、毎日就職EXPOのURLです。)
http://job.mycom.co.jp/08/pc/visitor/2008conts/expo/kaijo/tokyo_part1/index.html

そんなわけで、管理部ブースには私一人。今日はお留守番です。
いつも6人いるブースに一人は、何だか寂しい感があります。


ところで合同説明会ですが、私も就職活動中はせっせと足を運んでいました。
ビッグサイトだったり、サンシャインだったりと、少しでも多くの会社に巡り会うべく出かけていました。

ちなみに、合同説明会のために東京駅からビッグサイトまでの無料送迎バス(もちろん学生さん用です)が出ています。
当時私も使いましたが、乗車率120%!!会場に着く前からぐったりです。
当然会場にも多くの学生さんがいて、熱意を持って会社説明に耳を傾けていました。

でも熱意を持っているのは学生さんだけじゃありません。
当社も学生さんに負けないくらい熱意を持ってお話しします。

明日(2/10)も出展しておりますので、是非ブースにお立ち寄り下さいね。
(東京ビッグサイトにて、ブースは総合1030です!)
[PR]

by nkgfan | 2007-02-09 09:20 | Comments(0)

お昼ごはん

・毎日楽しみにしていること。
お昼ごはん。

まだ暖かかった時期は近くの公園に行って、
野良猫のハト狩りを眺めながら、
ご飯を食べるのが日課でした。
猫がいつお尻をフリフリするのか。
と、それだけを楽しみによく公園に通ったものです。
冬になり、風が冷たくなってからは
猫見物を断念し、お店で食べることが多くなりました。

そして、最近のお昼の楽しみは、
会社近くのこぢんまりとしたご飯屋さんに行くことです。
このお店、本当は居酒屋さんなのですが、
お昼にご飯屋さんとして営業しています。
ここのご飯がとっても美味しい!
特に私が好きなものは、海鮮丼をベースに納豆、とろろ、めかぶ
などなどネバネバ三昧のどんぶりです。
ご飯の中にはタコやホタテが隠れていたりして、
本当に美味しい。
毎日食べたいくらいです。

さてさて、今日も行ってしまおうかな。

三澤
[PR]

by nkgfan | 2007-02-08 13:40 | Comments(0)

乾燥注意報

今日も天気がよく乾燥した一日でした。

こう天気が続くと、静電気も要注意です。
今朝もドアに手をかけたときにパッチとやられてしまいました。

けっこう痛いデス。

静電気撃退のキーホルダーを持ち歩いていますが、
うっかり忘れて、つい金属にふれてしまうんですよね。

本社では加湿器が活躍していますが、
日本各地の工場を飛び回っている営業さんは
特に体調を崩しやすい季節ですのでご注意を!

私は保湿を念入りにするため、
コラーゲン入りの献立を思案中。

お肌に良いものがあったらぜひ教えてください!
(今夜はモツにしようかな)

営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-02-07 18:00 | Comments(0)

また本の紹介ですが、よかったらどうぞ

今日もまた異様に暖かな日でしたね。
札幌雪祭の氷が解けてしまうのではないかと心配しています。

さて、本日第1回目の選考会を行いました。
私たちの会社に興味をもってくれて、
真剣に選考に取り組んでいただきとてもうれしく思います。

その中で読書についての質問がありましたので
いくつか紹介したいと思います。
(選考とはまったく関係ありません。個人的な趣味ですよ~)


まず、先日もご紹介した『不都合な真実』。じわじわ感じる温暖化の危機を
ビジュアルで見るとひとごとではなくなります。立ち読みでいいので
ぜひ手にとってもらいたい一冊です。

重たいテーマはちょっと…そんな方には『鴨川ホルモー 』。
ホルモンではなく「ホルモー」というのがミソなんですが、私の場合
万城目 学 という著者の名前になぜか興味をひかれ、買ってしまいました。
魑魅魍魎が跋扈する京都を舞台に、式神や鬼たちとの戦いを
面白くだらなく綴った、青春ホラー(???)です。
読んだ後は何も残りません♪(良くも悪くも)


『損料屋喜八郎始末控え』(山本一力著)
時代劇だけあって漢字がいっぱい!!だいたいタイトルがさらっと読めない。
でも、内容は江戸を舞台としながらも、金と株をもとに繰り広げられる
M&A(チョコレートはM&M)戦争で、
頭脳明晰な主人公が悪人相手に大活躍します。
時代劇特有の勧善懲悪と、現代のもつ株経済の要素が入り混じって、
一粒で2度おいしい作品です。


『第四解剖室』(スティーブンキング著)
スティーブンキングのめずらしい短編集なのですが、なぜか、なかなか進みません…
読み終えたら、また紹介しますね。

営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-02-06 19:24 | Comments(0)

贅沢は素敵です!

お蔭様で、年が明けてからいつにも増して注文が殺到し、
営業も設計もうれしい悲鳴をあげています。

NKGをご愛顧の皆様、ありがとうございます。
ご検討中のお客様、ぜひ当社の製品に置換えてください。
いいことありますよ(笑)


さて、映画の影響か、巷ではアントワネットの
プチブーム???と思われるものが目に付きます。
お菓子やホテル、レストランの限定プラン、雑誌の特集etc…

パンが食べられないのならお菓子(ケーキ)を食べればいい
と言ってしまうほど、現実がわからない彼女。
税金を使って贅沢し放題のわがまま女王ですが
なぜか好意的に見られているのも不思議な話ですね。

とは言え私もベルバラ世代なので、映画の予告編などを見ると
親近感が湧きます。フランス革命は教科書より漫画で覚えたくち。
フランスに行ったときは、パリから半日かけてベルサイユまで足を運びました。
確かに広い&豪華ですよ、ベルサイユ宮殿は。
電車でこれだけかかる距離を、毎晩遊ぶために馬車で通っていたのかと思うと、
そのバイタリティたるや恐るべし!
やれるだけの贅沢をやりきったパワーは相当なものでしょう。

で、そんな彼女の贅沢にちょっぴりあやかり、
山崎まさよし“ちょっと贅沢なビ~ル♪”プライムタイムを
楽しんでいる今日この頃です。

営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-02-05 19:40 | Comments(0)

その作品は誰のもの??

もし、あなたが人気ミュージシャンあるいは売れっ子作家だったとします。

当然自分の作品の著作権はあなた自身のものですが、
死んでしまったら誰のものになるのか。


現在日本では、楽曲や小説・脚本などの文芸作品については
著作権法により50年間保護期間が定められています。

逆に言えば、50年過ぎれば著作権が切れて、
作品の利用が自由になります。

著作権が切れている作家には
江戸川乱歩、柳田国男、北大路魯山人、横山大観などなど。
これに加えて、今年は高村光太郎先生の著作権が切れます。

実は昨年からこの著作権について、
保護期間を20年延長して70年にしようという議論が起こっています。

ちなみに、米英や欧州の多くは70年、コロンビアは80年、
コートジボワールは99年、メキシコはなんと100年と日本の倍。
これにならい、日本文芸家協会や日本音楽著作権協会(JASRAC)などによる
権利者団体が延長を要請しています。

知的財産を守る。


確かに大切なことですし、このこと以外にも多くの利害関係が絡んだ
複雑な問題だと思います。

ただ、絵画や音楽、小説に漫画といった様々な作品はデータ化され
ネットを通じて世界中に配信される時代ですから
いくら規制を設けても、違法コピーやダウンロードの魔の手から作品を
守りきるのは不可能なのではないかと。

また夏目漱石のお孫さんは、
漱石が亡くなった後でも、印税のおかげで父親は豊かな暮らしをしていた、
と話す一方で、「もし今も漱石の著作権があったとしても、私には必要ない」と
断言。家族というより国民的存在=みんなのものという認識のようです。
(みんなのものだからこそ家族が大切に守っていきたい、という意見も多いのですが)

少し前に人気歌手による歌詞の盗作騒ぎがありましたが、
誰のアイデアで、どれがオリジナルなのか、なんて
実は聴いているほうも観ているほうも、あまり気にならなくて
「それがいいものならイイ!」のですが。

みなさんはどう思いますか。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-02-02 18:37 | Comments(0)

『不都合な真実』

昨日は気持ちの良い天気でしたね。
今日は寒い、といっても東京では10℃くらいまで上がりますから
やはり暖冬なのでしょう。

昔は毎日霜柱や水溜りにはった氷をバリバリと踏みつけながら
学校に通っていましたが。

地球温暖化の危機が叫ばれていますが、
それでも毎日の生活に大きな変化がないので、実感が湧かないという方も
多いのではないでしょうか。
かくゆう私もそんな一人です。e0004173_1710232.jpg

ならば現実を見るのがいちばん!
ということで、前日来日したアメリカ元副大統領のゴア氏著
『不都合な真実』をおすすめします。

世界中で起こっている異常気象とその被害を
ナショナルジオグラフィックス並みに迫力のある写真と丁寧な解説で
伝えています。デザインもシンプルで美しくカフェに飾ってあってもおかしくない装丁です。
これで、¥ 2,940 (税込)。

小難しい話は苦手、というアナタ!
これは買いです。

ぜひ手にとって見てもらいたいと思います。


営業監理室 小山
[PR]

by nkgfan | 2007-02-01 17:11 | Comments(0)
line

様々な社員が日々の生活を綴ります


by nkgfan
line